■紫FOE

  • FOEの一種。MAP上にアイコンが表示されない為、気付かれないうちに近くまで接近されていたなんてことも。
  • マップに表示されないのでどこを向いているのかもよく分からない。コイツが出現する近辺での戦闘時の緊張感は格別。
  • アイコンが表示されないので、移動タイプの判別がしづらい。中には追尾タイプの相手もいるので、動きをよく見て避けるようにしよう。
  • Ⅱのみに出演。紫のうえに定点沸き(特定ポイントの周囲で戦闘になると姿を現す)という徹底したヤツまで居る。鬼畜。
  • そして紫はカボチャなのである。
  • ↑ 強化雪ダルマもいるでよ。
  • どうやらアンデッド的なものが紫FOEっぽい
  • そもそも世界樹にアンデッドって合わなすぎだろ
  • さまようよろい「やあ
  • モンスター図鑑の説明などから、幽霊のような存在がこれにあたるっぽい。もし後の作品で復活したらケセランの様に壁を通過してきそうでこわい。
  • カボチゃは弱点の属性以外に100%の耐性を持っているので、アルケミストといった属性攻撃を使えるキャラのいないパーティは半分詰まれたと思っていい。
  • 作中テキストでは「不可解な事にこれだけ近くに いるにも関わらず、目の前の魔物には全く気配が無い。」と説明される。
  • 某来のシレンのパコレプキンみたいですな。
  • 6層で知らずに遭遇した時
  • 南瓜と雪だるまが該当するが、同メーカーの悪魔召喚RPGのマスコットとはほど遠い凶悪さである
  • ↑3全然関係ないが、コラボのおかげで某と伏せる必要が無くなったなw
コメント: