■ひっかきモグラ
  • 世界樹の迷宮シリーズに皆出席の名物モンスター。
  • 構えがやる気満々。
  • 単体物理攻撃しか能のない雑魚と思いきや、初代ではトラップで三体出現、Ⅱでは後半にFOE化&またしてもトラップ、Ⅲで3層の住人となるなど地味に活躍。花、鹿に次ぐ世界樹の名物といえる。
  • ネズミと大差無いカタログスペックだが、その僅かな差がとんでもなく被害を増やす。
  • 3のポーズがカッコイイと専らの評判。「カッコイイだろう!?(ギャキィ」
  • I、IIでは迷宮突入直後から遭遇する最初期のモンスターながら、数多の初心者パーティーを葬りさった実力者。毒や睡眠などの絡め手を用いず、自らの爪のみを以て戦うスタイルは小動物たちの憧れの的……かもしれない。
  • 特に2では鬼畜衛兵とのコンビネーションで猛威を振るった。俺・・・モグラに3回hageさせられたんだ・・・。
  • さらに3ではビスキンに呼び出され、地中から敵の脚を引っ掻いて封じてくれるようになった。逃げ足の速いパサラン戦のおともに。
  • コイツといい毒アゲハといいビスキンのチョイスはなかなかステキだ
  • ボウケンシャを葬る強力な腕が美味そう
  • 実は、Ⅲの3層の通常モンスターでSTR値が2番目に高い。ステゴサウルスやドウクツゾウよりも上。ちなみに1位はオオアリクイ。
  • 4でなんと5層の敵に。こいつは着実に力を付けていく。
  • ひっかくってレベルではない
  • 状態異常や瀕死の時のポージングがカッコいい。
  • まさか5層で\モグラだー!/と叫ぶ日がこようとは…
  • 「鎮まれ俺の左腕ッ…!」に見えなくもない
  • 4でのモグラシリーズのモーションは荒ぶる鷹のポーズに見えてしかたない。
  • 4のこいつはかっこいい。通常時の天地上下の構えやら瀕死時の肩抑えポーズやら
  • 初めて世界樹やったけどスパイダーマンに見えた・・・・
  • 5層(世界樹)で初めてのエンカウントがこいつだったのでちょっと感動
  • 5が出るなら6層雑魚に昇格してしまうのか
  • 4での動きが歌舞伎みたい。あと、キノコのモンスターの項目で動きがBGMにあって踊ってるみたいってあったけど、こいつもなかなかBGMと動きがマッチしていてカッコいいw
  • 何気にひっかくモーションもカッコいいという・・・何この愛されっぷり
  • 世界樹Ⅰで出たモンスターは優遇されてる気がする。ⅡのゼラチンとかⅢの魚とかどこ行った
  • ↑原点回帰ってことかな…?
  • クラシックの最初のミッションでモグラ×3が出たときの絶望感がすごい。
  • ↑↑↑ 3のキノコとか2のカボチャは2回以上出てるけど、割と1回きりの登場のモンスターは多いよね
  • 炎竜、氷竜、雷竜、土竜と並べると大物感がヤバい
  • ↑正体を知らなければ、スゲェ、カッコイイーってなる。
  • 新ではミニイベントで何回も出てきたり初希少種イベントがこいつだったりとかなり優遇されている。
  • ↑新に限らずこいつはかなり優遇されてる。無印→ブーツhage、おそらく多くの無印プレイヤーのシリーズ初hage、2→まさかのFOE化、3→3層雑魚に格上げ、4→5層雑魚に格上げ&新種の氷モグラ追加
  • 3はちょっとこじつけっぽいな。でも優遇されてるのは事実。
  • 3のこいつは3層の雑魚だが、あんな熱そうな地面の中に潜ったりするのかね
  • 3は味方として呼び出せるところだろう
  • 世界樹のモグラは宇宙人みたいでなんかやだ...
  • 新2のホーム画面に登場。
  • ↑毒アゲハと予想してたのに外れたぜ
  • 新2体験版の範囲においてグリモア精製にはコイツを使っていた
  • ヤモリのような両生類っぽい見た目で割とキモいのだが、やっぱり付き合いが長いと結構愛着も湧く
  • 実在する動物で通常雑魚だというのに記憶に残る。
  • セカダンではデブータ系のポジションのようだ
  • 序盤に出現する割には投石の威力も高く、また近接では爪による高威力の攻撃もあり強敵、腕封じにするのが対策だろうか
  • モグラって茶色い毛皮で地味なのに、どうしてこうなった。やはり世界樹は魔境である。
  • 4でアゲハさんや懐かしい面々とパワーアップして登場してくれたときは、本当に嬉しかった。ここで出すとは、開発陣わかってるなぁ、粋な計らいだなぁと思ったものだ。じつに素晴らしいサプライズだった。
  • 5やってると恋しくなる
コメント: