Windows Server 2003でターミナルサーバ構築


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この記事を書いた日:2010/07/09

Windows Server 2003でターミナルサーバ構築

Windows Server 2003でターミナルサーバを構築した時のメモです。
といっても大した作業量ではないですし、メモ程度に。
わざわざ2003を使わなければいけない環境でなければ2008とかを使ったほうが機能面でよろしいです。

ターミナルサービスに必要なCALについてはこちらを参照するとよいでしょう。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/client-licensing.mspx

以下の手順で構築します。

Windows Server 2003のインストール

省きます

Windows Componentの追加

Terminal Server,Terminal Server Licensingの2つのコンポーネントをインストールします。

License Serverのアクティベーション

Administrative Tool->Terminal Server Licensingを開き、Action->Activate Serverを実行します。

CALの取得とインストール

Administrative Tool->Terminal Server Licensingを開き、Installation Licenseを実行します。
途中でCALの所得についての画面になるので、必要数分取得します。
CALについてはmicrosoftのページなどを参照するとよいでしょう。

CAL方式の切り替え

ターミナルサーバ側ではUser CALとDevice CALを同時に管理することができないため、管理するCALを変更したい場合が以下の作業を行います。
Administrative Tool->Terminal Services Configurationを開き、Server Settingを開きます。
Licensingの項目でPer UserもしくはPer Deviceを選択することで管理するCALの種類を変更することができます。

同一ユーザでセッションを複数張れるようにする

通常同じユーザで別の人がリモートログインした場合、それまでログインしていたセッションは切断されてしまいます。これを防ぐことができるようになります。
Administrative Tool->Terminal Services Configurationを開き、Restrict each user to one sessionをNoに変更します。


以上です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。