■I-B17F 神秘の扉の奥にあった異種との遭遇

  • 世界樹の迷宮I・四階層B17F。
  • なんだか、川○浩探検隊シリーズのようなフロア名。「世界樹に拡がる底なし地底湖!神秘の扉の奥にあった異種との遭遇!!モリビトは実在した!!」みたいな
  • ↑ 一瞬階層名がどこにあるのか気づかないほど違和感がないww
  • 通常エリアは無数の一方通行による迷路。それを囲むように隠しエリアが存在する。
  • 名称は隠しエリアのことかと。通常エリアはちょっとした迷路。
  • 異種=マンコティア
  • ↑おいやめろ
  • 神秘の扉=一方通行の抜け道 変種=モリビト
  • 「神秘の扉」は石板が必要なB16Fの下り階段だと思うが
  • 自分にとって新世界樹における異種とはスナトビデメキンである。かつて出目金がモンスターとして登場したRPGがあっただろうか。しかも水ではなく砂地を泳ぎ、鋭利な刃物のようなヒレでボウケンシャーに襲いかかってくるのである。まさに異種ここに極まれり。出目金が襲ってくるなんて、とんでもねえゲームだ。ある意味、神秘の扉の奥にあった異種とは、世界樹というゲームそのものだったのかもしれない。
  • ↑世界樹シリーズは、現実世界にもいる動物をモデルに、上手くアレンジしてモンスター化するが、スナトビデメキンはその分かりやすい例かもね。
  • ピクシー&マンティ「メディックを鍛え直して出直すが良い」
コメント: