■五輪の剣

  • ショーグンの攻撃スキル。ランダム複数回の斬攻撃。弐の太刀を取得していると威力がUP。
  • 正確に言うと、弐の太刀を習得していると最大攻撃回数が倍加される。レベル10ならばなんと最大10回攻撃。ただし最低攻撃回数はそのままなのでバラつきが大きいのはご愛嬌。
  • あくまで最低攻撃数は一定なので運が悪ければ2回で終わるが、最高攻撃数が炸裂したときの破壊力は目を見張るものがある。
  • 命中率の代わりに防御力を犠牲にしたナインスマッシュ、という見方もできる。要するに、堅実さよりもロマンに偏ったスキル。
  • 発動すると五色の屏風が展開し、桜が散るという何とも粋なエフェクトが見られる。NO WAIT時の効果音の爽快感と併せて戦闘が楽しくなるスキル。
  • 二刀流でチャージをしたのに2Hitで終わると、とてもやるせない気持ちになる。
  • 「号令!ブレイバンド!先陣!チャージ! 発動! 五輪の剣!
  • 2Hit!
  • 最終的には我流の剣術を利用した通常攻撃に、ダメージ期待値で負けてしまう。どうして最低攻撃回数も倍化させなかった……
  • 元ネタは多分、宮本武蔵の「五輪の書」。地・水・火・風・空の五巻からなる。元ネタの仏教の思想よりも剣術繋がりという点でこちらだと思われる。
  • 敵HPを意図的に削りたい時に打ってはいけないスキルNo.1
  • ブレイバンド
  • ↑↑↑↑ 必殺陣形等で全段クリティカルが出る状態でも、ダメージ期待値は五輪の方が遥かに高い。
  • 攻撃回数のバラツキこそ大きく安定感は無いが、二刀流時のダメージ倍率(期待値)は実はナインスマッシュや前陣迫撃砲術のそれをも上回るほどに高い。
  • ただし、ショーグンには常在戦場やジャイアントキルといったスキルがないため、武器スロットを活かすことができなければ最終的なダメージでは負けてしまう。
  • 幸い、最強武器の天羽々斬には空きスロットが8個もあるため、両手に装備して全てATKで埋め尽くせば高い火力をさらに伸ばせるだろう。長い道のりではあるが。
  • このスキルを使うたびに、「ああ今年はオリンピックだな」ってなるw
  • ↑あ、もちろん2012年現在の話ですw
  • ↑2 なんだかワロタw
  • オリンピックソード!
  • オリンピックソードと翻訳したローカライズスタッフの翻訳力はさほどでもない
  • 刀ってのは両手に持ったほうが強ェんだと
  • そして無双神楽へと受け継がれてゆく・・・
  • 2020年東京オリンピック決定!おめでとう!
  • では是非2020年までに新3を…
  • ↑上の方、常在戦場とジャイアントキルを含めても最大ダメージは上だぞ?
  • 最終的には一番強いのかな?1人で出せるスキルの中では
  • ハバキリミリオンスラストの方が上っぽい
  • それだとATK鍛冶はできるが、常在戦場・狂戦士・チャージが使えないからダメだな
  • 片方が素手でもちゃんと攻撃回数は倍加する。刀と無刀の二刀流である。
  • シャシャシャシャシャ、トントントントントントントントントントン、ピキン、ズシャア、ズドォ、、、テンテテテーンカリカリカリカリポリィポリィカリ
  • ↑ 五輪10HITからの介錯でトドメとか燃えるな
  • ポリィポリィカリに笑ってしまう
コメント: