■血染めの朱槍

  • ショーグンのパッシブスキル。戦闘中敵味方に関わらず、止めを刺す度に攻撃力がUP。
  • ボス戦では使いにくいが雑魚戦では非常に有効。ロングストライドなどでまとめてとどめを刺すと右に行くに連れて威力が上がってなかなか痛快。
  • ちなみに味方に止めをさすには、おなじみヤンデレスキル「介錯」の出番である。というより、介錯がなければこのスキルは真価を発揮できないとも言える。
  • 世界樹の雑魚戦はより危険度の高い敵から先手必勝で倒していくのが定石。なので、ショーグンの目が血走りまくっている頃にはどーでもいい奴しか残ってないことが多い。決して無意味なスキルではないが、SP振っていくつもりなら、自分なりに有効な運用パターンを吟味しておこう。
  • ボスなど単体で出現する相手と戦う時には、味方を介錯するしか発動方法がない。どちらかと言えば実用性よりロマンの比重が大きいスキル。
  • このスキルの良さを味わいたくてダマバンドの竜狩りまくった
  • ボス戦でスキルを活かす方法として生贄役を予め決めておくのがオススメ。『狂戦士の誓い』等で自主的にHPを減らし介錯を誘発→蘇生→(繰り返し)、事故のような形で介錯を発動させるのは全滅への第一歩なので不完全ながらもコントールしたいところ。
  • プリンセスのスキル「リニューライフ」「エクスチェンジ」を、このスキルを持ったキャラが死体に掛けると、目が血走るというバグが存在する。これを利用するとプリが恐ろしい攻撃力を手軽に発揮し始める
  • 派生先の一騎と相性がいい。素早い味方にまず柔らかい敵を殴らせて追撃でトドメ、血走って硬い敵に……という流れが快感
  • ターン経過で効果が切れない上に発動するたびに効果が累積していくので、レッドパサランやヤドリギを狩るときに有効。
  • 実際に目が血走るというよりは「テンションあがってきたー!」とか「みwなwぎwっwてwきwたwww」な、最高にハイ!って状態
  • ちwばwしwっwてwきwたwww
  • (^w^≡^w^)テンション上がってきた
  • 介錯ふくめ、こんなあぶないスキルばっか身につけてたら仲間から避けられそうw
  • ショーファラで槍を装備するとイメージぴったり。あまりそれを活かせる技がないが
  • ↑ショーファラ「ちwばwしwっwてwきwたwww」 …これ何て内藤さん
  • ↑↑自分で守った相手を直後に介錯するんですね、分かります
  • ショーファラ「また守れなかった(血走」
  • キィンッ! グン子「大丈夫? だめよ、あなたを殺すのは私なんだから グサッ」
  • 血も滴る良い女
  • 目が血走ったアナザーグン爺…あの人の場合は血走るどころのレベルじゃないか
  • アンドロでも目が血走ることからやはり中に人が(ry
  • アンドロの場合は暴走エヴァみたいに目が赤く光ります
  • アンドロ「ヴィー ビゴーン」 ファマ男(瀕死)「逃げちゃダメだ 逃げちゃダメだ 逃げちゃダメだ」
  • 女王蟻戦で仲間全員死んだのに一人で無双できたのはこのスキルのおかげ。まあ、仲間殺したのほとんどショー(介錯y
  • 頑丈で騎士のイメージに近いファラのサブにショー付けて、アルルーナ相手にどこぞのSRPGの炎帝を再現しようという試みは素のATKと雷槍の瞬間火力の現実に直面して瓦解した。血走らせる余裕があるなら皆で殴ったほうが早いという浪漫スキルな一面も。
  • 4みたいにボスの体が複数に別れてればまた違った楽しみ方が出来たかもしれない
    GK?完全物理耐性が片割れとか無いわー
  • そもそも片割れ倒した次のターンに自爆するじゃないですかやだー
  • バグを許容すればやはりプリが圧倒的に輝く。介錯なしで戦線の瓦解の可能性を抑えながら味方の死体を無限利用できるのは強力。
    体力半分未満で行動パターンが変わるエルダー、禍神等に特に有用。倍率が頭打つまで上げれば瞬殺できる。
  • 術にも効果があるのが密かな利点
コメント: