■幻惑の飛南瓜

  • 世界樹の迷宮Ⅱの第4階層に登場するFOE。マップ上では姿を確認できない。冒険者を確認すると追いかけてくる。
  • パーティー全体に全身封じ付与と全体炎属性攻撃を使用してくる。全身縛り状態で撃破すると条件ドロップ。
  • 物理と炎属性に対してほぼ完璧な耐性を持っているため、氷もしくは雷属性あるいは無属性スキルがないとまず勝てない。
  • 全身縛り状態で倒すには、ダークハンターのオールボンテージを使えば楽。逆にオールボンテージ無しで条件を満たすのはものすごく大変。
  • 非常に面倒な特殊ドロップ条件だが、この素材を基に「クイーンズボンテージ」が作れる。ただでさえ2では優遇気味のダークハンターが更に凶悪な存在になるので、是非入手したい。
  • ポーズがかっこいい。
    白亜の姫さんも似たような事してるような…
  • 1の美女コンビと違い封じ耐性が他のFOEと同等なので、全封じするなら素直にオルボンに頼ろう。
  • 4でも登場、他の南瓜と一緒に踊っている。三匹の中で唯一物理攻撃の耐性を持たないが、HPが多く回復技も持っているので注意
  • 条件ドロップは恐らく確立。水溶液を使わずにケリュケイオンの鍛冶をしたいボウケンシャーは南瓜マラソンに苦しめられるだろう
  • 動きはどことなくジョジョっぽい…様な気がする
  • ↑自分もジョジョ立ちっぽいと思ったw 暇があればモンスター図鑑でじっくりと動きを見てみよう
  • 動きウゼェwww
  • 通常攻撃の時の動きが「何でやねん!」って感じで面白い
  • 他の2カボチャ倒したのに、こいつだけしぶとくてしぶとくて結果として逃げるはめになった
  • ↑物理は普通に通るからファイトッ!あとは、頭縛りにかけよう
  • 高めのHPと、体力半分を切ると高確率で使用する全体回復により、悠長に削っていると延々と回復されるハメになる。頭を縛れない場合は、火力を集中するタイミングに注意
  • 他の2匹を先に倒してから、こいつに挑んだが、敢えなく敗走。HP、TPを満タンにして再び挑んだ。最初こそはHPガンガン削りまくったが、後から頭封じされてルーンマスターとミスティックのスキル使えない間に回復されて、火炎地獄くらってやむを得ず、「全力逃走」した。結局、倒したのは三度目の挑戦ででした。
  • 種子
  • 二回めで倒してレア素材でたぞ
  • なんで皆数回の挑戦で倒せるんだよ・・・ぐっ…
  • 物理耐性が無いから意外と勝てたが・・・封じって素晴らしい
  • 即死は普通に通るので、ミスやシカに息の根を止めてもらうのが手っ取り早い
  • 新世界樹2ではギンヌンガB4Fに登場。壁をすり抜けて巡回するタイプになっている。
  • 何がやばいってコイツの初登場時には盾がいないことである
  • 相変わらずのV系な待機モーションに草不可避、今回の戦法は世界樹3の橙南瓜のような足封じ→低命中全体攻撃である、到達時でもレッグガードやバインドリカバリがあればいける、腕に覚えがあればチャレンジしてみよう
  • ギンヌンガB3F攻略時に予防の号令Lv4+ターン終了時TP回復の食事を取っていると便利なTP回復宿と化す
  • 世界樹2でさんざんオルボンをされた性か封じ耐性が完璧である、縛りプレイには飽きたもよう
  • 壁抜けでカボチャだから世界樹と不思議のダンジョンではパコレプキンポジションと予想
  • ↑新2のこいつはそいつらが元ネタっぽいしな…
  • SQ敵の技名ランキングトップ候補「洗脳音頭」
  • 下画面にわわっと湧いたFOEアイコンに驚き、ワープ機能付きの移動パターンに「予めマッピング済ませておいてよかった」と胸をなでおろし、シチュエーションから「死神のFOE?」とわくわくしたところで「お前か!」とツッコませてくれた、色々楽しいやつw
  • 壁抜けワープ地点にボウケンシャーが居座っていると飛んでこない。飛んでくると思ってビクビクしていた俺は・・・
  • ↑Ⅳの蝙蝠と同じで壁抜けと同時に戦闘はできないんやね
  • 肝心な時にいないメイン盾。それでは盾役は任せられないでござるな
  • これ書いたの絶対ししょーだろ・・汚いなさすがししょーきたない
コメント: