第3次近畿大戦 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三次近畿大戦


第二次近畿大戦が終結し、近畿に平和が戻った…と思われたが、w.cはMr.オタクを攻撃し続けた。
それにより第三次近畿大戦が始まった。
大戦中、w.cはMr.オタクと共に牧と黄昏のピヨを攻撃する一面が見られた。
この直後、Mr.オタクは頭が狂ってしまい、近畿を去る。

近畿の情景が豹変する中、黄昏のピヨと牧の関係も悪化していた。
黄昏のピヨが牧との約束を破り、無実な住民に対してむやみやたらのパスクラを実行しようとした。
そこで、牧は黄昏のピヨを先制的にパスクラし、パスクラアイテムを売却した。
その後この二人は和解した。

しばらくして、
w.cが『(おれを)攻撃できるものならしてみろw パスクラできるものならしてみろwww できたところでwww』等と牧を挑発し、
牧にパスクラされた挙句、閃光弾をパスクラしたと言う容疑をかけられた。(閃光弾のパスクラについては追って説明)

その頃、閃光弾は何物かによってパスクラされ、クーポンのすべてをw.cに発送されていたのだ。
{しかし本当は牧が閃光弾をパスクラしたがクーポンをw.cに送った。(w.cの挑発があったので攻撃の一種)
だが、クーポンを送るメールの履歴をあえて消さずにw.cがパスクラしたように思わせた。
なお、この事は初めて知る人も多いと思う。}

つまり、牧によりw.cは冤罪を着せられたのだ。

w.cは全くパスクラを行っていない


そこで、閃光弾がw.cにパスクラされたことを明らかにし、w.cと敵対する姿勢を強めた。
近畿地方ではこれに関する議論が繰り広げられた。「w.cが閃光弾をパスクラしたのだ」という意見が圧倒的多数を占め、一部では「閃光弾の自己管理が甘く、各タウンで同じパスワードを使用するのも悪い」といった痛烈な批判もあった。

しかし、w.cはOH MY GODタウンで閃光弾をパスクラした形跡が無いということで、パスクラの関与を否定。チャゲsによると、住民が消えてもパスワード等のデータも残るとのこと。そこで、黄昏のピヨや牧などの旧ピヨ派はw.cをパスクラし、閃光弾などのOH MY GOD住民とのメールの記録を偵察した。ところが、重要な情報は得られなかった。

その後、黄昏のピヨはw.cをパスクラすることに成功。この時点で、黄昏のピヨはw.cをパスクラして死亡届を出す計画はしていたらしい。そして、パスクラした後、閃光弾にw.cに奪われた、クーポンとKPを送った。閃光弾は最初から最後まで一貫してパスクラの被害を訴えたが、w.cも同様に一貫して関与の疑惑を否定し続けた。

そのパスクラ動画→http://www.youtube.com/watch?v=KTo7oFW5Rr4

最終的にw.cは管理人によりアクセス禁止処分とされ、第3次近畿大戦は必然的に終わることとなった。
w.cはパスクラされ追放処分を受けたが現在は規制解除され復活している
しかし、黄昏のピヨの気まぐれにより再びアク禁処分となる
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
このページは削除されました