■殿軍の誉れ

  • ショーグンの強化スキル。味方1人を3ターンの間殿軍に任命。
  • 対象となったキャラは、3ターンの間最遅行動となり、更に防御力が上昇、攻撃力が低下する。
  • 防御陣形と同じく物理、三色属性、無属性全ての被ダメージが減少。
  • 先読みの行動をする時は有用だが、ガード系スキルとの相性が最悪なことに注意。
  • エミットウェポンを多用する場合、「先陣の~」と合わせて行動順の調整に有用。特に、エミット着火役を殿軍にしておけば、行動順に多大なマイナス補正が入るはずのチャージ・エーテル圧縮にもちゃんと後発できる。
  • 先陣と違い使用したターンから効果有り。
  • 行動順は最後だが属性リミットや幸運のハンマーより先になる。氷竜戦ならリセットウェポン役を殿軍指名しておけばアイスシールドに幸運のハンマーを阻害されないで済む。
  • バグさえ許容すれば実質先制攻撃スキルになる。攻撃力低下への依存が少ない飯綱とかがあればなおさら。
  • 4では「リアガード」と名を変えて登場した。隠し職(インペリアル)の技というところも同じ。
  • リアガには攻撃力低下効果が無い分アタッカーにもかけれる長所がある。
  • ――――――――――――――――
    ■関連項目
    スローステップ(スキル)
    リアガード(スキル)

    先陣の名誉(スキル)
    ――――――――――――――――
  • 6層裏ボス戦で補助役などにかけておくと、防御形態から攻撃形態になった直後に弱体がかけられる。
  • 一騎当千+我流パーティで我流役にかけておいて、攻撃形態になった直後に瞬殺という使い方も。
  • 殿(しんがり)は後退、撤退時などの相手に背後を見せざるを得ないとき、追撃を阻止したり後退の援助をしたりする役らしい。味方の支援が受けられない為危険が伴い、相応の実力がある武人しか任命されないとか。殿軍の「誉れ」というスキル名もなかなかあっているかも
コメント: