■ディアトリマ

  • 世界樹の迷宮Ⅱに登場するモンスター。えさを一度に食べられるよう口が巨大に進化した鳥。
  • 見た目は森永チョコボールのマスコットキャラクターに良く似ている。
  • ディアトリマとは、はるか昔に存在した鳥類の一種。2メートルを超える巨体と巨大な頭部を持つ大型の肉食鳥であり、当時の食物連鎖でも上位に位置していたが、肉食の哺乳類の進化に伴い勢力を失い、全滅したとされている。
  • 喰えっ喰えっ喰えっぼうけーんしゃー
  • それなりの攻撃力で物理攻撃をくり返す。個性派揃いの第四階層でその外見も含めてスタンダードさで個性を作るイカした鳥。
  • 某ゲームのチョコボのモデルになった鳥。獲物を蹴り殺し嘴で引き裂き食べていたとされる。
  • オエー!
  • 新になり攻撃スキルがなくなり他者が倒れると攻撃力をあげてくる
  • 生存本能込みでようやくファーが死ぬ程度。搦め手もなく弱い。
  • 全体の攻撃力を上げて来る以外に特記する事が無く、4階層の癒しポジに。しかし瀕死状態の目付きが酷いのでマスコットにはなれない。
  • だけどこいつは露骨に我々のディアトリマばかりを狙ってもっていく いやらしい
  • 実際のディアトリマ画像見たらクッソ格好良かった。蹴り技とかあっても良かったんじゃないすかね・・・
  • 倒して入手できる料理素材は殻まで食べられる卵。・・・やっぱりチョコボール?
  • ↑むしろチョコエッグ
  • 微妙に出にくい気がするよ、わざわざ集めに行くのもなーな場所のお陰でいつも料理は品切れ中
  • 古生物好きボウケンシャーをスーパーハイテンションにする魔物(名前と癒し的な弱さから)
コメント: