>using ANTLR


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

how to use ANTLR

ANTLRの使いかた。
日本語のページが少ないので、僕も書いてみました。
参考になれば幸いです。

ANTLR

ANTLRはパーザジェネレータです。
まずは公式ページを読んでみてください。
公式ページはこちら
http://www.antlr.org

ダウンロード

ソースファイルをダウンロードしてきます。
ここでは以下のものを使用しています。
antlr-3.0.tar.gz

解凍

解凍します。
tar xvzf antlr-3.0.tar.gz
中身は
/Desktop/antlr-3.0$ ls -F
LICENSE.txt
build/
build.xml
lib/
src/
README.txt
build.properties
doc/
runtime/
こんな感じです。

クラスパス(CLASSPATH)

CLASSPATHの設定をします。
/antlr-3.0/lib以下の.jarファイルを全てCLASSPATHに指定します。
CLASSPATHに指定するという表現が正しいのかどうか知りませんが、以下のようにします。
自分はbashを使っているので
export ANTLR=/home/yoshi/Desktop/antlr-3.0/lib/
export CLASSPATH=.:$ANTLR/antlr-3.0.jar:$ANTLR/stringtemplate-3.0.jar:$ANTLR/antlr-2.7.7.jar:$ANTLR/antlr-runtime-3.0.jar

カレントディレクトリを含めるのを忘れないでください。
この2行を.bashrcに書き足しました。yoshiというのは自分のユーザ名です。
ソースがあるアドレスに適宜書き換えてください。

使ってみる

文法ファイル hogehoge.gを作成
$ java antlr.Tool hogehoge.g
ANTLR Parser Generator   Version 2.7.7 (20060906)   1989-2005
こんな感じになればオッケー。たぶん .javaファイルがいくつか出来てるはず。
これだけでは実行確認ができないので、Main.javaファイルを作成。
作成したら、全部の.javaファイルをコンパイル。
$ javac *.java
正常にコンパイルできたら実行。
$ java Main

まだ書きかけ。
時間ができれば加筆したいと思います。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。