■オオヤマネコ
  • 世界樹の迷宮3に登場するモンスター。単体攻撃しかしてこないが、まだ装備の貧弱な冒険者にはその攻撃力は驚異であるニャ。
  • 1Fから出没するがうっかりするとファラでも即死する。奥に行くまで出てこないので、しばらくは入り口周辺でレベル上げしよう。
  • FOEではなく通常モンスターなのがよけい危険度を上げている。
  • よく訓練された世界樹プレイヤーを、ある意味で最初に喜ばせてくれるエネミー。
  • たしかに。一撃ずつでうちの前衛が死んで敗走するとき「やっぱ世界樹はこうでないと」とちょっとうれしかった。
  • 普通のプレイヤー:特に気にせず奥地に行って痛い目を見てそのまま全滅、やってらんねー!
  • よく訓練された世界樹プレイヤー:念入りに入り口付近でレベルを上げて、弱点の炎も使って見事に対処する。
  • よく調教された世界樹プレイヤー:わくわくしながら奥地に行って痛い目を見て大喜びする。
  • 俺を高ぶらせる猛者はおらんのかと、一階ではしゃいでいるところをバッサリ切ってくれるありがたい存在
  • 同じフロア内には魚のモンスターも出現するが、『オサカナくわえたドラネコ』とはならず、オサカナとドラネコで夢の黄金タッグを結成し冒険者に向かってくる始末。食物連鎖を体現するアリクイたちと違い、瀕死でも崩れない強固な絆を持つ。
  • 初心者だった私はゲーム開始から一度もセーブせずにマッピングを終えた頃にこいつと遭遇したのです。
  • gtmtのメインPTでも、遭遇するとビビる・・・トラウマって怖いね!
  • 3が初見世界樹だった私に世界樹の魅力を最初に教えてくれた子。
  • ↑に同じく。全力で戦ってhage散らかされるたびにうっとりするようになった。
  • ファラが即死した時は「歴代最難じゃね?」と思いました
  • 天然危険物
  • だれうまw
  • ポ○モンやFF、DQは手ぬるいものと3から始めた私は謎の快感と共に感じました
  • 最初の敵雑魚ぃwって思って「わしを殺せるものはおるか」って思ったら出会いました
  • ↑魏延乙だにゃ
  • ↑オオヤマネコ「ここにいるぞぉ!」
  • 現実のものはリンクスとも呼ばれ、体重20kg程にもなる大きさ。体重5kg程度のイエネコとはだいぶ異なり、顔つきも厳つくチーターなどに近い。大型の固体は鹿をも捕食するとか。
  • ↑リアルモンスターじゃねーかwwwよく考えたら重火器なしでカバとか倒す冒険者マジ怪物
  • 最近始めたんだがこいつのせいで蘇生量ががががが
  • こいつに出会った時「今作のFOEはマップに表示されないのかよ!」って思った…いやまじで
  • ネコとアヒルが力をあわせてー
  • アンソロジーコミックの、とある話でオオヤマネコのこどもがでてくるやつがあったんだけど、すごく可愛かった。
  • 初めて世界樹をプレイした私に逃げるという選択肢の大切さを教えてくれたにゃんこです
  • ボウケンシャうまいうまいww←(マグロうまい猫ネタ)
  • ↑×4某CM「ネコとアヒル(ビックビル)が力を合わせて皆のhageを~♪」
  • にゃーん
  • こいつのせいで危うく世界樹3アンチになるところだった
  • ↑何を言うんだそれでいいのに 3は迷走しすぎでシリーズを汚したからアンチになりんさい
  • どうしちゃったんだい?
  • ↑2 ?
  • 「1・2からやってきた俺からすると3はヌルすぎだわー、クソゲー。」的な感じなんでしょ。自称世界樹通、世界樹上級者、世界樹名人さんの上から目線だからほっとけ。
  • 一応火が弱点なのでゾディ入りのPTなら開幕で食いちぎりされなければどうにかなったりする
  • (^o^)/ヤマネコ
  • だいぶ↑角鹿:「食われる…(がたがた」
  • 3におけるボウケンシャーへの最初の試練だニャ。
  • oh!ヤマネコだニャ。
  • スナイパー秘宝2の動画の、前足バタバタの動きが可愛らしい
  • ↑確かに可愛いよな、しかしLv25くらいで戦うモンスターになったのは驚いた
  • レアドロ条件はおそらく腕封じ状態で撃破
  • 顔の印象はマージョ一味のネコメカ的な。
  • 何度でも冒険者がゾンビのように蘇ってくるから、僕は食料に困らないのニャ。
  • 4にも登場、どうやら元々飼われていたらしい
  • Ⅳでは第二大地から登場。初見殺しではないものの、やはり食いちぎりが痛いのでさっさと炎属性で倒すのが吉
  • なにげにヤマネコ系列では一番体が大きい。名前はダテじゃない。
  • 単体物理攻撃しかないため、最初こそ厳しい敵だが曲者揃いの二層で最終的に唯一の癒しの存在になる
  • キルヨネンさんがよく懐かれて困ってる
  • 通称、天然危険物
  • 猫と言うよりはデカい虎みたいな感じでしょうかね、ギルメンに変な事をしたら三味線の原料にしますけどね。
  • 一度鳴き声を聞いてみたい
  • 待機モーションがじゃれてくる感じでかわいい
  • ↑7 確認したけど確かにでかいねww
  • ↑2 但し初見ではhageる
  • 前足わさわさ可愛い
  • ラフレシアに次ぐ気持ちいい吹っ飛び方
  • 三大ぶっとび名人:ペルシアン(ヤマネコ系) アバゴーラ(カメェェ!系) ラフレシア(ラフレシア)
  • ↑2モンスター  オオヤマネコ  じゅかいのぶっとびキャット!(某ジムリ風
  • SQ3で今作は毒アゲハが出てこないのか〜と思ったけれど、こいつの一撃でウォリアーがhageたとき、ショックでクソゲーか!と思ってしまったw。ヤマネコ「ウホッ!いい冒険者。食いたいな」ボウケンシャー「アーッ!」な流れかも。
  • こいつに4人殺られて残った一人が泣きながら逃げ帰るのが最序盤の黄金パターンだった。そしてそれのせいで危うく所持金がなくなりかけたこともあったな…
  • 初めて戦った時はFOEかと思った に超同意
  • 超同意だが、やっぱり所詮雑魚だったりする
  • 死にデリ縛り最初の敵
  • 強力な顎が旨そうだ
  • 4 だとそんな強くなかった。両前足でわさわさっとじゃれてくる姿が可愛い
  • 2層相当のモンスが一つ前の作では1層で出てきていたということになるな
  • 深海の戦姫では、首や、可愛い猫耳を容赦なく斬られる。首を持って帰って飾りたい。
  • ファラ死にましたぁー。…なんてこったい
  • 3の図鑑では初心者と熟練者の双方の視点で記述がされている。初めて遭遇するレベルを基準に文章が書かれているモンスター図鑑の中ではかなり珍しいタイプの解説である。
  • まあ3の迷宮は2層の途中までは余裕で行けるボウケンシャーも割といたろうしな。そこから先に行こうとしたのは全部オランピアさんの餌食になってるけど。
  • SQ1、やっとコンプ。SQ2、Lv99マラソン絶賛放置中……そしてファミコン版の初代DQ、FF、WIZから連綿と培ってきたRPGの常識を覆す、SQ3のネコ。まだB1Fなのに……我がギルドの前衛とともに、オッサンのプライドまでズタズタにされました……わかりますか、この気持ちがっっっx!(誰と話してるんだ俺
  • ……いい歳して少々取り乱してしまいました……今はさほどでもない状態に落ち着きましたが、SQ2ペットの白虎との対戦が見てみたかったです。
  • B2Fの鳥も、ヤマネコさんのインパクトには及ばない。
  • 3から始めた俺は「これが世界樹か…」と思い知らされた。そしてレベルが上がって一撃で倒せるようになると嬉しいけど寂しい、それが世界樹。だと思う
  • 初見のとき、コイツに全滅させられかけて「やはり世界樹だな」と安心したのは俺だけじゃないと思いたい。
  • ↑だいぶ上 4のドラマCDでは鳴き声と言うか断末魔を聞ける
  • それでも2の兵士に比べたら全然ぬるい敵である。
  • 噛みつき魚弱いし一階は楽勝 そう思っていた時期もありました
  • セカダンではびっくりするほど弱くなって登場s
  • 俺は新SQ2の料理店名を「山猫軒」にしたんだが、新2にオオヤマネコが登場しないのと、料理店の看板が羊である事が残念。
  • 3と4での図鑑説明でも「元々は人に飼われていた」のですか?
  • ↑3は未プレイなので分かりませんが、4に関して言えば図鑑の説明文はセカダンと一字一句違えず同じです。
  • ひさびさに3再プレイしたのだが・・・結構手前でも出てくるのかよ。(b-3(2.5))幸い1人のみの犠牲で済んだけど。
  • ゆるふわゾディむしゃむしゃ
  • ↑食べちゃダメー!
  • 「ネコまっしぐら♪」昔やってたカ○カンのCM。なお3でまっしぐらされるのはボウケンシャーの模様。
  • 『魔界諸行ネコか☆hageか3』第1話「地下一階で遭った、ような・・・・・」第2話「それはとっても烈しいなって」第3話「もうサカナも恐くない」第4話「鎧も、盾も、あるんだよ」第5話「食いちぎりなんて、ありえない」第6話「こんなの絶対勝てないよ」第7話「自分のHPと向き合えますか?」第8話「あたしたちって、ほんとhage」第9話「そんなの、ネコが許さない」第10話「もう前衛にも頼れない」第11話「最後に残ったわたし独り」最終話「わたしの、最期の起動符」
  • ヤマネコさん「わけがわからないよ」
  • 【旧迷宮エヴァンゲリスト参(新が出た場合“Q”)】第壱話「ネコ、襲来」第弐話「見知らぬ、天敵」第参話「効かない、防具」第四話「食いちぎり、逃げ出した後」第伍話「花畑、日付けのむこうに」第六話「決戦、地下壱階」第七話「樹海の育みしもの」第八話「ネコ、強襲」第九話「瞬間、前衛、倒れて」第拾話「マンイーター」第拾壱話「壊滅した前列の中で」第拾弐話「防御の価値は」第拾参話「ネコ、不意打ち」第拾四話「初心者、生死の差」第拾伍話「敗走と沈黙」第拾六話「死に至る深手、そして」第拾七話「四回目のhage」第拾八話「逃走の選択を」第拾九話「背水の戦い」第弐拾話「ネコのかたち、命のかたち」第弐拾壱話「ギルメン、追加登録」第弐拾弐話「せめて、盾職らしく」第弐拾参話「血涙」第弐拾四話「最後の生存者」第弐拾伍話「終わるパーティ」最終話「樹海の一階で糸を使ったもの」
  • ヤマネコさん「逃げればいいと思うよ」
  • こいつのドロップで作れる獣寄せの鈴と伐採品からできるテリアかα目当てで瘴気の森に通いつめた
  • 体験会の感想と返答で判明したのだが、「マッドドッグ」なるヤマネコの意志を受け継ぐ魔物がおるそうな。ドラグーンが一撃で死ぬかもしれない・・・
  • 3では一層、4では二層としっかり出世したはずなのに物足りなくなったと言うか残念になったと言うか…
  • どっちかというと後継者は人喰いウサギだったな
  • ねこです。よろしくおねがいします。
  • 4での印象が薄いという意見が多いが、一階層クリア直後の瘴気の森ではダントツのタフネスを誇り、攻撃力も高い。盲目や腕封じが入りやすく対処しやすいのが原因か。
コメント:


■関連項目