Debianカーネル再構築


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

debianカーネル再構築

毎回ぐぅぐるのもめんどくさくなってきたのでやりかただけまとめます。
コンパイルを行っているdebianのバージョンはetchです。
debファイルを作成する方法でカーネルの再構築を行います。

必要なパッケージのインストール

su
aptitude install kernel-package fakeroot
他にも必要かもしれません。
とりあえず基本のシステムが入っていればこれだけですみそうな気がします。

カーネルソースのダウンロード

説明のしようがありません。ダウンロードしましょう。
インストールしたいバージョンのカーネルソースをダウンロードしましょう。
ダウンロードしてきたら解答しましょう。たぶんtarで固めてあるので、tarコマンドを使います。
自分は以下の方法でソースをダウンロード及び回答しました。
aptitude install linux-source
cd /usr/src/
tar xvjf linux-source-2.X.XX.tar.bz2

カーネル構築の前準備

解凍したソースディレクトリに移動します。
cd linux-source-2.X.XX
コンフィグファイルをコピーしてきます。最初にインストールしたときのコンフィグファイルが
/boot
にあるので、
cp /boot/config-X.X.XX .config
とコマンドを打ってコピーします。もちろん古いコンフィグファイルなんて使わないよ!俺は男だ!っていう人は、躊躇無く
make config
と打ってください。それはもう長いコンフィグのたびが始まります。気合が必要です。
それ以外の人は
make oldconfig
と打ってください。最初にインストールしたバージョンから今インストールしたいバージョンへの変更点のみが聞かれるので適当に答えてください。
前準備はこれでおしまいです。

debファイルの作成(カーネル再構築)

make-kpkg clean
fakeroot make-kpkg --initrd --revision=version-as-you-lile kernel_image kernel_headers
fakerootについて気になったら調べるといいと思います。
これで構築は終了です。最後にインストールです。

debファイルのインストール(カーネルインストール)

debファイルが一つ上のディレクトリに作られるので、一つ上のディレクトリに移動します。
cd ..
そしたインストールです。
dpkg -i *.deb
ブートローダにgrubを使っていて、
/etc/kernel-pkg.conf
のdo_bootloaderの項目をいじっていないなら勝手にgrubが更新されます。そしたら再起動して、インストールしたカーネルを選択します。

起動しなかったら泣きながら再起動して前に使っていたカーネルを選択します。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。