■忠義の心

  • ペットのパッシブスキル。味方が食らうダメージを一定確立でかばい、自分がそのダメージを受ける。
  • 「仲間をかばった時は、かばった仲間の防御力がそのまま適用される」という非常に困った特徴を持つ。安易に習得するとペットがすぐ死ぬようになってしまうので要注意。
  • 三色ガード発動中ですらかばってくれてしまうのでこれを習得したペットを三竜戦に連れていくのはもはや虐待。
  • そんな酷い仕様になっているのに、転寝や陽動、自衛の本能、大暴れ等の優秀なスキルの前提。まさに虐待。
  • 3ではそんな虐待仕様に対する反対意見が大きかったのか、似たようなビーストキングの捨身の心得
  • 「上記続き」は庇った獣の防御力でダメージを計算するようになった。
  • ↑しかし今度は防具を着れない獣の装甲が甘い(泣)
  • 対策は様々だが、『敵の攻撃(行動)を封殺する』『被ダメージをバフ・デバフで低下させる』『前衛に柔らかい職を採用しない』あたりが妥当か。II の三竜は決まったターンしかブレスを吐かないので『○○ガード+転寝(アザステ併用)』でなんとかなる……え、絶対零度?み、ミストとか…
  • これ1つで防御型ペットを微妙にした罪深きスキル。
  • 廉価版で修正されたチェインダンスと好相性。
  • ペットが不遇扱いされる最大の要因だが、実際に運用してみるとなかなか便利なスキルではある。「ペットは皆の代わりに死ぬ存在」と(ひどい)割り切りをすればパーティーメンバーの生存性をかなり高めてくれる(もちろんペット以外)。
  • なぜペット自身の防御力が適用されないのか?その秘密は庇い方にある。ペットがその身を盾にする…のではなく、敵に吹っ飛ばされた味方をペットがその身で受けとめるのだ。衝撃をモフモフボディで受けとめるため、下手に身構えてしまうとモフモフ具合が減少してしまう。今日も今日とて、ペットたちは脱力しながらホームランされた味方をその身でキャッチするのだ。
  • もういい…ペット…!もう休め…!
  • ディバイドガード仕様だったらもっと活躍できてたかもしれないスキル。
  • 決して使い易いスキルではないが、ペットをメインで使っていくなら工夫や試みを重ねて使い方を見つけたい。自分なりの運用を見つけることができれば、それは何よりの面白さになるはず。
  • ペット2体で前衛をやらせるとお互いにかばうので非常に使いやすくなる
  • 他のスキルが高性能揃いなので、ハンデ的な前提として設定されたのだろうか。
  • 幼子の「去れ」を、フォースなしで突破する為の手段のひとつ。
  • ↑↑ペットの耐性、防御力準拠にすると自衛使う程度の対策するだけでいるだけ常時医療防御+ディバイドになるから順当な対策ではある
    ただ同時に一つの仕様がこんな影響力あるのかと知らしめた例でもある
  • 仮にベルトランにディバイド目的でこれを持たせたとなるとなかなかにシュールな光景である。
  • 庇う際、攻撃に付随するバステを無効化する。難はあるものの、この仕様のお陰でPT構成や装備を調整すると途端に頼れるスキルと化す。これだから世界樹は面白い。
  • 防御ガチガチのパラディンに挑発させてそれをペットにかばわせる→パラディンは三色とスマイトに集中ってコンボを考えたけどちょっと面倒かもしれない……
  • ↑しかも幼子の滅ぼす風も誘発に失敗しやすくなるし……転寝させるか
  • 活かしきるにはパーティー編成から考える必要がある。このためペットが解禁されても既存メンバーと相性が悪くて組み込めず、ペット自体をスルーするプレイヤーが少なくない
  • かばった仲間の被ダメージをさらに軽減して代わりに引き受ける仕様上、チェインダンス等の引きつけスキルととても相性が良い。後列補正、DEFENCE補正、忠義の心補正が全て重なれば、旧1の医術防御に匹敵する軽減率となる。
コメント: