■チャージフレイム/チャージアイス/チャージサンダー

  • ガンナーの攻撃スキル。敵単体に適応した属性攻撃を行う。威力は高いが、発射するまで防御力がかなり下がる。チャージフレイムは炎属性、チャージアイスは氷属性、チャージサンダーは雷属性を持つ。
  • 発射は大抵の場合ターンの最後になるほど速度が逆補正される。アザステで発射を早めるなりパラで守るなりしておきたい。
  • 突+属性ではなく純粋属性であることに注意。
  • 準備の時点ではまだTPは消費していないので、発射前に戦闘が終了しても無駄にTPを減らした、という事態にはならない。
  • サラマンドラ相手にチャージアイスを構えたらクラッシュテイルが直撃し、3000超えものダメージを喰らった… 死体も残らず蒸発したんじゃないか。
  • 防御力低下は発射するまでの間のみのデメリットなので、アザステで速攻発動すれば問題ない。
  • 溜めてから打つ飛び道具って、絵になるというか、どうしてこう、カッコいいんでしょう。
  • 物理属性に耐性を持つ敵相手ならば「跳弾」よりも高ダメージを期待できるスキル。しかし前提がイマイチか…
  • チャージ系スキルはアザーズステップとの連携を前提にしていると考えたほうがよい。習得前提に通常の属性ショットがあるので、アザステを頼れるターンはチャージ、それ以外は通常の三色と使い分けたい。
  • 裏ボス相手だと被ダメージが技によっては高すぎて数万飛んで小ダメージになるという現象が起きる
  • レベル1の時点でもレベル10の通常3色ショットより威力が高い。リスクがきついがアザステがあれば問題なく使える。
  • 幼子の去れ永久にでは一周してすごく低ダメージになることがある
  • 「チャージショットモードヘ移行」「エネルギーライン、全段直結」「ランディングギア、ガンナー、ロック」「チャンバー内、正常加圧中」「ライフリング回転開始」「撃てます」
  • 「終わりにしようぜ」
  • ↑2 ベ…、チャージショットは男のロマン。
  • アザステはゼロシフトかw
  • 新ではこれとアクトブーストで手軽に高火力が出せる。
  • ↑ロマンに思えてブーストと併用すると相応のダメージを叩き出せる。
  • 六花の少女の属性弾はなんかこっちっぽい感じがする
  • 新2では貫通攻撃になったが、威力が3色ショットと殆ど変らないという事態に・・・
  • ↑ 威力比較した時はガッカリしましたよ、ええ……。
  • これが進化してドライブになったのか
  • R-TYPEの波動砲のイメージ
  • 新2だと通常3色は先の先がアザステなしで乗るので、ただでさえ小さい差が余計縮まってる
  • チャージLv1と前提であるショットLv5の威力が同じだけでしっかりLv上げたりペネトレイターと合わせれば相応の威力にはなる
コメント: