■ドクトルマグス♂2(爺)


Q.このキャラに対するあなたの年齢イメージは?
選択肢 投票
おっさん (3)
じいさん (19)
ン百歳 (42)

Q.あなたのドクトルマグス♂2に対するイメージは?(個人的イメージで全然構いません。あと項目は追記可です)
順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 頭の中にダイナマイト 67 (42%)
2 教授 22 (14%)
3 貴族 14 (9%)
4 CV:若本則夫 11 (7%)
5 ヴィズル 8 (5%)
6 モノクルがカッコイイ 6 (4%)
7 大魔導師 6 (4%)
8 誰かに仕えていそう 5 (3%)
9 貴重なメガネキャラ 5 (3%)
10 ノーライフキング 3 (2%)
11 メイドをたくさんはべらしてそう 3 (2%)
12 イチロ 2 (1%)
13 カー〇ルサンダース 2 (1%)
14 セバスチャン 2 (1%)
15 かわいそうなドク爺 1 (1%)
16 テラ 1 (1%)
17 魔界の王にして全ての吸血鬼の長 1 (1%)
その他
投票総数 159


↓その他、自分設定やこのキャラに付けた名前等お好きにどうぞー。

  • 通称「ドク爺」。
  • この貫禄ッぷりにレベル1からとか使い辛い、引退して新人というのも使い辛い、かっこいいんだけどなぁ
  • ちりめん問屋の御隠居、あらため新人ドクトルマグスと考えれば無問題。
  • 過程は無視して99+1にしちゃえば良いよ!
  • 我が家は金マグの屋敷の執事長という設定。お目付け役でもあるよ。
  • ↑4 老人系キャラの悲しさだな。だがそこで「未熟なパーティメンバーたちが実戦の中で成長できるよう、あえて力をセーブしつつ見守っていた」説を推す。これなら他のメンバーの強化と一緒に徐々に本気を出していくイメージになるんじゃないかな。
  • 俺は迷宮ごとに必要な技術が違うからだと思う。ほら、エトリアを制覇したギルドだってハイラガでは新米ギルドと同じレベルだっただろ?そんな感じで、爺さんはよその迷宮じゃレベル99ぐらいだけど、ハイラガには慣れてないからレベル1なんだよ。
  • 毒爺「冒険とか好きだから、装備と経験値は捨ててきた」
  • 2の武器ならば、何を持たせても似合う。
  • レベル101だけど表記の関係で1になってるんだよ。
  • 世界樹シリーズで一番カッコいい眼鏡っ漢。
  • エンディングのスタッフロールの中で、空を見上げた主人公達の思い出の中に出てきそう。(オーバーロード戦で戦士)
  • ↑、戦死。
  • ↑×12だけど、みんなのお陰で使えそうな気がしてくる
  • どっかの大佐みたく「本当は強いんだけど力を封じられてる」設定は?
  • プレイヤーキャラ有数の美白キャラ
  • 未だに力を失って(老けて)蘇ったヴィズルにしか見えない
  • むしろ老けたヴィクトル
  • 俺はLV1の理由をドクトルの才能があったのに今まで普通の生活してたからだと思ってる
  • 隠居した爺ちゃんだったけど、若い冒険者に誘われて…って設定が。しばらく現場から離れていたから最初は強くないんだよ…!
  • ↑俺の設定ではただのコスプレしたジジイ
  • 「爺、お許しください!」
  • ↑よくもこんなキチガイコメントを!
  • アムリタ好きかい?
  • ↑うん、大好きSA☆
  • 100ピッタリ
  • 執事設定は俺だけなのか
  • ↑セバスチャンとかそういう感じの名前が似合いそうだよね
  • システム的に休養しまくったからレベル1という理由が一番しっくり来る、かもしれない
  • 雇われるときにレベル1ですじゃと言ってガッカリされるタイプ
  • 呪吸大斬の「吸」の字のせいで吸血鬼の印象が強い、片眼鏡や金の鎖といった小物も拍車をかける
  • ↑ドラキュラ伯爵だけにってか
  • よく考えればエトリアにもアモロにもいたよねこの人。ブシとショグとして。
  • なんでボルガ博士がトップなんだよwww
  • イチロにしたのは俺だけでいい
  • 投票欄に少年が無くてひと安心。
  • 引退、お許しください!
  • 転化好きかい?
  • うん、大好きさ!  呪いカスメと組ませてTPウハウハ
  • おいらも大好きでげす
  • そういやオーバーロードは拉致して改造とかしてるもんな
  • そうか 頭の中に爆弾が・・・
  • お許しください
  • しいたけのお爺ちゃん設定だった
  • 一般通過爺という名前のキャラを作りたいのだがこいつにするかブシ爺にするか……
  • 完全にラスボス
  • SQ2で99引退99の全数値99のこいつを作ったわ
  • 軽業の旋律で回避ブーストしたこいつが敵の攻撃を身軽に避けまくっている光景がシュールすぎて笑える。自ギルドでは日常茶飯事なんだ
コメント: