■千里眼の術式

  • アルケミストのスキル。マップ上の一定範囲内のFOEの位置を感知する。
  • 六層の落とし穴地帯で役に立つという超晩成なスキル。
  • 初めて探索する階でFOEとの接触事故を避けるのに使うスキル。それゆえにマップが完成した時点で無用の長物。
  • 覗きに使えるんだろうか?
  • ↑信じれば夢はそこに広がっているはず
  • 他の術式は「触媒による化学反応を用いた属性攻撃」という位置付けだが、コイツの原理がサッパリだー
  • 猛者特有の生命維持活動に発光する物質をばらまくとか…すごい肩だな
  • 迷宮1のB27Fをマッピングする時はめちゃくちゃ輝く
  • 視界範囲に納めた時点でFOEの動きが分かるようになった新世界樹ではちょっと影が薄い
  • 新世界樹2では滅茶苦茶進化してる。体験版でも世界が広いことがわかる
  • サーモセンサーみたいなもんじゃね?
  • 私は手に着けている錬金術の機器のアプリの一つと解釈している。(メガテンのバロウズサーチアプリのような)
  • すりっとまるっとお見通しだ!
  • ミノフスキー的な奴を捲いてるんですかね…
  • 見える!見えるぞ!私にもあんのにくったらしいごみむしのくそったれFOEが見える!
  • ↑ウワハハハハハハー! ガン子「でもそれじゃ勝てないよね見えるだけで」
コメント: