■オオアナコンダ

  • 世界樹の迷宮Ⅲのモンスター。確実に獲物をとらえるために進化した牙と爪をもつヘビ。
  • 攻撃力がそれなりにあり、また単体対象だが腕封じをしてくるので複数の敵と一緒だと厄介。物理以外でとどめを刺すと条件ドロップ。
  • 1層では最もタフな雑魚モンスター。攻撃力も高いので、レベルが十分でないうちはFOEに挑むくらいの心構えでも決してやりすぎにはならない。
  • あれほどの牙と爪を持ちながら絞め殺しオンリー。なんとも勿体無い。
  • 低レベルキャラ即死技とか使えてもいい外見
  • アナコンダというよりコブラに近い
  • 強化版ビックビルとも言えるモンスターだが4階到達時点では死者が出るほどの強敵ではなくなっているかもしれない。
  • アナコンダの時点で人を絞め殺すのに十分な大きさなのに、オオが付く。人間くらいひとのみに出来るサイズはあるかもしれない。
  • ↑この魔物の絵のサイズは立ち絵で10M以上らしいよ
  • カエルが居ると乱入してくる設定もあったらしい
  • 絞め殺しって必中技なんかなあ。暗視10、潜伏10の夜間アンドロ(luc、agiカンスト)でも絞め殺しが外れた所を見たことがない
  • 毒は持たない。アナコンダはそれが普通なのだが。
コメント: