■オートパイロット

  • 世界樹の迷宮3より実装されたシステム。この機能によりマップ上の特定のルートを自動で巡回できるようになった。
  • 決まり切ったルートを素早く移動する、同じ場所をぐるぐる回ってレベル上げするなどの使い道がある。
  • 「海珠を置いたのにまだ流される!」と騒ぐ人は大抵これが原因。
  • EDで表示されるマップに思いっきり宝典用ルートが刻まれてて微妙な気分に。
  • オートパイロットで自動移動していても、キー操作のほうが優先される。LやRを押してルートから抜け出したりメニューを開くことも可能。
  • 一個一個置いていく作業がめんどくさい。線を引いたら作れるようにしてほしかった。
  • アイコンの間に扉、隠し通路、果ては階段があろうと止まることなく通過することができる。
  • どちらかと言えば大航海にこそ欲しかったシステムではある。
  • きちんと置いたはずなのに動かないなー…と思ったら、矢印のアイコンを全力で置いていた
  • 女神転生2のシステムが、より洗練されて復活。感慨深いオールドゲーマーもちらほらいるのではないだろうか。当然ながら、エンカウント封じのバグ技はないw
  • 2週目以降で抜け道が消えたことを忘れ、よそ見放置をしていると延々壁とにらめっこする羽目になる
  • B21Fとかは、二周目以降もすんなり突破するために、正解ルートがわかるように置いておくと楽。
  • 使う人と使わない人が大きく分かれるシステム 矢印と間違えて置く人多数
  • 新にて B1Fのスタート地点に下向きで置いておくと探索準備のGOOD効果の吟味が多少捗る
  • 矢印と似ている事を利用して矢印アイコンの亜種としても使える。
  • 新2のオートパイロット機能はアイコンの代わりに壁線引きと同じ書き方になったけど、線の継ぎ足しが出来なくて使いづらい。ペルソナQのオートパイロット機能みたいなのが良かった。
  • ↑ [←E→]のアイコンで線の先端部(始点,終点)を伸長できる。折り返し移動にも対応できている。アイコンの上を通過することもできるため、新1よりも使い易くなっている。
  • 探索中のワープゾーンのつながりを「直接線でつないで」マークするために使うという物凄い荒業もある ただしくれぐれもパイロットをオンにしないように、あらぬ方向に吹っ飛んでいくから
  • 隠し通路貫通できるのをここ見て初めて知った。壁になるし無理だろと避けてたわ……
  • なにコレ、トビラ通過できるじゃん! [←E→]アイコンの意味も、ここ見て初めて理解したよ…
  • なんか癖が強い気がして一回も使ったことない…… というよりかはいちいち書くのが面倒で「自分で歩く方が早いわこれ」ってなっちゃうのが原因なんだけど
  • 新2はFOEの巡回ルート書くのに使ってるわ、カボチャとか
  • 5のオートパイロットが、なんかよくわからない…
  • 5ってオートパイロット使えないんですか?
  • 新1だか新2だかからオートパイロットがややこしくなってるんだよね 文章だけで説明するのも中々難しい
  • 新2のオートパイロットは使ってたんだけど、5も同じなの、これ?(困惑
  • あ、わかった。右上のタブで切り替えるのね…
  • 新1のオートパイロットが一番好き。新2以降のは便利かもしれないけど、ちょっと扱いづらい。
  • 5のオートパイロットを、5層の浮遊中における移動ルートメモ用に使っている。そういえばオートパイロット機能として使った事ないな・・・。
  • 電車移動中とかのちょっとした隙間時間に採集するのに使ってる。さほどでもない程度には便利
コメント: