■大王ペンギン

  • 世界樹の迷宮3の大航海クエストに登場するモンスター。
  • 威厳と愛嬌を兼ね備えた、まるまると巨大なペンギン王。おそらくは前作の「全裸カウンター」にヒントを得たと思われる戦術で冒険者を苦しめる。
  • 初めの方は攻略方が分からない。気づいたらターン数が三桁になっていたという冒険者も。
  • ボーっとしたり空を眺めたりと、無意味な行動を取ることが多い。しかし、ある程度HPが減ると仲間を呼んでHPを回復したり、受けたダメージに応じてカウンターダメージを与える技を使ってきたり、呪いの状態異常を引き起こしてきたりする。対策を講じていないと、全滅こそしないものの完全に手詰まりになってしまう。
  • キリカゼさんがとっても優秀なので、よく中盤のレベリングに利用される。
  • こいつと激しい音を立ててやりあっていたネローナはなにをしていたのだろう
  • ↑ ネローナさんの場合は 1.大王適当に殴る 2.子分ペンギン呼ばれる 3.子分ペンギンが大王を全快してしまう。 4.子分ペンギン倒す(音はこれ) 4.皆追いつく
  • コイツが勝利の塔を駆け上がって来る姿が想像できない
  • レアドロップの条件が5ターン以内に撃破というもので、高火力パーティでは非常に達成が楽。というかサブウォリゾディの狂戦士チャージメテオさえあれば達成可能なので、資金稼ぎにもよく使われる。ザ・ペンギン道場。
  • スキュレーの乱数固定と違って、高火力キャラさえいれば連チャンで挑み続けることができ、お金まで稼げるので非常にオイシイ。悲しいことに彼は大航海クエストのモンスターであるため、「死ぬ」という真実にさえ到達することなく何度も何度も殺される羽目になる。
  • キリカゼさん「うずくまってペンギンちゃん おなか痛いのでござるか?」
  • 大王ペンギン「オ オレは何回死ぬんだ!? 次はな…何ターン目から… い…いつ『襲って』くるんだ!? オレは! オレはッ!」
  • 俺のクエストばかり受けるなああーーーーーーーッ
  • ところで、ナレーションからして塔の屋上での戦闘のはずだが、背景は一面氷の世界である。たしかに勝利の塔の天辺は入口から見えないほどらしいが、アーモロード近海は温暖な気候のようであるし、一体何メートルあるというのやら。一般的には高度が100メートル増すと気温は0.6度下がるといわれる。
  • 多分、航海クエストはもうひとつあったけどいろいろ問題あって、モンスターデザインが決まってない勝利の塔と北極っぽい舞台がなくなってしまった大王ペンギンが無理のある融合したと思われる。
  • あの図体で、歴戦の冒険者と等速で階段を駆け上ってくるってのも大分無理があるものな…。
  • ↑×6 ネイピアさん「健康な『弾力に富む腹部』じゃの とても良き色」大王ペンギン「ぐぁぁぁあぁぁ」
  • 寧ろというか最早、「勝利の塔に近寄るなああーーーーッ」
  • この生き物が「ぺぺぺぺぺぺぺぺ……」と階段を駆け上がっている様子を想像するとほほえましいものがある
  • 冒険者を必死で追いかけておきながら、いざ追いついたら自分からは手を出さないで専守防衛に徹する、行動原理のよく分からない魔物。
  • デデデ大王(違)。
  • 初バトルの時口を大きく開けたとかの行動がGKビーム見たいな凶悪な攻撃の予兆かと思った
  • ↑×3 大量のペンギンズが後ろからこいつを「うんしょ、うんしょ」と後ろから押しているのではなかろうか。ペ「オラ、敵来たぞ!さっさと追っ払えよ!」大王「え~、面倒くさいなあ・・・ちょ、ちょっと、押さないでよ~!」
  • 教えてくれウーフェイ。俺はあと何回殺されればいいんだ?俺はあと何回、あの子とあのパーティにココペリベストの素材を貢げばいいんだ?世界樹は何も教えてくれない・・・教えてくれ、ウーフェイ!
  • 世界樹シリーズは大王(ダイオウ)って付くの多過ぎ。樹の下の大王とかマイマイダイオウなんてのもいるし。
  • 大王「馬鹿め!俺様の体が拳〇殺しと呼ばれていたのを忘れたか!」
  • 大王ペンギンのぬいぐるみ発売希望。
  • ネイピア「ココペリベストの在庫が・・・」
  • ↑3柔破斬代わりの気功拳でひでぶするよろし
  • なんやかんやで「可愛い」という印象のペンギン。個人的にだけど。
  • シノビソロ多元抜刀で狩りまくってたら、そのシノビだけ異様にレベルがあがっていた(笑)
  • お腹ぽよんぽよん。
  • ちなみに、3ターンぐらいまでは何もやってこない(経験則)。その間にギルドの主砲の強化枠を埋め、大王のデバフ枠を埋めることが出来れば5ターン以内撃破はほぼ確定。
  • ↑5 PC「次は貴様の番だ!シン!」シン「ひ、人違いです!人違いだってば~!!」
  • ↑上手い!
  • 仲間を投げつける女王蟻やカミキリオンの対として、仲間が一定数そろっている時に自分自身を投げさせる技とかがあっても面白かったと思う。反動ダメージも回復可能だし
  • 攻撃してこないから安心して弐の太刀我流やナイスマなどのロマンをしまくっていたのは俺だけではないだろう
  • お腹の脂肪とかカウンターアタックは彼なりの生存戦略なのだろうか。もちろんボウケンシャーの前では生存戦略もへったくれもなかったのだが。
  • 大王ペンギン「ス○ッカム!!」
  • ↑19 この親父全くわっけわかんねえんだからもう!
  • ↑8 ターン数ではなく、残りHPによって行動が決まる。HP70%以下になるまでは何もしてこないのでじっくり準備すると良い。
  • ココペリ
  • こいつのレアドロップの「弾力に富む腹部」の説明「蓄えに蓄えた脂肪によっていかな攻撃も受け止める腹」 …いかな攻撃って何?
  • 「如何な」。「如何なる」と同じ意味で普通に使うよ
  • HP20000もあって無属性除く斬突壊炎氷雷を弱点とする、まさに脂肪の塊
  • ペンギンは大王への貢物を使った!(496回復) ペンギンは大王への貢物を使った!(492回復)ペンギンは大王への貢物を使った!(499回復)ペンギンは・・・
    ボウケンシャ-「UZEEEEEEEE!!!!!!!」
  • サ「しばらく見てなかったけど、お前のホ○ッチャマ…大丈夫か?」
    ヒ「だいじょーぶだいじょーぶ!問題ない☆ ねぇホ○ッチャマ?」
    ココペリベスト「(遠くの空を眺めている…)」
  • 憎めないモンスターだよね。
  • ↑稼ぎに利用されてさぞ恨みも溜まってるだろうw

    大きく口を開けている…目をつぶっている…遠くの空を眺めている…
  • ちょww「動物物語」で大王ペンギンってボスモンスターいて吹いたwwまぁ被りやすそうな名前ではあるがw姿もわりと似てた。で、ためしに戦ってみたら517ダメージくらって瞬殺されたwww
  • 「アバーッ!」ゴウランガ!タゲンバットウ・ジツを受けた大王ペンギンはハナビめいて爆発四散!ナムサン!
  • 大王ペンギンは二度と大航海クエストボスへとは戻れなかった。ココペリベストと経験値稼ぎの中間の存在となり、永遠に勝利の塔を上り続けるのだ。死にたいと思っても、すぐに復活するのでそのうち大王ペンギンは考えるのをやめた。
  • こいつを狩りまくって弾力に富む腹部60こでカバンを埋め尽くした。シノビのレベルが21もあがった
  • こいつのおかげで二百万ぐらいたまった。ウマー
  • ウマ-
  • 大王が使ってくる我慢は決死の覚悟等で食いしばれるので、NPCを一掃してもらいつつ倒すことで44000もの経験値を独り占めすることができる。鬼畜の所業。
  • 以下は俺の妄想です……大王様を人間の女性に擬人化して女王ペンギンにしてみたい。爆乳で敵の攻撃を弾き返すぞ!部下のペンギンもショタに擬人化して、女王様に御奉仕させるのだ。
  • ↑ お供はロリじゃいかんのか?
  • ↑2 それなんてリョ・・・っは!?いかんいかん!
  • 攻撃全般には敏感な大王様だが、実はスタンを含む状態異常・封じ全てに100%の耐性を持つ珍しいモンスターだったりする。同じくスタン耐性を持つクラーケンは封じが有効なので世界樹3では唯一になる。
    なので怪我の功名で呪いを押し付けたり、バインドカットのダメージを狙うのは残念ながら不可能。大人しく斬ったり撃ったり殴ったりしよう。
  • こいつのお腹に思いきり抱きつきたい。ぽよんって……絶対ぽよんっていう……!
  • そして跳ね返されてhageるんですねわかります
  • ???「大王ペンギン90045号!!」
  • 倒したあとの「転げ落ちていく」というテキストが笑える
  • テキストだと階段を駆け上って壁をぶち破るというアグレッシブさなのに、戦闘になった途端遠くの空を眺め出す。
  • UFOキャッチャーの景品にして欲しくなる見た目をしている
  • 個人的にパサラン、プーカを差し置いてぬいぐるみにしてほしいモンスター第一位。勿論お供のペンギンもセットで!
  • ↑3 戦闘前にハッスルしたせいで疲れちゃったんだよ。休憩くらいさせてあげてもいいじゃないか
  • トト○ごっこ出来そう
  • SQ敵の技名ランキング下位「激しい恨み」
  • 温厚なのか そうでないのか・・・?
  • ポッチャマ…
  • 「転げ落ちていく」のテキストで、ボロボロになったこいつが断末魔をあげながらごろごろ階段を落ちていくところを想像して、ものすごい申し訳なくなった……商店?ペンギン臭いけどなにか?
  • ↑11誰かが作ってるんですかね? その割りに改良は見られないし・・・
  • ↑ま まさかメイドインバーロー・・・?
  • 見た目が違いすぎるからかもしれないが、ここにもペンギンの項目にもICカードネタとかマーグナームとかなくて驚いた
コメント: