■鍛冶

  • 世界樹の迷宮の3以降のナンバリングタイトルに登場するシステム。
<3での仕様>
  • 鍛冶用のハンマーを入手するとネイピア商会にて実行可能に。
  • 素材を売った分だけしか強化出来ないうえに、1回ごとに消費するため強化を躊躇われる装備も多々。
  • とはいえステータス強化、属性付与、状態異常効果付与など柔軟に強化できるのはやはり心強い。
  • ハンマー自体が消滅することは無い。俺は勘違いしてハンマーを後生大事に未使用で確保してました。
  • 火・氷・雷の3属性は1種類でしか強化できない。それに気づかない私は3回ぐらい無意味な上書きをしてました。
  • ↑ロマンだもんね三色武器
  • 強化システムとしてはシンプルで使いやすい。
  • フリースロットは上書き可能。もし上書き不可だったらと思うと恐怖。
  • はたして鍛冶をしてるのは誰なのか。
  • 実はセルフサービスです
  • ↑よし、ウォリアーの出番じゃ。
  • 某不思議のダンジョンと違って武器そのものの強さは強化できないけどその分効果付与のバリエーションがあるね。
  • 気休めに1スロットに入れた状態異常がたまに入ったりすると得をした気分
  • 苦無に頭腕脚縛りをそれぞれ入れるとルーレットみたいで少し楽しい。シノビソロのお供に。
  • せめて素材かenのどちらかだけで強化できれば…。シナリオ進行中の使いどころは、サブゾディ特異点持ちの物理職の武器に属性付与するときくらいか。
  • ↑逆に周回後は、天羽々斬や真竜の剣・布都御魂など、活躍の機会は多い。
  • 対象は武器のみ。防具を強化できないのは残念
  • 武器に毒付与とかってシノビっぽいと勝手に思ってたり
  • 状態異常系の鍛冶は通常攻撃の機会が少ないクラスだと腐りやすい

<4での仕様>
  • 4ではen無しで素材在庫のみで強化できるようになった。
  • 混乱時は気を付けろよ?仲間攻撃しちゃって鍛冶で武器につけた状態以上も入る時は入るんだからな!?俺はそれでボウケンシャー一人旅で混乱させられて自分殴って鍛冶で付着させといた石化入っちまったからな!?しかもそれメディックだぞ!?
  • ↑状態異常な!
  • 3と4のATKの仕様は微妙に異なり、3はSTR依存の攻撃力を上げる効果(※ただし召喚したビーストは対象外の模様)で、4は物理攻撃の攻撃力を上げる効果となる。3だとメテオにATKは反映されないがシュートには効果がある。4だと純粋な無属性攻撃(STR依存)のオーバードライブ、咆哮は強化されない。
  • 4の即死ハンマーって6の3? まさか取りのがしなんてことは……
  • 縛りや状態異常付加は条件ドロップを満たすのにも使える、毒付加すれば非物理も満たせる
  • 新世界樹ではリストラ。4で強すぎたからか?
  • ↑在庫制もかなりゆるくなったし単純に1準拠になっただけじゃない?スキルも2で消えたものとかも帰ってきたし
  • ↑↑ 1に鍛冶システムなかったから、そこはあんまり気にならなかった。あれば便利だろうけど。
  • このシステムのせいで3と4では深層をうろついて裏ボスを刈っては2週間寝っぱなしの生活を100回以上こなす廃人ギルドも少なくない
    今日も二刀ショーグンにATK・属性・スタン・縛りなどに特化したハバキリやATK・ELM8振りの剣や弓や短剣に宝剣を作成する日々が始まる
  • 即死と石化はなんか世界樹武器に入れたらもったいない感じがする。裏ボスには効かないし…
  • 結局使わずに終わる人と、最強武器だけを鍛えまくる人の2種類な気がする
  • ↑2 しかし4には石化スキルが無いからな…条件ドロップのお供に欠かせないぞ

<5での仕様>
  • 5に出るらしいな、スキル付与できるとの事。グリモアみたいに他職のスキルが使えるタイプなら運要素が軽減か無くなると良いな
  • 5では今のところPTに封じ役になれそうな奴がいないからこれで全員の武器に封じスキル付けて疑似的に封じ役させるようなことをしてみたいなあ……無理かもしれないけど
  • 武器に 「能力↑」とあるのは鍛冶で強化すると発動するっぽさそう
  • 5ではシステムが若干変更された。最高まで強化すると攻撃力だけでも15近く上がる。簡単に手に入る素材なら積極的に強化していってもいいだろう。
  • Ⅴでは鍛冶ハンマー制が廃止され、武器の素材もしくは鍛冶用アイテムのインゴットをを消費して武器自体を強化するようになった。
    全武器一律で+5まで強化可能(唯一品や初期販売武器は鍛冶不可)、付加効果(ステータス上昇や追加スキル)は武器ごとに固定で変更不可、インゴットや素材をどう組み合わせて強化しても+5での性能は変わらない、などシステムが変更。
    また+5の武器はリサイクルすることでインゴットの材料である断片にすることが可能で、新武器に性能が劣ってきても無駄にならない。enもⅣと同じく不要なので積極的に鍛冶をしやすいシステムになったと言える。
  • 付随効果は中々バカにできず、武器の買い換えが躊躇われること多し。老木の弓とかキリン弓とか燭台切とか猫耳棺桶とか、ずっと使ってたプレイヤーもいるはず(ネコミミ棺桶は自分だけかもしれんが)。
  • ↑確かに、自分もダメージ与えないハーバリストはずっとキリン弓だった。
  • アクティブスキルがつく武器の場合は+5で消費TPが跳ね上がることがあるので、場合によってはスキル同様+4で止める手がある。
  • マカセテヨカンカンヤッターウマクイッタヨー
  • ヤッタ-!ウマクイッタヨーカンカン
  • ↑って書き込もうとしたら↑↑にもうあったのねw
  • ↑セリクの項目行ってみんしゃい ↑2の文章たーんとあるぞ
  • ただちょっと+5で性能が大幅に変化する武器とか後半辺りにあった方がよかったかもしれない。ATK低めだなと思ったらSTRが異常に上がって逆転するとか、逆にMAT低めと思ったらINTが凄まじく伸びるとか
  • 誰も知らないと思うがセリクのヤッタ-はキャンセルして素早く次の入力に移ることが出来る。タイミングは非常にシビア
  • 鉱石の鎌から銅断片、バスタードソードかハンティングボウから銀断片、レリクアリーから金断片作るのが効率がいいと思われる
  • enに余裕があればハルパーから銅断片×4もいい
  • 鍛治の有用性分かってない初心者多すぎ問題。なぜこの便利さに気づけないのか
コメント: