■バインドリカバリ

  • 味方の縛り状態を回復するスキル。1・2ではメディック、3ではモンクが使用できる。このスキルも作品によってスキルレベルを上げたときに上昇する効果が違う。また、類似スキルとしてボンテージケアがある。
  • 1と2では単体対象であり、スキルレベルによって封じ解除数が増加する仕様。3ではLv1から完全に解除でき、Lvを上げるとLv4で1列、Lv7で全体になる。効果範囲が広がるLvでは大きく消費TPが上昇する。それ以外のレベルでは消費TPが減少する。最終的な消費TPは10。
  • 強力なボス戦などでは封じ回復が重要になる局面が多々あるので、習得しておいて損はない。
  • 3では海都ルートのラストバトルを始め三竜にイソギンチャク、今回は縛りを多用するボスがたくさん存在するため重要なスキルとなる。
  • 3では介護陣形や予防の号令など、ST異常への対策スキルはいくらかあるが、縛り対策のスキルはショーグンの精神統一くらいしかない。よって、リフレッシュより重要度が高いスキルと言える。
  • 他の回復スキルと同じように、肝心の術者が頭縛りだと使えない
  • 冒険者が使う縛り(影縫い、アームブレイカー、ハンギングなど)を考えるに縛りって特定の部位を破壊しているイメージだけど、縛りを回復しても体力は回復しない。どういう治し方をしているんだ…
  • ↑腕や足の関節をゴキッとはめ直すとか? 頭封じの仕組みがわからん…
  • ↑新しい顔に取り替えるんだろ
  • 封じが治るかわりに愛と勇気以外の友達がいなくなるんですね
  • 頭封じられてて回復できない、は世界樹定番のあるあるである。
  • ジブンヲ・・・トキハナツ!
  • ↑4ボウケンシャー、新しい顔よ!
  • ↑アンドロまでは理解出来るが一種のホラーにしか思えない。
  • 全体化しても肝心の時に自身の頭封じで発動できないこともしばしば。テリアカαの優秀さと言ったら・・・
  • 封じ回復をこれだけに頼っている時に限ってメディが頭封じを食らう……他に傷舐めとかリカバリモアを持たせたキャラを養子して万全を期していると何故かそちらのキャラ(メディより当然高LUC)がこれを使え!と言わんばかりに封じを食らうようになる。そういうわけで自分の中では自己主張の強いスキルということになっている
コメント: