山久保スキー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

りょちせんせいを中心とした、山久保メンバーで行くスキーの事を「山久保スキー」と言う。
特色としては、
メンバーが遅刻する(主な原因は寝坊)
遅刻しないときはメンバー全員が徹夜で参戦
メンバーの家のドアを蹴ったつもりがとなりの部屋を蹴っていた
行きの車からありえないテンション
行きの車からテンションの上がる選曲で関越を攻める
メルヘンレース
りょちせんせいのメルヘンレースしながら動画撮影
ストック一本無くす
GG
帰りもハイテンション
勢い余ってカラオケ
等、恐らくいろいろ普通ではないスキー


・歴史

2005年から始まった山久保スキー。
りょちせんせいごひいきのロッジアベールを拠点として活動を開始。
2007年を最後に惜しまれつつロッジアベール閉館。

2008年
スキーセンターにお世話になるも、ナイターでリフトが止まりスキーセンターまで帰れなくなる事故発生。
リフト一つ分もぼった山久保メンバー、せんせいの背中から湯気が立ち上る動画はあまりにも有名。

2009年
去年の事故が原因で別の宿を今でも拠点として活用している。
この年から、いいか、押すなよ!絶対に押すなよ!!など、上島竜兵ネタがブームとなり今も続いている。

2010
この年からカービングスキーを履くりょちせんせいとワーク氏二人が激しい戦いを繰り広げる。
さらにまさひのスキー転向により、2011年からのメルヘンレースはさらに激しさを増すものだと予想される。

2011
全員がカービングスキーで争われる初めてのシーズン、まさひとワーク氏がやや古い板での参戦となる。


・活動内容

活動内容は主に、石打丸山の初心者コースを利用したメルヘンレースが絶大な人気を誇り、現在ではメルヘンレースの前にサポートレースとしてフリースタイル競技が行われる。

メルヘンレースが無くても、山久保メンバーが訪れた際には松明滑走や花火などの催しが行われ、オリンピックと肩を並べる世界的に人気の競技である。