※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナツ

ナツは、日本の女性。三重県出身。身長156センチメートル。(157という説もある)

1.経歴


三重県生まれ。家族構成は人間3人としか分からない。(ナツ本人は自身をあまのじゃく扱いしているためナツも含めると4人になる)扇谷ユウ一家を「家族」と表記しているが血の繋がりはない。学生。

1997年に日清によるマグヌードルのマグカップデザインコンテストにて入賞。当時幼稚園児であった。

2003年に初の長編となる『6つの力』を執筆。

2008年に2004年から執筆している『片翼のタカ』でサイトを開始。

2011年、『千の風車』にてフリーのイラストレーターとして活動開始する。

2.人物


好きなものはしろたん、汎用うさぎ、シェリーメイと新撰組隊士の市村鉄之助。ぬいぐるみを大量に所持しており汎用うさぎの大群の「てっちゃん」(「てつ」「こてつ」など1匹ずつ市村鉄之助に由来する名前があるという)と猫の「えど」が特にお気に入り。

幼い頃からブランケット症候群である。近年は安定しているがえどと6時間以上離れると不安定になる。情緒不安定になると学校にぬいぐるみを連れて行っている。

口調の悪さや大胆なタッチから男子中学生に間違われるが女子学生である。中学時代は『片翼のタカ』の主人公・タカに類似した日々を送っているが真面目な少女であった。ただし口調はまったく同じである。現在では改善されているが興奮すると出てしまう。タカのモデルは彼女の亡くなった兄であり彼女ではないが二重の釣り目など容姿は似ている。(ただし作者はライトレッドが貴重であるため色彩は『千の風車』の旋と同じである)

市村鉄之助の熱狂的なファン。ツイッターで「テツ」の名前が出ない日はない。「将来はテツみたいな人かそれ以上の人と結婚する」と決めている。『千の風車』に登場する少年は彼がモデル。

一人称が名前。高校入学前までは「オレ」も使用していたが方言である。近年は「私」ということも増えた。

これでも音楽科の学生である。専攻は声楽。しかし初心者。それは在学している学校と異なる音楽大学の教授にピアノでついているためでもある。原曲キーで歌えないことで有名。声がオバケのQ太郎に酷似しており本人も開き直っている。歌う曲は民族系の高い曲が多い。