how to use ctags


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ctags

関数や構造体、マクロなどにタグ付けをすることで、ソースを読むのが格段に楽になります。そのためのタグ付けアプリケーションがctagsです。

debianとかならapt-getでたぶん入ります。

使いかた。タグを作りたいディレクトリに移動して
find . -type f|xargs ctags -a
これで再帰的に一番下のディレクトリまでタグを作ってくれます。

vimで使う

.vimrcに以下を書く。
set tags= 使いたいtagへのpath
使いたいtagへのpathというのは、例えば
/usr/src/linux-source-2.6.22/tags
などです。この場合はlinux-source-2.6.22/で上のタグを作成するコマンドを実行した場合ですね。
いちいち書き換えるのは面倒ですが、読みたいカーネルソースのバージョンによっては実体の場所が変わっていたりするので、コードリーディングをするごとに書き換えるのも良いかもしれません。

以下は+というのが同時押しです。
例えば
g Ctrl + ]
というのは、gを押した後Ctrlを押しながら]をオスということです。
vimの実行中に、移動したいタグの上で
Ctrl + ]
で実体へジャンプ。
Ctrl + T
で戻る。

Linuxカーネルとか読んでると、実態が一つではないことがある。いや、実態は一つなんだけど、同一タグがいくつもあるというか。そういうときは
g Ctrl + ]
で選択ができる。どんな風に選択するかは実行すれば分かる。
Ctrl + w ]
で定義を別窓で見ることができる。実行すれば分かる。
コードを追いかけるときにいつもgrepとかでがちゃがちゃやってた時期が懐かしいです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。