■I-B2F 自然と人間の狭間、緑の光あふれる場所

  • 世界樹の迷宮I・一階層B2F。
  • 初めてFOEが登場するこれまた思い出の地。
  • FOEの危険性を身を以て学ぶことができる階。
  • 緑の光ではなくオレンジの光が名物
  • ショートソードを高値で売りつける兵士が居る。Ⅰではこの手のイベントはこの階層以降はほぼ見ることができなくなる。
  • 気を付けろ! 雑魚に手間取っていると、鹿が近付いてくるぞ!
  • 冒険者は好奇心旺盛だから、やっぱりFOEに突撃しちゃうんですよ。
  • むしろ鹿に突撃しない冒険者はモグリだ
  • アゲハが通常敵としているだと…!?
  • 1階で心が少しhageた所で、樹海の本当の恐怖を教える所Part1
  • 新世界樹ではこのフロアで鹿に慣れきったⅠ経験者をあざ笑うかのように新たなサプライズが登場する。
  • 新世界樹ではMAPが大幅に変わってるので注意。FOEも強め。特に突進豚野郎。
  • ↑しかも倒さないととれない宝箱有り。あれは嫌がらせ
  • 西側と東側で別々のFOEが徘徊している。犬猿の仲?
  • 猪鹿の仲だな
  • ついでにショートソード云々の兵士もいない。その代わりお料理好きの弁当兵士がいたような。何のトラップも無いのでご好意に甘えてしまおう。
  • 猪鹿蝶かなるほど
  • 弁当をくれる兵士とは(ミッション受ける前まで?)毎日会える。なんて親切な兵士なんだ
  • 初めて岩見た瞬間にFOEだと確信したな。邪魔な岩も多いからソレも猪に変わればいいのに、と一層後半で思った
  • 猪鹿蝶とは、また風流な事で。
  • なぜお弁当くれる兵士が人気があるかというと、お弁当食べて全回復できるからである。一日一回までたが、序盤しか利用できないタダで回復できる場所なので印をつけるのも悪くないかもしれない。
  • 空腹時に弁当兵士に会いに行くのはお勧めしない。普通に美味しそうな料理のレパートリーにお腹がなる危険性あり。
  • 飯テロにも程があるレベルの描写なので空腹時に訪ねるのは避けた方がいいかも
    • ぼんやり音無しでやってると気づいたら猪と遭遇してたりする
  • 特製の弁当をくれる兵士はデリシャスさんと言うらしい、そりゃ美味しいわけだ
  • マジであのお弁当食べたい、寄越すんだボウケンシャー
  • ここのマップの下のほう見て「隠しエリアか?」とwktkした。そして何もなかったのがこのフロア一番のトラウマな俺
コメント: