プレイアワードの「広がるおしゃべり」「おしゃべり好き」「おしゃべり大好き」に影響あり
クエスト固有の会話はこちら


※ 受注時、断る時、解決時はこちら

何かに気付いた時

シュルク

操作キャラ時
「何か困ったことになってるみたい―――」
割り込み時
「何があったんです?
力になりますよ!」
ライン ライン:
「また厄介事に首突っ込むのか?
ほんと シュルクはお人好しだぜ」
「まあ そこがいいとこなんだけどな!」
シュルク:
「ラインだって
困ってる人は見過ごせないだろ?」
「ほら わけを聞こうよ」
フィオルン フィオルン:
「シュルク 話を聞いてみようよ
なんか 放っておけないじゃない?」
シュルク:
「うん 僕も同じ気持ち」
「じゃあ 話を聞かせてもらおう」
カルナ カルナ:
「気になってるみたいね シュルク
わかるよ 私もそうだから」
シュルク:
「カルナも?
だったら 話を聞いてみよう」
ダンバン ダンバン:
「どうする シュルク
一肌脱いでみるか?」
シュルク:
「ええ このまま放っておけませんから」
メリア メリア:
「放っておけないんだろう シュルク?
少しくらいの寄り道 私は構わんぞ?」
シュルク:
「ありがとう メリア
理由を聞いてみるよ」
リキ リキ:
「勇者としては放っておけないも
シュルク 話を聞いてみるも!」
シュルク:
「ああ わかってる!」

ライン

「何だ?」
「冴えない面してるな」
シュルク シュルク:
「ラインも気づいた?
何か悩みがある そんな感じだよね」
ライン:
「ああ 放っておけねえ
よし 話を聞いてみるか!」
フィオルン フィオルン:
「へー ラインもそういう気遣いが
できるようになったのね」
「えらい えらい」
ライン:
「なーんか引っかかる言い方だけど――
俺も成長したってことだよな!」
「じゃ わけを聞いてみるぜ」
カルナ カルナ:
「ちょっと様子がおかしいわね
聞いてみる? ライン」
ライン:
「おう こういう時ってのは
たいてい問題抱えてんだよな!――」
ダンバン ダンバン:
「よく気付いたな ライン
――だとしたら 俺達には何ができる?」
ライン:
「ええと――
話を聞いてみるっきゃないよな」
メリア メリア:
「言葉は悪いが その気遣い――」
「ライン そなた
いいところがあるな」
ライン:
「気付くの遅いって!」
「さあ 冴えない顔のわけ
聞いてみようぜ」
リキ リキ:
「ライン 詳しく聞いてみるも!
大事件のにおいがするも~」
ライン:
「わーってるって そうあせるなよ」
「これから聞いてみるから
ちょっと待てって」

フィオルン

「あれ?」
「何かマズイことになってる?」
シュルク シュルク:
「ほんとだ なんだか様子がおかしいね」
フィオルン:
「シュルクもそう思う?」
「ね 何があったか聞いてみようか?」
ライン ライン:
「するどいな フィオルン
たしかに 様子がおかしいもんな!」
「ちょっと話を聞いてみようぜ?」
フィオルン:
(ラインに言われると 勘違いだったかもって
ちょっと心配――)
カルナ カルナ:
「察しがいいのね」
「きっと いいお母さんになれるわよ
フィオルン」
フィオルン:
「か 関係ない気がするんですけど!」
「それよりも どういうわけか
聞いてみないと――」
ダンバン ダンバン:
「どうした フィオルン
何か気になることでもあったか?」
フィオルン:
「お兄ちゃんも気付いてるくせに!」
「この人何か困ってるよ
話 聞くでしょ?」
メリア メリア:
「話を聞いてみるべきだな
放っておけない そうだろう?」
フィオルン:
「うん メリアの言うとおりね」
リキ リキ:
「リキもそう思ったも!
フィオルンと一緒だも!」
フィオルン:
「あらあら
じゃあ 話を聞いてみよっか?」

カルナ

「様子がおかしい―――
悩み事かしら?」
シュルク シュルク:
「話を聞いてみようよ カルナ
少しくらいの寄り道 いいよね?」
カルナ:
「悪いわけないじゃない
シュルクのそういうとこ 好きよ」
「さ 聞いてみましょう」
ライン ライン:
「だとしたら放っておけねえな!
カルナ 詳しい話を聞こうぜ?」
カルナ:
(ほんと まっすぐな性格――
これって悪くない感じね)
フィオルン フィオルン:
「すごい――
カルナって なんでもわかっちゃうのね」
カルナ:
「まあね 衛生兵ってメンタルケアもするから」
「でも これ以上は
聞かないとわからないわね」
ダンバン ダンバン:
「カルナも気付いたか?」
「さあて どうする?」
カルナ:
「決まってるじゃない 話を聞くの
衛生兵としての初歩よね」
メリア メリア:
「悩みのひとつやふたつ
そなたなら すぐに解決しそうだな」
カルナ:
「ふふ お世辞でも嬉しいわよ?」
「じゃあ 期待に応えましょうか!」
リキ リキ:
「カルナ 理由を聞いて欲しいも」
「――リキには教えてくれなさそうも」
カルナ:
「勇者ともあろう者が何言ってるの!」
「来なさい リキ
一緒に話を聞くわよ?」

ダンバン

「ん?」
「苦悩が顔ににじみ出ているな」
シュルク シュルク:
「話を聞いてみませんか?
きっと力になれる事があると思うんです」
ダンバン:
「お前ならそう言うと思ったよ
よし 詳しく聞いてみよう」
ライン ライン:
「わかったぜ ダンバン
あんたが次に何言うか」
「この人の力になろう――そうだろ?」
ダンバン:
「そういうことだ ライン
さあ 話を聞くぞ」
フィオルン フィオルン:
「お兄ちゃんて 他人のことはよくわかるのね
自分のことはさっぱりなくせに」
ダンバン:
「心配か?
大丈夫 俺はわかってるつもりだよ」
「それより今は この人の話だ――」
カルナ カルナ:
「それなら 笑顔に変えてあげましょうよ
ね ダンバン?」
ダンバン:
「賛成だ 早速話を聞こう」
メリア メリア:
「話は簡単だ
苦悩は取り除く そうだろう?」
ダンバン:
「メリアらしいな
もちろん 異論はないさ!」
リキ リキ:
「クノーはよくないも!
なくさないとダメなんだも!」
ダンバン:
「そうだな リキ
なら 俺達でなくしてやろうぜ?」

メリア

(この顔――
深い悩みを抱えているな――)
シュルク シュルク:
「どうしたの メリア?
すごく厳しい顔してる――」
メリア:
「この者の話が聞きたい」
「シュルク 共に聞いてくれ」
ライン ライン:
「なあ メリア
この人 なんか困ってねえ?」
「俺さあ――」
メリア:
「皆まで言うな」
「さあ わけを聞いてみるぞ
ライン」
フィオルン フィオルン:
「メリア 今何考えてるか
当てようか?」
「この人を放っておけない――
違う?」
メリア:
「かなわいな そなたには」
カルナ カルナ:
「思ってるだけじゃダメよ メリア
言葉にして初めて伝わる――」
「何事もね!」
メリア:
「わ わかっている!
これから話を聞くところだ」
ダンバン ダンバン:
「なあ あんた
何か悩みがあるんだろう?」
「話してくれ 相談に乗ろう」
メリア:
(――!)
(ダンバンも気付いていたか)
リキ リキ:
「助けてあげてもいいも?
なんか かわいそうだも」
メリア:
(――リキ!?
私の心がわかるのか!?)

リキ

「なんだも!?」
「様子がおかしいも!」
シュルク シュルク:
「うんうん 何かありそうだね
リキ 僕達にできることないかな?」
リキ:
「じっくり悩みを聞いてやるんだも!」
ライン ライン:
「わかったから あんま騒ぐなって!」
「で どうすんだ?
話でも聞いてみるか?」
リキ:
「もちろんだも!」
「さあ 聞けだも! ライン!!」
フィオルン フィオルン:
「あ 知ってる!
それってノポンの勘ってやつでしょ!?」
リキ:
「そうだも そうだも
ドンガ直伝のノポンの勘だも!」
「さあさあ わけ話すんだも!」
カルナ カルナ:
「原因は何かしら?
リキ ちょっと聞いてみない?」
リキ:
「ちょっとじゃなくて たっぷり聞くも!
それが勇者のつとめなんだも!」
ダンバン ダンバン:
「心配事があるって感じだな」
「どうだ リキ?
少し話を聞いてみるってのは」
リキ:
「さすが ダンバンも!
リキも同じ考えだったんだも」
「ほんとにほんとだも」
メリア メリア:
「興奮しなくてもよい」
「私がわけを訊くから
リキも一緒に聞くのだぞ?」
リキ:
「メリアちゃんは優しいも~
リキ いっしょうけんめい聞くも!」




詳しく聞く時

シュルク

「詳しく聞かせてもらえますか?」
ライン ライン:
「話してみろよ
シュルクがなんとかしてくれる」
シュルク:
「ラインもね!」
フィオルン フィオルン:
「シュルク 私も知りたい!」
シュルク:
「そうだね 詳しく聞かせてもらおう」
カルナ カルナ:
「力を貸す気なら手伝うわよ
シュルク?」
シュルク:
「ありがとう カルナ」
「じゃあ 話を聞いてみよう」
カルナ:
「そうね 私も聞きたいわ
ダンバン ダンバン:
「何か事情があるらしい」
「シュルク 手を貸すか?」
シュルク:
「ええ 僕にできることなら――」
メリア メリア:
「思う存分話せ」
「シュルクは聞き上手だからな」
シュルク:
「ちょっと メリア!」
リキ リキ:
「なんだも シュルク
わからないんだも?」
「んー」
「リキもわからないも」
シュルク:
「聞いてみるしかないよね」
「あの どうしたんです?」

ライン

「詳しく話してくれよ」
シュルク シュルク:
「ラインて 困ってる人を
放っておけないタチだもんね」
ライン:
「ちゃ 茶化すなよ」
「聞くだけだって!――」
フィオルン フィオルン:
「ライン もっと丁寧に――」
「――ごめん
そんなライン もっとヘンね」
ライン:
「へいへい
どうせ乱暴者ですよ」
「ま いいさ」
「で どうしたって?」
カルナ カルナ:
「いい子ね ライン」
「話を聞くって大事なことよ」
ライン:
「ちぇ おふくろみたいに言うなよ」
ダンバン ダンバン:
「相手の目を見てみろ ライン」
「何が言いたいのか――
きっと理解できるはずだ」
ライン:
(じーーーーー)
(ダメだ まったくわからねえ)
メリア メリア:
「聞いて――
背負えるのか ライン?」
ライン:
「ああ 平気だぜ」
「メリアも助けてくれるなら――
きっと な」
リキ リキ:
「ライン 聞いてわかるのかも~?」
ライン:
「わ わかるって!
ったく 言ってくれるぜ」

フィオルン

「よければ詳しく聞かせて?」
シュルク シュルク:
「うん 事情がわかれば力になれる」
「だよね フィオルン」
フィオルン:
「そういうこと!」
ライン ライン:
「そうやって
すぐに首突っ込んで――」
「シュルクの世話だけじゃ
足りないってか?」
フィオルン:
「ラ ライン!」
カルナ カルナ:
「フィオルンて――」
「世話焼き好きよね やっぱり」
フィオルン:
「カルナにも
しっかり手伝ってもらうからね!」
「さ 詳しく聞きましょ?」
ダンバン ダンバン:
「シュルクのことなら
よくわかってるのにな」
フィオルン:
「そ そんなこと!」
「――それがわかってたら
苦労しないわよ」
メリア メリア:
(まるで自分のことのように
親身に――)
(――彼女の強さはこれか)
フィオルン:
(メリアがじっと見てる――)
(私 変なこと言ったかしら?)
リキ リキ:
「フィオルン
リキの話もくわしく聞きたいも?」
フィオルン:
「ふふ」
「リキの話は
また今度ゆっくりね」

カルナ

「詳しく話してみて?」
シュルク シュルク:
「カルナ 僕も手伝うよ」
カルナ:
「ありがと シュルク」
「まずは話を聞きましょう」
シュルク:
「そうだね 話を聞いてみよう」
ライン ライン:
「カルナもわからないか!」
「いやあ 俺もさっぱりでさ!
そうかあ カルナも同じか~!」
カルナ:
(そこまで言われると
なんか引っかかるわね)
フィオルン フィオルン:
(すっごい落ち着いた対応――)
(カルナって――
なんていうか 大人って感じ)
カルナ:
「どうしたの フィオルン?
さ 一緒に話を聞きましょ」
ダンバン ダンバン:
「カルナ 手を貸すつもりだな?」
カルナ:
「ふふ あなただって同じことするでしょ?」
「続きを聞きましょ?」
メリア メリア:
「うむ 語ってみよ」
カルナ:
(語ってみよ――って)
(でもこれもメリアの魅力なのよね)
リキ リキ:
「リキもわからないも
だからカルナ 安心するも」
カルナ:
「はいはい ありがとうね」
「じゃあ そのわからないことを
聞いてみるとしましょうか?」

ダンバン

「詳しく話してもらえるか?」
シュルク シュルク:
「まずは聞くこと
ダンバンさんが教えてくれましたよね」
ダンバン:
「わかってきたな シュルク」
「そういうわけだ
さあ 聞かせてくれ」
ライン ライン:
「そうそう 俺とダンバンが相談に乗るぜ?」
ダンバン:
「ああ 聞かせてもらおう」
フィオルン フィオルン:
「お兄ちゃん!
また厄介事を背負い込むつもり!?」
ダンバン:
「俺は誰の兄貴だったかな?」
「こいつは生まれつきってやつさ
さあ 詳しく聞かせてもらおう」
カルナ カルナ:
(なるほどね)
(英雄ダンバンの呼び名は
世界を救ったからだけじゃないのね)
ダンバン:
「何を考えている?」
「カルナだってそうするだろう?」
メリア メリア:
(こうして助け合う
これがホムスの強さだ)
(しかし 我らハイエンターは――)
ダンバン:
「考え込むなよ メリア」
「自分の気持ちに正直になる
大事なのはそういうことだ」
リキ リキ:
「ダンバンは優しいも」
「悩みを放っておけないも」
ダンバン:
「こんな時代だからな
誰だって助け合うさ」
「さ 話を聞こうぜ」

メリア

「詳細に聞かせてもらおうか」
シュルク シュルク:
「メリアの言う通り
今の話だけじゃわかりづらいね」
メリア:
「だろう?」
「詳しく訊いて――
事と次第によっては力になろう」
シュルク:
「そうだね 話を聞いてみよう」
ライン ライン:
(詳細に――か)
(なーんか
メリアって硬いんだよなぁ)
(あれ?)
(俺 メリアを意識してる?)
(いやいやいや
ないない)
メリア:
「どうした?
ラインも詳細に聞きたいだろう?」
「いや 答えなくてもよい
続きを聞くとしよう」
フィオルン フィオルン:
「私はすこ~し見当ついたかな」
「きっとあれよ」
メリア:
(む)
カルナ カルナ:
「メリアは適当に喋る人よりも
しっかりと話す人の方が好みなのよね?」
メリア:
「な 何のことだ?」
「いや そんなことよりも
今はこの人の話を聞くべきだ」
ダンバン ダンバン:
「メリア 俺も一緒に聞こう」
メリア:
「助かる」
「おそらく
何か困り事があると見受けたが――」
リキ リキ:
「メリアちゃんが聞くなら
リキも一緒に聞くも!」
メリア:
「うむ 続けてもらおう」
「リキと私で相談に乗るのだ」

リキ

「勇者にしっかり話してみるといいも!」
シュルク シュルク:
「さすが 勇者リキ!
困った人は見過ごせないよね!」
リキ:
「そういうことだも!」
「さあさあ 聞くも
一緒に聞くも!」
ライン ライン:
「ったく
調子良いこと言っちゃってよ」
「結局 他人まかせはやめてくれよ?」
リキ:
「???」
「誰が他人任せだも?」
「いいもいいも
まずは話を聞くも」
フィオルン フィオルン:
「偉いわ リキ
力になってあげるのね?」
リキ:
「もちろんだも!
リキは勇者だも!」
カルナ カルナ:
「リキ 話を聞くからには
ちゃんと相談に乗るのよ?」
「聞くだけ聞いて
知らんぷりはなしだからね?」
リキ:
「ギク!」
「カルナ ごかいだも!」
ダンバン ダンバン:
「俺にも聞かせてもらおう
いいだろ リキ?」
リキ:
「勇者と英雄のコラボだも!
すぐに解決するんだも!」
メリア メリア:
「見ての通り
リキは信頼できる勇者だ」
「遠慮せず 話してみるといい」
リキ:
「さすがメリアちゃん
よーくわかってるんだも」
「ほら 話してみるも
勇者リキが力になるも」


問題を聞いた時

シュルク

「穏やかじゃないですね」
ライン ライン:
「このまま放っておけば――
嵐のように大荒れになりそうだな」
シュルク:
「うん――
このままじゃいけないよね」
フィオルン フィオルン:
「大変だよ シュルク!
私達で何かできないかな?」
シュルク:
「うん このまま
放っておけることじゃないね」
カルナ カルナ:
「これは――
シュルクの出番かしら?」
シュルク:
「カルナも協力よろしく!
だってこれ かなり厄介そうだし――」
ダンバン ダンバン:
「そうだが――」
「シュルクなら
解決できるだろう?」
シュルク:
「か 買い被りですよ!
この問題 簡単じゃないですよ」
メリア メリア:
「――この流れ
何か厄介な依頼をされる――」
「そう思わないか シュルク?」
シュルク:
「同感だよ」
「それも一筋縄じゃあ
いかなさそうなやつをね」
リキ リキ:
「リキ怖いも!
た 大変なことが起こるんだもーー!」
シュルク:
「お 大げさだよ リキ
確かにまずい状況だけど――」

ライン

「そいつはキてるな」
シュルク シュルク:
「僕とラインがケンカするのと
どっちがキてるかな?」
ライン:
「そりゃあ――」
「比べられねぇな
どっちも相当キてるぜ」
フィオルン フィオルン:
「なに冷静ぶってるのよ ライン
内心ハラハラしてるくせに」
ライン:
「れ 冷静ぶってなんかねえさ
やべえなって思ってるって!」
カルナ カルナ:
「大変な状況ほど
燃えてくるのがラインよね?」
ライン:
「限度があるって!」
「カルナも聞いたろ?
結構 ヤバい状況だぜ?」
ダンバン ダンバン:
「防衛隊で鍛えられたお前には
たいした問題じゃないだろう?」
ライン:
「いやあ 腕立て1000回よりも
キビしい状況だぜ これは」
メリア メリア:
(キてる――)
(わからん どういうことだ?)
ライン:
(お メリアも神妙な顔だ――)
(それくらい
キてるってことだな うん)
リキ リキ:
「リキのケーザイジョーキョーのほうが
よっぽどキてるも!」
ライン:
「たしかにな!
どっちも見過ごせねえ問題だ」

フィオルン

「それは心配ね」
シュルク シュルク:
「力になってあげようよ フィオルン
そうすれば この人も安心できるよ」
フィオルン:
「そうね 大変そうな話だけど
私達なら――」
ライン ライン:
「フィオルンが心配するのは
シュルクのことだけかと思ってたぜ?」
フィオルン:
「そ そんなことないわよ!
このことも心配してるわよ!」
「――ちょっとだけ」
カルナ カルナ:
「なんとかしたいわね――
心配するだけじゃ女がすたるもの!」
フィオルン:
「賛成!
この話 放っておけないわ!」
ダンバン ダンバン:
「心配と言えばあれだな
フィオルンが数えで八つになった時に――」
フィオルン:
「お兄ちゃん それ以上言ったら
もう知らないからね!?」
「――あ あの時より
この話のほうがずっと大変だってば!」
メリア メリア:
「心配するだけか?」
「――すまん
そなたはそんな女ではないな」
フィオルン:
「メリアだって違うでしょ?
見過ごせないよね この話」
リキ リキ:
(今こそチャンスも!
ノポンダンスで皆笑顔だも!)
フィオルン:
「ちょっとリキ 何か企んでるわね?」
「ダメよ 今大事な話中!」

カルナ

操作キャラ時
「――大変ね」
割り込み時A
「問題ね これは」
割り込み時B
「そう 問題だわ」
シュルク シュルク:
「なんとかできないかな カルナ?」
カルナ:
「これも何かの縁だもの
困ってるなら力になりましょう」
ライン ライン:
「なんか気になるな
ちょっと寄り道しようぜ カルナ?」
カルナ:
「いいわよ」
「このまま放っておける感じじゃないしね」
フィオルン フィオルン:
「じゃあ 私達で力になるってのはどう?」
カルナ:
「あなたらしい提案ね」
「面倒な問題みたいだけど――
いいわ 私も乗るわ」
ダンバン ダンバン:
「だが見過ごせない
違うか カルナ?」
カルナ:
「当然ね」
「でも ダンバン
簡単には行かなさそうよ?」
メリア メリア:
「この話 続きがありそうだ
カルナ 聞いてみよう」
カルナ:
「だいたい想像つくけどね」
「とっても厄介な話なのよ?
こういう時って」
リキ リキ:
「リキ 何か手伝えるも?
何かやれることあるも?」
カルナ:
「ええ きっとね」
「皆勇者を待ってるかもよ?」

ダンバン

「問題だな」
シュルク シュルク:
「でも 僕らなら何かできるはず
そうですよね ダンバンさん?」
ダンバン:
「やる気だな シュルク!」
「――だが
なかなか面倒な問題だぞ?」
シュルク:
「ええ まずいですよ」
ライン ライン:
「問題は放っておけない
そうだよな ダンバン?」
ダンバン:
「そうだ ライン
どれだけ困難でも な」
フィオルン フィオルン:
「そう?
お兄ちゃんならなんとかできるでしょ?」
ダンバン:
「わからんぞ フィオルン?」
「深い事情がありそうだからな」
カルナ カルナ:
「大事になる前に
私達でなんとかしない?」
ダンバン:
「同感だ カルナ
どうやら手に負えない様子だからな」
メリア メリア:
「ダンバンがどうするか――
拝見させてもらおう」
ダンバン:
「とにかく 大変みたいだからな」
リキ リキ:
「きっと困ってるも
ダンバン なんとかするも!」
ダンバン:
「そうしたいとは思うんだが――
俺もこんなケースは初めてでな」

メリア

「難儀だな」
シュルク シュルク:
「メリアなら何かいい案があるんじゃない?」
メリア:
「頼りにしてくれるのは嬉しいが――
シュルク これは手強いぞ」
ライン ライン:
「なんか余裕あるな メリア
もう解決策があんのか?」
メリア:
「それは話を聞いてからだ
今は難儀だとしか言えん」
フィオルン フィオルン:
「放っておけないって
顔に書いてあるよ メリア?」
メリア:
「そなたも な」
「まったく お互い物好きだ
難儀だとわかっているのに――」
カルナ カルナ:
「そうかしら?
あなたには簡単な問題じゃない」
メリア:
「カルナは私を買い被りすぎる
難儀は難儀だぞ?」
ダンバン ダンバン:
「けど なんとかするんだろう?」
メリア:
「ああ このままでは
もっと面倒になりそうだからな」
リキ リキ:
「大丈夫 リキがついてるも!」
「メリアちゃんは
安心してればいいんだも」
メリア:
「リキ 気持ちは嬉しいが――
困っているのはこの者だぞ?」

リキ

「それ大ピンチだも!」
シュルク シュルク:
「ピンチなら切り抜けようよ
力を合わせてさ!」
リキ:
「シュルク 油断するなも?
勇者リキは 今とっても慎重だも!」
ライン ライン:
「落ち着けって
勇者の名が泣くぜ?」
リキ:
「勇者だからわかるんだも!
これは大事件なんだも!」
フィオルン フィオルン:
「ピンチをチャンスに変えるのが
勇者ってものよね?」
リキ:
「こ この話をチャンスに変えるも!?」
「いくらリキでもそれは大変だも~」
カルナ カルナ:
「それなら何とかしないとね
リキだって放っておけないでしょう?」
リキ:
「おうだも!
これは勇者の出番だも!」
ダンバン ダンバン:
「それだけで済ましはしないよな リキ?」
リキ:
「も もちろんだも!
困難に立ち向かってこその勇者だも!」
メリア メリア:
「我らに何ができるか――
考えてみるか」
リキ:
「メリアちゃんが考えてくれるなら
リキも安心だも!」