■脇差


  • ⅠⅡ 金属質の刃を持つ切れ味鋭い短めのカタナ。
  • Ⅲ 金属製の刃を持つ短めの刀。空き×1
  • 本差が使えないときの予備の武器。大抵の場合大小拵えの小刀をさす。
  • 合戦時に組み合いになった時や、トドメを刺す時は太刀ではなく、取り回しのし易いこちらを使ったそうです。
  • 必殺仕事人の中村主水が仕事で頻繁に使うもの。
  • 4層も中盤にならないと手に入らない。アリ退治やママ竜(レアドロ)を出来ないままショーグン解禁にはしゃいでたら、刀が一つも売られてないなんてオチが待ってるのは酷いと思う。
  • ↑ うちのショーグンもこれが手にはいるまでナイフでした・・・。でてくるのおせぇよ・・・。
  • 攻撃力の高さについシノビに持たせてガッカリすることも。
  • 卍解しても13kmには伸びまへんで。
  • Ⅰでは売りに出されてもブシドーが加入出来るようになる前に他の新商品が並び、Ⅲでもこれが手に入る以前に強いものが手に入るor初めての刀入手がクラス取得より後、どっちに転んでも残念な扱いである。
  • 4では初期武器として登場。

    後に出てくる拡張性に優れた『打刀(攻撃力+111 (空き)×4 素材:第4大地の火炎ネズミDrop「火鼠の前歯」×1 =作成も鍛治も容易 )』が出てくるまではお世話になることだろう。
  • 新でも登場。初めの一振りの立ち位置を刺刀に譲って地味に地位向上。
  • 実は武士でなくても脇差は持つことを許されていたそうな。そして、脇差でならば刃向かうことも許されていたらしい。ただし、刃向かった次の瞬間叩っ斬ることが多かったらしいが…
  • 当時の893者が持つ脇差は「質より数」を重視した粗悪品であり、決闘などに使うとすぐに欠けたり折れたりしてしまうという
  • 新1
    鋼質の刃を持つ切れ味鋭い短めの刀
    建物内等天井が低い場所でも問題なく使える
    攻撃力35 AGI+1
  • 新2
    硬い殻によって鍛え上げられた
    切れ味鋭い短めのカタナ
    攻撃力36
  • V
    小さく小回りが利くため乱戦等で役に立つ
    鋭い切れ味を持つ短刀
    ATK+18 MAT+12
  • 世界樹X
    建物内等天井が低い場所でも問題なく使える
    切れ味鋭い短めの刀
    ATK+14 MAT+7
  • 説明文を見てると、ゴブリン〇レイヤーのあのシーンを思い出す。
  • 最弱でも「切れ味鋭い」所は腐っても刀。
コメント: