■流れる床

  • 世界樹の迷宮シリーズに共通して登場する仕掛け。上に乗ることでプレイヤーキャラを仕掛けの終わるところまで押し流す。移動床と違って複雑に折れ曲がる軌道も存在する。
  • 流れる理由はシリーズによって流砂だったり水流だったりする。
  • ↑Ⅱだと変り種でベルトコンベアもあったね。
  • コース上のマスの1つ1つにアイコンを置いていると、アイコンの配置数の上限に引っかかることが多いのでアイコンの置き方には工夫が必要。
  • 流れの始点と終点だけアイコンを置いたり、むしろアイコンは置かずに線で表現してみたり……個性が出る部分である
  • IIIも二階層に登場。しかし、ここにしかない上にシナリオを進める上で流れを停止することになるため印象は薄い。一方で大航海では嫌になるほどたくさん登場する。
  • Ⅲは3、6階層でもあるじゃん
  • ↑Ⅲの3層は浮石タイプなので厳密には移動床、6層は滑る床に分類されるかな。まぁこの3種は似たり寄ったりかつ移動を制限するという意味合いでは同じようなものではあるけど。
  • IIIの3層と6層のものは異なる方向から踏むと異なる場所へ移動するもの。ここで言う仕掛けはどの方角から乗っても、またルートの途中のどこから乗っても行き着く先は一緒という物。
  • 1では矢印アイコンすら用意されていないので、プレイヤーによって地図のかき方が異なってくる。
  • ベルトコンベアにわざと後ろ向きに乗って「ムーンウォーク」
  • ↑その発想はなかった
  • 4の大地の気流も入るのかな?
  • ベルトコンベア後ろ向きに乗っても方向転換させられなかったっけ?(2)
  • ↑多分十字ボタンの下で乗るってことじゃないだろうか
  • ↑それで乗っても強制的に前向かされたはず
  • 久々に旧2をやるまでコンベアがなくなっていることに気付かなかった
  • ウゥー ウゥー ウゥー ウゥー
  • 駅とか空港にある動く歩道を思い出す。面白い こちらは途中で降りたり自力で歩いて高速化したりはできないが
コメント: