Ubuntu 起動時のfsckがエラーで止まった時の手動対処メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ubuntuの起動時のfsckでエラーが出て止まったので

手動で対処したときのメモ
参考URL

こんなメッセージでした

Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes
Inodes that were part of a corrupted orphan linked list found . Fix<y>? yes
 
Inode 2901257 was part of the orphaned inode list FIXED.
...
 
Inode 141...
Deleted inode 14041348 has zero dtime Fix<y>? yes
 
Inode 141... was part of the ortphaned inode list FIXED.
...
こんなかんじでfixしたよというメッセージが流れました。
 
Pass 2: Checking directory structure
Pass 3: Checking directory connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking group summary information
 
Block bitmap dirfferences:  -(5818368--5819776)...
こんな感じの数字がいっぱい出てきます
 
Fix<y>? yes
 
Free blocks count wrong for group #177 (25930, counted=27450).
Fix<y>? yes
 
Free blocks count wrong for group #857 (6861, counted=6964)
Fix<y>? yes
 
Free blocks count wrong for group #1228 (1, counted=2)
Fix<y>? yes
 
こんな感じのメッセージがいっぱいでるので、yを押していきました。
 
Inode bitmap differences: -2901257 ...
Fix<y>? yes
 
Free inode count wrong for group #...
Fix<y>? yes
こんな感じのメッセージが出てくるのでyを押していきました。
 
 
/dev/sda1: ***** FILE SYSTEM WAS MODIFIED *****
/dev/sda1: ***** REBOOT LINUX ******
/dev/sda1: 453408/29786112 file (7.3% non-contiguous), 25472087/59542906 block
 
 
で、rootシェルに戻ったので再起動したら、Xが起動できないとかで固まりました。
仕方ないので電源ボタン。

再起動

起動しました。
壊れたファイルがあるかどうかはわかりません。

結論

fsckかけたらyを連打することしかできませんでした。
errorがおきた原因はわかりません。qemuとかをがんがんkillしてたのが原因かも。
あとはVMWareを落とさずにshutdownしたこととか。
とにかくわかりません。
僕は無力です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。