■聖なる守護の舞曲

  • 1・2に登場したバードの全体強化スキル。味方全員に防御力UPの効果を付与。
  • 猛き戦いの舞曲の防御版ともいうべきスキル。味方の全属性の耐性を上昇させ、受けるダメージを減少させる。
  • 後半は敵の攻撃がインフレしだすのでこれ一つで防ぎきるのは少々厳しい。カスメによる弱体などと組み合わせると光る。
  • 2では最大で防御力を25%上昇させる。強敵の猛攻を受けきるにはちょっと心もとない上昇率。
  • 上昇量は若干頼りないが、ターン経過によって自然解除されないのが利点。
  • 初代では所詮メディック以下のスキルである。
  • wiki鵜呑みな上に新だけかも知れないが、物理属性両方に対応の上軽減率が防御陣形&医療防御と変わらないみたい。流石バフ特化職。
  • 最初のターンにかけても問題がほぼない安定スキルである。
  • 防御陣形と医療防御までのつなぎに1だけ取得してたけど体感雀の涙だったなぁ(FOE戦でしか使わなかったのもあるだろうけれど)
  • 歌スキル全般に言えることだが、対応する弱体を全員分一気に打ち消せる/予防できるのがありがたい。プリのスキルという対抗馬もあるが。
  • むしろプリスキルと同時使用してたわ 弱体食らう→効果アップのためバドが低レベルバフ→ホワイトノーブルでHP大回復とか、いらなくなったバフを他のバフを掛けまくって枠の一番上にしてからホワイトノーブルとか
  • 「お前(鎮守)は25%軽減で、俺(聖なる守護)は25%軽減だ。そこになんの違いもありゃしねぇだろうが!」
  • ↑(対抗馬の量が)違うのだ!
コメント: