■呪われし飛南瓜

  • 世界樹の迷宮Ⅱの第6階層に登場するFOE。マップ上では姿を確認できない。特定ポイント近くで戦闘を行うと出現する。
  • 全体炎属性攻撃+テラー付与を行う。その特性上場所によっては無限沸きで延々と戦闘が終わらなくなる可能性もある。
  • 下層の色違い南瓜たちと違って炎属性攻撃も有効。しかし相変わらず物理にはほぼ完璧な耐性を誇る。
  • 不可視+ポイント湧きという、嫌らしさを極めたような登場の仕方をする。本人も状態異常を交えた攻撃と高い物理耐性という嫌らしい性能。
  • 質と量を兼ね備えた強敵。一体倒すのに手こずっていると、どんどん湧くように乱入してくる。持久戦にジリ貧となりhageる冒険者は数え切れず。
  • こいつの出現ポイントの周りが狭いことが多い。乱入されて壁を背にしてしまい逃げられずhageるケースも。
  • 2階層、4階層が終わり…かぼちゃのことなどすっかり忘れかけ最後の最後6階層でこれである
  • ファマ「呪われし飛南瓜招来!! できたらなぁ」
  • カボチャおかわりと言えば大抵は理解される
  • このクソカボチャ!もうちょっとで終わるところだっつう時に出てきやがって!マジウゼェ!マジムカツク!と思ってhageられたプレイヤーは私だけじゃないはず
  • ファイアガードさえあれば業火は大丈夫 だが通常攻撃が500ぐらい食らう
  • そういえば未だにこいつ倒せてない…(笑)2の図鑑はワニとカボチャが空欄になってる。
  • TP満タンで戦闘に突入しても、気が付けばガス欠になっている事がままある
  • ああっとで出てきたモンスター始末し終わったらこいつに退路を断たれたので仕方なく採掘して糸で帰ろうとしたら連続ああっと!!hage
  • 6層最凶の敵の一角には間違いないですね、…何度袋叩きにあったか…。
  • Ⅳの6層で再登場、今回はFOEになって三匹仲良く徘徊している
  • 雷以外の攻撃と状態異常への耐性を持つ。戦うときは三匹揃わないように、なんとか頑張ろう
  • 攻撃してくるときはちょっとかわいい
  • 4では妙に艶かしい動きをする。暇があればモンスター図鑑でじっくりと動きを見てみよう
  • ↑こいつとオレンジは特にぬるぬる動いてるよね ちょうど三体いるしPerf●meみたい
  • ↑間違えた オレンジ→緑
  • こいつと緑の攻撃モーションが右からきたものを左へ受け流しているようにしか見えないw
  • ↑「こちらへどうぞ〜♪」とかそんな感じでかわいい。図鑑で何度も見てしまうwww
  • 正直言って、三南瓜の中では比較的倒し易い。なので、いつもコイツから倒すようにしている。
  • 初見でレアドロ出たけど運が良かったのかな
  • SQ2は自分の中で「茶色いカボチャ以前の世界」「それ以降の世界」に分かれている。正直ここから先は、Lv70を超えないと行ける気がしない……(何かを覚悟した目
  • 何度か登場している南瓜だがこいつは出てくるところが両方とも6層。エリート南瓜である
  • こいつに限らずⅣの南瓜はかわいい。悪食の妖蛆ぐらいかわいい。
  • カボチャかわいいけど憎さが勝ってくる!不思議!!
  • 今まで羊に苦戦してたのを嘲笑うかの強さ…合流する前に倒すとか考えてたけど無理だわ、つまるところまとめて相手にせざるを得ない・・・と…キッツいなぁ・・・
  • 三頭飛南瓜以外どっちがどっちか分からない・・・こっちはアイツ?
  • ↑こっちが南瓜おかわりの方
  • 他の南瓜よりスタン耐性が低いのか、戦闘中に3回入った。ちなみに武器に一つ分の鍛冶しかしていない、まぁサブミスで抑制MAXに振っていたがww
  • 4のこいつは可愛らしいが、2のこいつはトラウマ。戦闘終了後ふと気が付くと…
  • ↑「私飛南瓜 さん。今あなたの後ろにいるの」というやつか
  • 新2はカボチャとカニのおかわりが無かったのが残念
  • ここまで頑張って倒したのに経験値も何もなしかよ!これよくスタッフゴーサイン出したな!と当時は本気で怒り狂ったものだが、それでもまたジエンドダクハンやら核熱アルケやら連れて行って狩り続けたのはいい思い出だ
コメント: