ne2k,rtl8139 on hvm


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

hvm上の仮想NICの使いわけ

たいしたことはしません。ほんの数文字加えるか加えないかというかんじです。
Xen HVMがデフォルトで提供できる仮想NICは2種類です。XenっていうかQemuですかね。
HVMのネットワーク設定とかがまだ終わってない人はこちらもあわせてどうぞ。

rtl8139を使う

hvmを構築する際に書いたコンフィグファイルのvifの部分を以下の様にします。
vif = [ 'type=ioemu, mac=00:16:3e:00:00:11,bridge=xenbr0' ]

ne2000互換NICを使う

vifの部分を以下の様にします。
vif = [ 'type=ioemu, mac=00:16:3e:00:00:11,bridge=xenbr0,model=ne2k_pci' ]
僕が使用しているhvmコンフィグファイルのサンプルに従うとこのようになります。
model=ne2k_pci
となっていますが、これだとうまく動きませんでした。DHCPでアドレスは取ってくるものの、pingはとおらないしsshもできないという感じでした。不思議!
なんか、ne2k_pciはデフォルトだとdisableになっているらしいので、HVMのコンフィグファイルに
ne2000 = 1
というのを書き加えるようです。


pcnet32を使う

で、よくわからんのでwebで漁った情報からpcnetを使ってみることに。
vif = [ 'type=ioemu, mac=00:16:3e:00:00:11,bridge=xenbr0,model=pcnet' ]
これは使えました。

余談

余談ですが、仮想NICにne2kを使うとrtl8139を使ったときの半分以下のスループットになりました。
iperfで測りました
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。