■脳内設定

  • 世界樹のようなキャラメイクができるゲームにおいて一部プレイヤーにとって必要不可欠な要素。
  • 二次創作をやる上でのネタの元でもある。
  • 「髪の色が似てるから家族」は定番。
  • もともとわざと想像の余地を大きく取っているゲームなので、妄想の翼は羽ばたいてとどまるところを知らない。
  • 場所を間違えると非常に鬱陶しがられるので、空気を読みつつ楽しみましょう
  • 妄想が行き過ぎると「世界樹の迷宮」じゃなくなってるんじゃね?と自分で思う事がある。
  • だが、それがいいッッ!!
  • ししょー派と金パラ子派の溝は深い。
  • ↑×6 うちのバリ姐とでこパイは親子ですが何か?
  • ブシドー♀とシノビ♀は同一人物とするか姉妹とするかはたまた全くの他人か…悩みどころですな。うむ。
  • ↑母と娘…は少数派か。世代交代派は肩身が狭いぜ。
  • ↑子持ち…だと…その発想はなかったが…ちょっとドキドキしてきた。
  • ↑↑ナイスな設定だと思う。時の流れを感じるねぇ。ヒメ子さんはいい母親になるはずさ
  • ↑↑↑ウチも「IIIのメンバーはI・IIの子供世代」って設定にしてた。
  • このように各々が様々な脳内設定を繰り広げている。
  • こんな項目あったんだ
  • 各キャラに勝手に声を設定して、一人悦に入っておりまする。
  • NPCの子供という設定の仕方もある
  • ↑何故ウチの紫ゾディ子が紫カメ子とフロなんとかさんの子供と分かった
  • ↑↑何故うちの褐ダクがクァナーンの子だとわかった
  • ↑↑ちょっと待てカメ子に手を出すとか風呂さん犯罪じゃねぇか
  • ↑↑↑フロさん、、、あなたは大変な者を盗みました。よって抹殺します
  • ラスボスを倒しても、隠しボスを全部倒しても、どんなにやりこんでも、これは終わらない。
  • 自分の場合、これをするために世界樹を買ったと言っても過言ではない。
  • Ⅲにおいてサブクラスを取得する際、脳内キャライメージと実用性の狭間での葛藤は日常茶飯事。うちの褐色ウォリはアホの子設定なのにサブゾディなんて・・・と小一時間悩んだ。
  • ↑片手で弩振り回す怪力幼女なうちのゆるふわゾディが何だって?
  • 脳内設定が出来るのも世界樹の魅力
  • この妄想が出来るのもひむかい氏のキャラクターデザインの素晴らしさがあってこそである
  • 幼女系キャラを引退させる時
    脳内設定のおかげでおっさん系キャラを新人に選びにくいです
  • キャラの出身性別性格生い立ち等々にとどまらず、その矛先はNPCや世界観、さらに進行すると前時代の文明水準やら世界樹世界の地理やらにも及ぶ。
  • 公式にPT候補キャラに設定されているのがジョブとグラのみのため、一歩間違えたら中二病じみた設定ができてしまうことも少なくはない。しかしSQ自体キャラ設定はプレイヤーにゆだねることがある意味前提の上、ストーリーがSFで、言ってしまえば真面目に考えるほどそちらに近づくため、どんな設定でも「それがうちのギルドだ」と自信を持って言い切ればいい。
  • ↑俺のおっパイは元イグニスナイトというギルドの出だという設定だったが…////ウワァァァ
  • 4買ったらすぐ始められるように、今からできるだけ設定を考えいるw3とかはキャラが一新されたから、ゼロから考えてたらほぼ1日かかったw
  • ↑そして発売後、事前情報にない要素に出会って !!ああっと! するのもまた醍醐味
  • ↑未知の領域に挑むことは、ドキドキする反面、ワクワクします。
  • その心意気がボウケンシャーの証さ!!
  • 世界観が世界観なだけにエルフやドワーフなどのガチファンタジーの住人設定はやりにくいが、反面モリビトトリビトフカビトといった”SFで説明がつきそうな亜人”が本編で出てくるのでギルメンにそういう方向の妄想も可能。
  • 個人的な偏見だが、無印でキャラメイクの次に妄想が多いのはモリビトせん滅作戦の顛末じゃないかと思う。
  • 3ではサブクラスやYカラー,法典による強化のおかげで脳内設定の幅が広がったと言えるだろう
  • 脳内補完計画
  • ぺたんこ比率が多いので、可愛い男の子を女と認識
  • 我がギルドの桃シーカーは最初は物静かでクール、あまり馴れ合いを好まない設定だったけど、迷宮内の様々なイベントの影響で気づくと真面目おバカ&いじられキャラに崩壊していた
  • うちのシカ男とミス子は実際のシナジー的な意味でもまるで夫婦
  • 自ギルドのロリダン&ひきミス子は最初マスコットキャラになるはずがいつの間にか裏で実権を握っていて意見できるのはジト目ルン子だけとかいう腹黒設定に…まあ脳内設定の自由度高いよね
  • ↑3 うちのブシ子さんがそのパターン
  • アホの子設定のパイ子が博識ぶりや優れた観察眼を発揮したり、ニヒル設定のシカ男が池ポチャしたり、奥手設定のミス子が真っ先に飛び出してベルンドちゃんをかばったり・・・どうも俺の設定は迷宮内のイベントと相性が悪いらしい
  • なんでもいいからド派手な設定を作りたいなーと考えた結果、何故か金ルン男と頭巾ソド子が協力して、絶界雲上域に遊園地を設立してしまった。風止まぬ書庫も今ではアトラクションのひとつ。
  • うちの桃シカ/モフは吸血鬼設定 通常攻撃は吸血で回復、羅刹は刀に血を乗せて攻撃     ・・・うん、Blood+ですね
  • 褐色ソドは女で、ポニテスナ子と喧嘩中(笑)。ソド子は最初バードをピンクの悪魔のヤツと勘違いしてたがダンサーになったことで解消、とか。
  • 私のおっさんパイレーツは赤毛三人衆(赤ウォリ、赤モン子)の頼れる兄貴分…の筈だが強力なボス戦だとやることなくてマドラばっか使ってたり、通常戦闘での主力はサブシノビで取った含針だったり(役に立つけど)、うさぎさんが自爆するたび死んだり、羊さんに轢殺されたりと完全に三枚目。赤モン子に尻に敷かれてる現状をなんとかしようと、骨山で沢山骨を見つけたり芋を食べたりと…哀れ。
  • 公式設定でリアル世界の時間軸の延長線上にある世界であることが示唆されているために魔法的なものの存在は否定されているように思えるものの、実のところオカルティズムに拠る要素はいくらでもあったりするので問題ない
  • 一つの作品から一人だけ「何で死んでしまったんや…」だったりあんまりにもあんまりな最期な子の名前を外見に面影のあるキャラグラに付けて主人公ポジでプレイしてるのは俺だけでいい
  • 羅刹はキバガミが使用した時もろに色が変わってるけど、普通の人が使うと赤いオーラ纏ったり髪が軽く浮き上がったり眼が赤くなったりしてるイメージ。インペに使わせる妄想が最高
  • ↑2俺は金アルケミ♀をエアリスと名付けてプレイしてるぜ
  • 新世界樹のストーリー組があちこちで喋るのを見て、自分設定キャラの攻撃時、混乱時、味方半壊時、採取時etc...の台詞を妄想している冒険者もきっといるに違いない。なお、このコメントを書き込んだ人物もその1人である。
  • 設定というなの妄想によるキャラ作りの発想はなかったわ。ストーリーがメンバー固定だから、極端な編成はハイランダー以外したことない。
  • 新でのキャラ固定化や新設定に批判的な人もいる中、そこから生まれた設定を自分の脳内設定に逆輸入する人もいる。もう感心するレベル。
  • ゲーム本編より楽しくなる事があって困る。ネタが思いついたら一本話書くまでゲームが止まる。
  • ↑ホロウメイガスちゃんを主人公にして話書いてるのはボウケンシャー多しといえども自分ぐらいだろう
  • 某所のジャンピングするサイモンのことを考えるとストーリーのキャラ固定化なんぞボウケンシャーの前では大して脳内設定を妨げてないことがよくわかる
  • コンピュータRPGの元であるテーブルトークRPG(主に紙とペン、サイコロを使うものが多い)は、システムの中で世界観やシナリオを作る人と、その世界で脳内設定キャラメイクをする人たちがテーブルでトークしながらする遊びらしい。世界樹はそれに近いといえるのではないだろうか。
  • 作品の時系列設定も人それぞれではないだろうか。俺の場合はⅣ→初代(新)→Ⅱ→Ⅲ
  • ↑↑ココのメンツでTTRPGオフ会やったら盛り上がりそうだな
  • ↑2俺は時系列はⅠ→Ⅱで、それ以外は全てパラレルワールドだと補完している。
  • Ⅲはクトゥルフモチーフなのも相まってループ設定採用してる
  • 皆の脳内でアリアドネの糸がどういう扱いなのか気になる。上からでも地下からでも一瞬で街に帰れるアイテムとは一体…
  • 名前は糸だが実はインスタント樹海磁軸なんだよ、きっと・・・・・・
  • うちのギルドは腰に巻きつけて引っ張ると待機メンバーが全力で磁軸へ引っ張ってくれてる事にしてる。主に髭とモフとヒャハが頑張って引っ張ってくれてる。
  • 最終的に4は主人公がメディ男、ヒロインがルン娘になってしまった
  • メンバーの個性が強すぎて、一軍はシカ男、二軍は紫ミス男、採集部隊は髭が苦労している。戦闘狂やら引きこもりやら変態やらと色々いるから仕方ない。最近シカ男は白髪が増えたそうな。
  • 最初に考えていた設定がゲーム内でのイベントの成否で変わっていくのも楽しみの一つ。どっしり構えてるはずだった姫が木に登って蜂の巣取ったり海で真っ先に溺れたり落ちてる貝を拾って食ったりした結果、パーティーを振り回すイケイケな姫に変わった。
  • モリビトや翼人、更にはフカビトなどの仲間にならない亜人の構成スキルを想像したり、アンドロやペットなどのサブクラスにしたらヤバい職について妄想したり…
  • IVのスナ子(リボン)はゴスロリ好きだよ
  • うちのふわルン子はあの見た目で毒舌設定。
  • 面倒臭がりな髭メディがベルン子助けて一瞬私がフリーズ。
  • パーティーの誰が地図を描いているか、誰が船、気球艇を操縦しているか、誰が魔物から素材を剥ぎ取っているか等々、ゲームシステム上特に明言されていない役割を決めると脳内で動かしやすくなって楽しい。
  • 熊を前にして逃げ出す最中にカスメがすっ転んで顔をぶつけて死に掛けた時はおもわずニヤニヤしてしまった。我ながら業が深い
  • 昔TRPGをかじった事もあり、キャラメイク出来るタイプのゲームが好きで、特に世界樹は一本で長く遊べるし、クリアしてもキャラ妄想で次回作までもってしまう為、ここ何年も他のゲームしてない…妄想とマイ設定でお腹いっぱい
  • うちのメディ子が白衣の青年に一目惚れしたんだが
  • 新にて、現実との関連がありそうな地名(オンタリオやハイランド地方)が示された事で、史実と絡めた妄想が炸裂中。元々スコットランドの歴史とか好きだから、ハイランダーがゲームに出てくれて嬉しかった
  • 余りにも妄想が行き過ぎると、続編以降で新たに公式設定が明かされた時、その差異が大きすぎて恥ずかしくなる…程々にしよう…
  • うちの眼鏡メディ♂はサイモンと、金ケミ♂はアーサーと、ししょーはラクーナとそれぞれ仲良くなった 設定
  • 世界樹広しと言えど、ヴァーを女設定にしているのは俺だけだろう
  • ↑主人公の投票欄に「実は女の子」票が9票もあるんだよなこれが
  • ↑2 私も男装女子設定にしてますが、何か?
  • 主ギルドメンバーの他に5人登録して他のライバル的ギルド設定にした人は居ませんかー!
  • ↑ここにいるぞー。最初はメインパーティで手一杯な上に30人も登録しねーよとか思ってたけど、今では3パーティくらい作って妄想してる。
  • だいぶ↑に『新での新設定を自分の脳内設定に逆輸入する人もいる』とあったが、まさに今新2クラシックモードをそんな感じでプレイ中。ゴダム出身者や元ミズガルズがギルドにいる人はきっと俺だけじゃないはず
  • ↑クラシックとストーリーのキャラに何かしらつながりを持たせるような設定をするのは楽しいよね。うちはちょっとぶっ飛んでるけど「別の場所、事情でスリープしてた1000年前の人間」ってキャラがいたりする
  • 二週目クラシックに引き継いだストーリーキャラの設定を妄想してみたり。クロエがおっさんの娘でドク爺の弟子設定になってるうちのギルド
  • ↑8ファーもなんやかんやでスキル:変身だから「私、ファフニールになります。」的な実はおにゃのこ設定もありかも。
  • 私のギルドのししょーには妹がいる3のししょーぐんと4の金インペが該当キャラ
  • ↑しかしどちらもかくしなんだよなぁ・・・
  • ししょーのギルドはhageてもガン子がある方法で身につけた時巡らしの秘術を使い何度でも過去へ戻れる
  • うちのガン子は脳内会話でセリフがもらえないと必ずちくわだいみょーじん と言う
  • 正直 世界樹のキャラはみんな一癖も二癖もあるキャラになってしまう
  • ↑×8うちにもいるぞ ただし強化人間だけど
  • ウロビトやイクサビトを2週目以降ハーフという設定で人間同様の生活になじんだキャラとして使うのはありだろうか……
  • パーティー内(もしくは6人目)に自分を入れる人も多いはず
  • 某FEみたくギルドの中で一番…を設定してみたり。あんまりギルメンが多いと考えきれんがな!
  • マイ設定ではじめたものの、冒険中にキャラ更新が進まない・・という自らの妄想マスタリ不足に悩まされるのであった
  • 宿のおばちゃんたちのボランティアで生きながらえてきた孤児3人、こっそり家出?したバーローの準娘、流浪の剣士と言うカオス極まりない設定で動き出した新2クラシックのマイギルド……プレイヤー多しと言えども多分ここまでぶっ飛んだ設定用意してまでストーリーPTと戦わせたいなどと考える人はいないだろう……やりすぎた
  • 4の某クエストで三回周回してるけど毎回シカが工房の女の子庇うからスキル特性も相まってシカ=美味しいとこ取りのイメージが・・・
  • うちの場合は各キャラのバックボーンだけ用意して名前は他作品の気に入ったキャラとか他ゲーで主人公に付けたやつとかを流用してたな ここ見てるとみんな背景だけじゃなく名前もかなり考えてるっぽくて自分に手抜き感が
  • ストーリーモードメンバーの血縁者設定はあまりにぶっ飛びすぎだろうか…3再プレイ時の際のうちの眼鏡バリはフラヴィオの生き別れの叔父設定なんだが…
  • ↑問題ないと思うよ 新2でクラシックにファーを引き継いだ後の自分は100年後設定にしてアリアンナの子孫キャラ出した位だし
  • 5の発売を8月に控えた今、もうみんな5のギルメンの脳内設定を考えてたりするのかな。ちなみに俺は、世界樹デビューの3の時から使ってるメンバーを続投するか、それともそのメンバーor(新世界樹が好きだから)新世界樹1&2のストーリーメンバーの子世代設定で行こうか悩んでる
  • (続き)ただ、新世界樹勢の子世代設定で行こうと思うと、一部子世代がアースラン以外の種族になってしまうんだが……
  • 俺氏はクラシックのうちの子の先祖設定で行ってみようかと
  • 『新2』のストーリーメンバーのように、名前に「ラ行」が入ることが多い…という人はどのくらいいるのでしょう。私は結構な頻度で入れてしまいます…。
  • ↑すごい分かる!自分のセンスというか自分好みの名前をつけてたら、全体的に「さ行」とか「ら行」とかの特定の行に偏ってるよ
  • ブシ子と姫子を姉妹設定にし、馬鹿力ptの完成。
  • 5に向けてルシファー力高めないと
  • シリーズを通してキャラグラの似た者に関して名前を前作のものを引き継ぐというのもありだけど、自分は一日かけても新しい名前を考える派です。折角の新シリーズを新たな気持ちで挑みたいと言うのが理由かな。
  • ↑追記。設定に関しては皆さん程、乏しく、そのインスピレーションが何処から来るのか不思議な反面、羨ましく思います!
  • うちのガン太がゴダムの出身設定。新シリーズの設定も自PTの設定に利用させてもらってます
  • どれだけギルメンの設定を考えても、いざプレイを開始すると夢中になって結局妄想するのを忘れてしまう
  • 俺は毎回 ・普段は純粋天然で天真爛漫だけど、戦闘中は危険な行動(仲間を介錯して恍惚としたり羅刹で体力削ってドライブしたり)が目立つボクっ娘バ火力リーダー・リーダーにいかがわしいことを吹き込もうとする妖艶な女王様気質貧乳AGI職(ナイシ・ダクハン等)・主に←二人に振り回される苦労人、だけど実は隠れドS(主にAGI職に対して)な俺っ娘壁職・コミュ障気味な無口天然系、でも実はロリコンの気があるダウナー系ロリ(カスメ・ゾディ等)・常時敬語で温和、非常に仲間思いで「大天使」とも形容されるメディ娘 をベースにサブキャラ入れたりして組んでるわ。 5はボイスも付くしさらに妄想が加速しそうだ
  • そういえば4の二週目で新パーティ組んでた時、工房の娘と小さな花を取りに行くクエストでそのパーティのミスティック♂(パっと見無口なイケメンだけど実は相当な天然ボケかつ純粋無垢な性格)がイベントで工房の娘を助けてたからそのミスティックに『実は工房の娘から想いを寄せられているが本人は全く気付いてない』っていう脳内設定追加してたなぁ
  • どの作品でも一貫して「お家騒動と陰謀によって樹海に送り込まれたやんごとなき方とただ一人付いてきた従者&目付役+行きずりのイロモノな仲間たち」という設定を使い続けている。キャラそのものの細かい設定とか名前は毎回変えてるけど
  • 基本的に一周目はそこまで凝った設定にせず、二周目以降で設定盛りまくる。一周目では、プレイヤーと同じ何も知らない冒険者達が世界樹に挑むという構図にしたい
  • 今回は凄く脳内設定を掻き立てられて小説を書きなぐりたくなる
  • 名前はシンプルなのが逆に良い、ピンク髪でモモとか黒髪にクロとか緑髪にグラス(草の意味)とか、刀持ちの子はシラハとか…、後は犬っぽい雰囲気の子にクランとか… ん?カボチャハーバリスト?「カボ」ですね
  • 毎日寝る時に脳内設定考えてニヤニヤするのが楽しい
  • ↑3 好きに書きなぐって公開してもええんやで・・・? 俺も同じような衝動に駆られてるから近々ギルドメンバーの設定や短編書いてどっかに載せてみようかなーとかも考えてる
  • 種族グラで採集部隊を組んだら「子供が出来ない病のアースラン夫婦と彼らに引き取られたルナリア、セリアン、ブラニーの孤児3人による擬似家族」というなかなかにアレな設定が出来た
  • 5作目のDLCで学ラン、セーラー、セーターのキャラグラをダウンロードしたが、彼等は生粋の現代地球人。彼等がアルカディアに来た理由は「西暦2016年8月4日、大人気RPGの五作目を三人で購入。その翌日にギルカを交換したら突如としてゲームの世界に引きずり込まれた」という設定。
  • 3で結成したパーティがあまりにも気に入り過ぎたため、世界樹シリーズに限らずキャラメイク要素がある様々なゲームで同じ設定を使い回している。もちろん5でも現役です。
  • 5作のセーターをアースランで運用、設定は世界樹計画辺りの時代の高名な科学者が人間の脳の使われてない領域へ自分の人格を突っ込んで他人の人格と融合する技術を開発して独自の永遠の命を作り出した子。 色々な人間の人格と融合していく内に元の自分がどんな人間だったかも最初はどんな目的でこの技術を創り出したかも忘れてしまったけど今を「ピチピチなわかものぼでぃ」で愉しんでいる御様子。
  • 4でも亜人はいたけどNPCを慕って一緒に加入して来たって脳内設定だったが今回は最初から他種族選べたからどういった経緯でギルド結成したのか妄想していた。
  • 毎シリーズ通して、樹海探索のお触れをうけて偶然集まった5人、っていうなんの捻りも無い設定が鉄板だったな
  • ↑4 俺と全く同じ人がいる…!俺も世界樹デビューの3の時に作ったメンバーを4、5、セカダンとずっと使ってる。真面目な好青年のリーダーな盾職、ヘタレだが優しい男とやんちゃな俺っ娘の前衛職二人、愛情深い天然お嬢様な回復役、天才少年な属性攻撃役の5人。ちなみに、5ではお嬢様がウォーロックに、天才少年がハーバリストにと役割が逆転した。
  • あと、だいぶ上の方で書き込んだ新世界樹勢の子世代設定パーティも5で作ってみた。何らかの理由でアルカディアの世界樹に招かれ、そのまま行方不明となった親達を探してアルカディアに迷い込んだという設定。資料集とにらめっこしながらなるべく親と髪や眼の色が似るようカラーをいじるのはホント楽しかった。
  • こまごまとしたところにも妄想を入れ込むというのもありだと思う。同じ整頓術でも力任せに入れる奴、丁寧にそろえる奴、最早取り出せないだろというレベルの奇跡的入れ方をする奴といるだろうなとか、宿でもギルメンで男一部屋女一部屋で借りてるのかなとか、全員同じ部屋で雑魚寝とか、はたまた全員一人部屋かとか
  • 世界樹関連の音楽を聴きながら妄想をするといつもより鮮明に妄想が出来る、試してみ
  • 今回は自由に髪と目の色を変えられるお陰で設定の幅が広い
  • 某名前マスタリー☆の人の脳内設定が面白すぎて笑う
  • お、俺の名前はなつおとの、の人か あの人は色んな意味で面白い
  • 5での脳内設定で明らかに自分しか得しない設定に耐えれなくなったので吐き出させてください懺悔します。アルカディアに生息してるという設定で、翼があるからリーパー♂1をイワオロさんカラーでイワオロさんの擬人化として使ってるのは絶対に俺しかいない。長文乱文失礼(遺言)
  • 中二メアリー脳が治らない自分にも懺悔の言葉を吐かせてください。アースランの王都からやってきたレムすもほとんど会えないような上位王族とかヴィズルに匿われてた旧時代の技術者とか暴走すると魔物に戻っちゃうバーロー製キャラとかついつい作ってしまいます。お許しください
  • ↑おお、懺悔のお仲間が…!
  • 世代交代系だと、うちはそれぞれナンバリング順に世代交代してるな(例:4の緑鹿の曽祖父が1の金鳥)。 5をどう解釈しようか悩んでいるが、とりあえず1のギルマス始点の家系図(世代別計十人ちょい位)は書ける。 あと、1のギルメンにとってモリビト関係のあれこれがトラウマだから子子孫孫へ「亜人種がいたら仲良くしろ、そのために一生を使うくらいの気概で」と伝え続けた結果、2以降のメンバーはそれが冒険の目的の半分くらいになっていて、2のギルマスは貴族位もらってハイラガに永住してツバサビト自治区確立に働いているし、プレイ順的に3はまだ固まっていないけど、4のギルマス&ギルメンも6層で明らかになる3番目の亜人との共存を図るため彼らなりに戦っていく……という設定。
  • 最初に設定作るタイプじゃなくて冒険を通して設定が後から固まっていくタイプだから最初から作れる人が羨ましい、
  • 新Ⅱのストーリーモードを自分とこのキャラに当てはめて、更にその延長としてそのキャラ達のパーティ&アモロに飛んで行ったファーさんポジのパーティで新Ⅲの妄想したのは俺だけだと信じたい。
  • ↑6 その発想はなかった……5買ってないけど妄想でいろいろしてみよう
  • イベントで脳内設定どおりの言動(妹が亀と勝負→過保護な兄がどければと助言)してうれしい反面、亀と決着つけたい気持ちもあり、けっこう悩ましかった思い出
  • アルカディアにおけるクリスマス的な行事の際、リーダーのドラ子(おかっぱ)を巡って緑マス♀・リーパーくん(♀設定)・ロリネクロ・眼鏡ハバによる争奪戦という名の修羅場が繰り広げられるうちの百合ギルド
  • こうして見るとボウケンシャーって凄い
  • 某ギルドのせいでそれまで片仮名で厨二な名前だったのが二つ名+日本名になってしまった人は俺だけじゃないはず
  • 大雑把な脳内設定が迷宮内のイベントや戦闘中の活躍で上書きされてくのが楽しくて好き。あ、こいつ意外と〇〇だ…みたいな
  • 3&4なら設定とサブクラスが噛み合うとネタ的にも実用性的にも美味しい。
  • 声優マニアだと、ボイス無しのゲームキャラに声優を設定したがるようになる
  • ロールプレイに欠かせないものである、気持ち悪いって言われても泣かないで
  • ↑2 Vでキャラメイクにボイスが実装された影響からか、Ⅰ~Ⅳまでのパーティに今更脳内CVイメージ設定したりしてるわ
  • 全シリーズ同一人物設定でやっているが、なぜかあるキャラにだけ攻撃無効化パッシブがやたら発動するので最終的にそいつを守りながら各地を旅をしている逃避行PTという設定に落ち着いた。ストーリーの展開やミニイベント以外に、戦闘中の行動で設定が決まるパターンもあるんじゃないかなあとふと思った
  • そういえばVの種族は寿命云々に関しての話が無かったけど、みんなどんな感じに考えてるんだろうか。俺はとりあえずブラニーが他より寿命長い&一定の年齢になると見た目が固定されて老化と共に皺や髭が出てくる、ってことにして残り3種族は人間と同じぐらいって感じに考えてた。
  • セリクが実は他のメンツより年長だけど見た目と言動で子供扱いされてるイメージが自分にもあったな
  • ルナリアはPCにも年配っぽいグラがないせいか典型的な不老のエルフイメージだった
  • 某と○モノのイメージでブラニーとアースランが人間と同じくらい、ルナリア長めのイメージあったけどセリアンは動物の血みたいなイメージのせいであんまり長くない印象勝手に持ってたな
  • ↑と同じく、寿命はルナリア〉ブラニー〉アースラン〉セリアンという設定であり、ルナリアは500年以上は生きる。逆にセリアンはどんなに頑張っても30年
  • ↑その設定だとジェネッタやセリアン♀(ハウンドの婆除く)はあの見た目で十代前半、下手すれば一桁代ってことになるのか……ジェネッタのアホの子具合を考えると少し納得出来てしまうがw
  • ↑そう!まったくそのとおりなんです。セリアンは寿命が短い代わりに肉体的な成長が早く、5歳で(肉体的に)成人します。ちなみにうちのマスラオ♂(緑)は7歳、ハウンド婆は24歳、ハウンド♀は5歳、ジェネッタは6歳です。そして知能は年相応なので、、、 
  • ↑セリアン(年齢)とブラニー(外見)は異種婚のハードルめっちゃ高いな……というかその設定導入するとうちのマス♀(ボイス:ソロル)がやたら『死ね』って言ってた理由付けが出来そうだなぁ。子供って無知から結構残酷なところあるし。
  • 種族統一で冒険を進めていくと戦い方の違いから種族毎の思想が見えてくるかもしれない。アースランは並火力ながら搦め手が得意なので支配者気質、ルナリアは双方が一方的虐殺な戦闘スタイルになる故に冷徹で理路整然、セリアンは「当たらなければどうということはない」というルナリアとはまた違うデッドオアライブスタイルなので刹那・快楽主義、ブラニーは生き残り・使役に全振りしたような能力なので超したたか、とか。セリアンの寿命云々はその生き様からhage的な意味で短命と補完している。
  • ↑各種族の伝承を考えると確かにそんな感じだよなぁ。アースラン:支配者としての『権力』 ルナリア:筋道を立てる上で重要となる『世界の謎』 セリアン:どんな相手をも倒すための『世界最強の武』 ブラニー:どんなことをしてでも生き残り手に入れたいと願う『莫大な財宝』
  • 寿命の話が事実ならクエストで会ったルナリアとセリアンのカップルが気の毒なのでセリアン短命はhage的な意味で数字引き下げてるんだと思いたい
  • ↑2,3 うちはあざといor腹黒ブラニーズと自称S,俺様私様アースランズがいがみ合っている設定だからなんかその節のおかげで様子がありありと目に浮かぶようになった……振り回されるセリアンズとくだらねーと呆れているルナリアズも含めて
  • こんなところにピッタリのページが!!うちのⅤギルドは見た目の違いで里から追放されたアルビノマス♂2(物静か)と、ジャガイモ農家の跡継ぎが嫌で飛び出してきたドラ男(粗暴)、薬草師になりたいのに実家が厳格かつ高名な祈祷師家系で勘当された眼鏡ハバ♂(穏やか)、研究ばかりの親に振り向いてほしいショタウォロ(冷然)、母子家庭大家族の長男だから出稼ぎ&自分を置いて失踪した師匠を探す片目リパ(紳士)が、各々の事情で後に引けなくなって「仕方ない、こうなれば最後まで登りきってやる!」ってヤケになってる。
  • すれ違いで受け取った人様のギルドカードを見て「どういう設定なんだろうなー」と勝手に色々想像するのも楽しかったり
  • 髭メディを未知の病でカミさんと子供亡くした未亡人(♂)、狼モフをそんな彼に横恋慕する俺様侍に見立てて(ry スマン忘れてくれ、自分腐りすぎたからぼちぼち墓地に還りますわ…
  • おお!なんと素晴らしいページ 天錻の才能を持ちながら家訓にうんざりして人を殺すのではなく生かす死神になりたいと思ってるおかっぱリーパー(物静か)、なんの努力もしないで才能を憂いているリーパーに嫉妬している赤髪ドラ(傲慢)、バリタチで女もヤローもいけるロン毛ネクロ♂(某やるしかねぇ)、極度の人見知り顔隠れシャーマン♂(多分引っ込み思案)&そんな彼をぐいぐい引っ張る古きよきルイズタイプのハーバ♀(言うまでもなくツンデレ)なんて妄想をしながらあれよあれよと4F、頑張るぞ~
  • 穴ガン子(リリボイス)→←ポニテマス子(真面目ボイス)←ハウ子(意地っ張りボイス)←ネク子(クールボイス)、そしてネク子の親友のツインテシャマ子(古風ボイス) というドロドロ百合パーティでプレイしてます(小声) マス子とハウ子は幼馴染。穴ガン子は実は異星人。
  • 世界樹はキャラロストがないので安心してこれ全開のプレイが出来る。個人的に嬉しい。手塩にかけて育てて背景決めてこういう目標あってと考えたキャラが一瞬でロストしたりすると自キャラ溺愛派&豆腐メンタルな自分は軽く鬱になれるのでシステムに助けられてる
  • ↑『死んだらリョナってデリる世界樹の迷宮Ⅳ』というシリーズがかつてあってだな……
  • ↑失踪しちまったけどガチの名作ですぜありゃあ…ずいぶんお世話になったよ、なにがって?そりゃあナニがですよ(ゲス顔)
コメント: