■オオカモノハシ

  • 世界樹の迷宮Ⅲのモンスター。 巨大なカモノハシの魔物。
  • 単体に毒付与する以外は取り立てて特徴のない魔物。しかし序盤はその毒が怖いのだ。
  • IIIでは毒吹きアゲハがかなり後半になってから登場するため、序盤の毒係を担う。前作前々作ほどではないがイベント戦闘で初心者パーティを葬り去るところもアゲハと一緒。こちらはイベントの経緯により『恩知らず』呼ばわりされることも。
  • ゲーム内のみかと思いきや、実際のカモノハシも後脚のケヅメに毒を持っていたりする。リアルで遭遇する機会は少ないだろうけれど気をつけよう。
  • 不幸そうな貴婦人の旦那を殺した犯人の一人。もっとも、元ネタとなったコピペが存在するような気がして、最初はギャグかと思っていた
  • 主人がオオアリクイに殺されて…なあれか
  • ゲーム中はそんなに大きくないのにオオカモノハシ これで大きいなら禍神とかどれだけ巨大なんだww
  • ↑元のカモノハシが50cm前後だからな。こいつは1mぐらいはあるんだろうか?
  • ↑人間が死ぬ強さも持ってるしな それぐらいあっても不思議じゃない
  • 某国民的RPGの頭痛に悩まされているアヒルさんに見える。
  • 一見すると合成生物、哺乳類のようでいて卵を産み、更に捕らえようとした人間が毒にやられて倒れる。発見当時は胡散臭いUMA扱いでした
  • 2までのアゲハの後釜ポジションだが、ネコや鳥のインパクトが強過ぎるせいかいまいち影が薄い。
コメント: