■ソードマン♂2(赤)


Q.このキャラに対するあなたの年齢イメージは?
選択肢 投票
中学生以下 (14)
高校生くらい (65)
大学生くらい (24)
それ以上 (8)

Q.あなたのソードマン♂2に対するイメージは?(個人的イメージで全然構いません。あと項目は追記可です)
順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 熱血主人公 52 (28%)
2 隻眼 27 (15%)
3 チェイス属性はファイア 23 (12%)
4 寡黙 14 (8%)
5 実は両目とも見えてる 13 (7%)
6 兄貴キャラ 10 (5%)
7 戦闘中の声エレンっぽそう 8 (4%)
8 師匠がいる 5 (3%)
9 ウインク(*・∀-)☆ 4 (2%)
10 影薄め 4 (2%)
11 憧れの先輩がいる 4 (2%)
12 ピンクアーマー 3 (2%)
13 リッド 3 (2%)
14 丁寧語 3 (2%)
15 脳筋 3 (2%)
16 語尾は「~っス!」 3 (2%)
17 CV:檜山修之 2 (1%)
18 天然ジゴロ 2 (1%)
19 青春 2 (1%)
20 緊張しい 1 (1%)
その他
投票総数 186


↓その他、自分設定やこのキャラに付けた名前等お好きにどうぞー。

  • 通称「赤ソド」。
  • 瞑ったままの左目は脳内設定の宝箱
  • 赤ソド子は優遇されているという記述があったが、逆にこの男はゲームで使われている立ち絵以外の姿を見た事がない。きっと彼は秘密兵器に違いない。素晴しい。
  • 隻眼設定に則って「一つ目の赤鬼」という異名が浮かんだ。まぁ、私自身はこのキャラ使ったこと無いのだけれど。
  • 片目瞑ってなければアドルって名付けたのに
  • 赤ソドを他のソードマン達と並べて見比べると何か浮いて感じる。この違和感は赤ソド以外のソードマン達の鎧が比較的落ち着いた色合いなのに対し、この人は頭髪色を考慮したような全身赤(ピンク?)の鎧でバシッとキメているからだと思う。別に全身赤の鎧が珍しいわけでも悪いわけでもない。むしろ、デザインの差別化が図れて褒められる点かもしれない。だから、こんなことを気にする私の方がどうかしている。
  • しかし、他の鎧着用職(パラ、プリ、ファラ)と比較しても彼の全身赤色は目立つ。こんなのはアナザーカラーにもいない。故にSQの世界観的に見て、彼が少し珍しい格好をしていることは間違いないと思う。それはなんというのか「普段とても真面目で優しいヤツなんだけどプライベートでは何故に世紀末ファッション?」という人に対する違和感に似ている気がする。(別に悪いと言っているわけではない。というか、例えが宜しくなかったかもしれない。)前置きが長くなったが、要するこういうことが言いたいのだ。…あなたは一体その鎧、どこで買ってきたんだ?
  • ピンクは肉の色だから敵をスプラッタにしても目立たないって偉い人が言ってた。
  • 目立つ衣装は警戒色で、無駄な争いを避けるためのものでは?あと士気を鼓舞するためとか。戦国武将とかもやたらカブいた衣装や鎧が結構あるし。
  • ↑↑↑赤い鎧がなかったから塗ったとか?
  • そんなこと気にせずに「俺、赤色好きだから!」とも言いそうである。
  • ソードマンの中では一番好きだしギルドリーダーに据えていつも連れまわしてたけどいろいろ見て回ると影薄くて悲しい。
  • うちの場合名前が「シン」なので、影が薄くても全く問題無い。
  • ウチの奴はやたら罠踏んだり集中砲火喰らったりのせいで不幸キャラ&みんなの盾キャラが定着してる。でも戦闘では最後まで生き残ってることが多い。不思議。
  • 強敵に不意打ちを喰らって真っ先に昇天するかと思えば、最後に残った一人になったりする。元々ソードマンというクラスがそういうキャラクターだが、コイツの場合特にそういう境遇がハマる。
  • 青ソドが名脇役どまりなのに対し、明らかな主人公顏。許さん
  • 4のソードマンに来てほしい
  • CV・石田彰
  • アイコン可愛すぎるww
  • えっえ…あの~その~[ムぅ…]
  • こいつの肩は赤く塗らねぇのか?
  • 隻眼…ピンク…斧………ハッ!? ク、クロコダイーン!!
  • 眼鏡ケミ子に次ぐ第二俺の嫁であり、イケプリへと続く第一俺の婿でもある
  • なんか、地味に扱い酷いね、この人・・・
  • こういう「いかにも勇者!」って感じのデザインは世界樹にはあんまり合わないと思う
    かっこいいっちゃかっこいいんだけどね
  • SSQ漫画に1コマだけちらっと映ってたのはこの子かな?すげえ悪そうな顔してたけど(笑)
  • 2でのイラスト勇ましくてかっこよくて好きだわ
  • 露出度が低くて体格のいい成人女性冒険者として見ることも可能なデザイン。こうして要素を並べるとかなりの熟練・先達っぽさであり、物語中盤で退場しそうでもあるが
コメント: