■II-26F 悠久の時に閉ざされし歪の大回廊

  • 世界樹の迷宮II・六階層26F。
  • 初っ端から外道ワープが冒険者を待つ。敵も強いが1ターン目の被弾率は低い。速攻なり逃げるなりPTに合わせよう。
  • アステリオスの兄貴が大量出現する広間がある。ウォーハンマーで掘られたボウケンシャー多数。
  • ワープに気付かず詰まった階でもあるんだが
  • 鮮血の兵士をオートでワンターンキル出来る位になったら、どうにか複数の敵とも戦える難易度。(エリマキブラッドと古代ヤドカリの精神hageが待っている)
  • 最初は鮮血の兵士の単体出現ばかりで面喰らう。
  • ここに来て突然宿屋のおばさんの他愛もない一言が重要なキーワードに。本編クリア→未知の階層に浮き足立ってる冒険者に「人の話をよく聞け」なんて初心を思い出させるのは酷である。
  • マップの作りが右脳と左脳みたいだ
  • 初めて来たとき真ん中しかマッピングできないけど、その部分のマップの形が鍵っぽい形に見える気がする。
  • チェイスが大活躍する。むしろ無いと回復+防御力上昇のコンボに阻まれてろくに探索出来ない。
  • ↑↑俺もそれずっと鍵っぽいなーと思ってたw
  • 絞まりの良い歪みねぇ大回廊である
  • 昼夜でワープ先が違う……
  • 空が近いし日が当たって暑いだろうから夜行ってみたらー的なヒントを言うおばちゃん。 こう見えてもアトラスからの使者である。
  • アステリオスの罠に注意
  • 昼夜でワープ先が違うこととラスボスの行動パターンが違うのって関係あるんかな
  • 隔離施設では気分が暗くならないように壁に空の絵を描くという……
  • ↑それ言ったらダメだろww
コメント: