■ダブルショット

  • 1、2に登場するレンジャーの攻撃スキル。弓から複数の矢を放ち攻撃
  • 特に1では10振りで3発発射可能になり、当時のレンジャーの高ステータスも相まって異常な威力となった。
  • 一方の2では、最大まで上げても2発止まり。レンジャー弱体化を象徴する仕様変更の1つである。
  • 雷竜及びクローン3竜、強FOEでも大活躍。バードやカスメとの相性もバッチリ。
  • 1では敵が一体の場合はツバメ返しとまったく同様に運用できた。むしろ後列から使えて、なおかつ構える手間がかからない分こちらの方が強力だったとさえ言える。
  • ダブルじゃないじゃんと突っ込んだら負け
  • 2で運用する場合はむしろ1振り止め推奨。対集団雑魚戦用のスキルと割り切れば、初手の削りに便利な低燃費の良スキルとなる。
  • フォレストセル(モンスター)にはサジ矢に頼らないこれ一本でsageた例が載っている。
  • 2が弱いんじゃない・・・1が強すぎたんだ!
  • 新世界樹でもしっかりレンジャーのスキルとして登場しているが、2と同じく最大まで上げても2発止まりな上に旧無印よりTPとSPを食うという仕打ちを受けている。酷い
  • いっそサジタリ打つターン以外は補助に徹してもいいかもしれない
  • ↑うちのレンジャーは戦闘ではサジ矢とアザステしかしない
  • サジ矢、ダブショ、先制系、アザステは無印のレンジャーのぶっ壊れ性能を象徴するスキルである
  • ダブル(3回)
  • トリプルショットだーとか言ったあたしは負け組。
  • 1はこれとサジ矢前提にしたとしか思えない箇所がいくつかあるんだよなぁ
  • PVを見る限りはこのスキルで縛っている
    レベルが上がれば縛れるようになるのか、はたまたスキルに縛りの効果が付くパッシブでもあるのだろうか
  • ↑多分後者と思う。エイミングフットがパッシブ化されたか?
  • ↑ああなるほどね
    しかしそうならダメージがデカいがあまり当たらないスキルも使いやすくなるな、例えばあるかどうかはわからないけどスコールショットとか
  • 縛り効果がつくパッシブかー ありがたいような、そうでもないような。
  • ↑×2 4の弓スキルか…フランクショットはあったけどな
  • ↑↑新2では「封じ付着率アップ」といったパッシブがあるようなので、「スキルの効果に封じ付与を追加」などの敵スキルグリモア装備の可能性も?
  • 4のソニックレイドや3のスナイプみたいに武器の属性や状態異常が乗るようになった(PVでは脚縛り付与弓を装備していた)のかもしれない
  • ↑そのスキルは属性鍛冶は乗るけど状態異常鍛冶は乗らないぞ
  • 新1以前は敵全体からランダム対象に2回だったが、新2では敵1体に2回攻撃となった。癖のない遠隔単体高威力として使いやすくなったと見て、複数対象はフランクショットや五月雨撃ちに任せよう。なおペネトレイトの発動条件(=単体に単発攻撃)を満たさない点に注意。
  • やっぱり初代の10振りしたら3連射っていうのは粋な計らいだった。嬉しいサプライズだった。良かったじゃない、あのままでと今でも思う。
  • 新2では今のところ、ほとんどダブショを使ってないことに気付いた。威力に比べて消費が重い感じがする。フランクショットの方が便利だったかな……(こちらも過去形
  • フランクショットにも言えるけどエイミングフットによる封じ発生判定が複数回あるという利点もある。封じたくないときに封じちゃう確率もUP。
コメント: