■カラドボルグ


  • Ⅲ 天地を切り裂く呪われた魔剣。空き×4
  • 元ネタはケルト神話に登場する名剣。その名は「硬い稲妻」を意味する。虹の端から端まで伸びて山すらも切り裂くことができた。
  • 性能は真竜の剣の廉価版といったところ。逆鱗マラソンが面倒なら、こっちを鍛えるといいかも。
  • 宝典マラソンのオマケ。が、6層以降で売り出される剣はどれもこれも素材が厄介極まりないので真竜の剣を除けば一番手ごろな剣でもある。
  • 説明に、「常に震える魔剣」とある。マッサージ機の代わりにもなるかも。
  • 誰かに会いたいのか…。
  • 某聖杯戦争で弓兵が使う技
  • ↑正確には後ろに~Ⅱと付く
  • ↑日本語表記だと偽・螺旋剣
  • 震える剣。●ログレッシブ・ナイフみたいな感じだろうか。
  • 高周波ブレードか・・・技術進歩してんな
  • 高齢なんだろう
  • 高周波ブレード・・・カーズかな?
  • FGOではタケシが使っている
  • ↑某携帯獣の方を連想してしまいビビって、よく見たら違った。どうして震えてるんだろう……
コメント: