近畿VSミリスンの件まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前文

本記事は近畿地方に登録している一部の住民(以下、近畿住民)と
ミリスンタウンに於いての副管理者、またはその住民達との対立をまとめた記事である。

本記事は中立的な立場での編集に基づくものであって、同時に近畿地方とミリスンタウンに対しての批判と支持を綴る。
タウンの方針や各タウンの住民の行為に対しての批判は最低限のネチゲットに基づいて批判することとする。

また、近畿住民のミリスンに対しての批判やミリスン副管理者の掲示板への書き込みを引用する。
これは公共的な掲示板の利用に基づくものであり、著作権法 第三二条に基づくものである。

本記事は両タウンの特徴、両タウン対立の発端、相手タウンとの闘争、そして現状の、大きく四段階に分けて編集する。
また、本記事の目的は両タウンの対立の解決に努めることが目的であり、その和解のために編集された記事である。
本記事の編集者は中立派ではないが中立的な観点から編集することにする。

近畿地方、ミリスンタウンの特徴の概略

       管理者 副管理人 人口 繁栄度 経済力 サーバー
近畿地方  チャゲ  黄昏のピヨ、西日本、閃光弾、銀時 50 2 73245 w3.oroti.net
ミリスンタウン  イングー  ほっしー 250 170 1172243357 www.milisn.com(桜サーバー)
※本データは2011年1月29日現在のもの。人口は一の位で切り上げ。
Aチーム  Bチーム Cチーム   顧問
リーダー ナイト  maki コリン  しんべい 、リンダ 
サブリーダー レオ こんばっと(近畿名:バットマン)   


両タウン対立の発端

両タウンの主義の違い

両タウン対立の発端としては、近畿地方とミリスンタウンのタウン運営に関する考え方の違いの対立によるものが有力である。
両タウンのタウン運営に関しての要約をすると、
近畿地方の主義は、住民同士の人間関係を尊重し、できる限り運営規約の厳しさを緩和していこう 
という考えに対し
ミリスンタウンの主義は、住民同士のトラブルをなくして、努力した人が恵まれる様なタウンにしていこう 
といった両者のタウン運営に対しての違いがあるのである。
次に両者が対立する理由を要約すると、
近畿地方はミリスンタウンに対して、
生真面目な副管理人の近畿の"温かい人間関係を築こう""という考えに反するタウン登録者への管理が気に入らない
という対立の理由がある。この主語とは対なるミリスンタウンの近畿に対する対立の理由は
幾度となくミリスン直轄の掲示板に私的な苦情を書き込む近畿住民の荒らしに近い行為が気に入らない
という対立の理由がある。
いずれの反論に対しても、対立された側は対立する側に対しての論理的な反論がある。
このため、掲示板やタウンを経由しての対立が生じて論争に至るケースがある。

つまり、この対立を解消するには両タウンは互いの運営方針の理解を深めることである。



両タウン対立に至るまで

ミリスンタウンとの対立が明確になるまでは近畿内で近畿住民がミリスンに対しての影口をチャットに書き込むことがあった。
そのころは「ミリスンタウンで長ったらしい規制があるらしいぞ。住民はそれらを全て守れるのだろうか。」や「ミリスンタウンはマジメすぎる」
という偏見を度々書き込む近畿住民がいた。



両タウン対立へ

この対立の起源が起きたのは近畿地方である。
そのころは近畿地方がタウンランキングに登録されている未発達の旧式タウンを<xmp>などの破壊用タグを使用してタウンを攻撃していた時期でもあった。

近畿地方側の意見 ミリスンタウンの反論 近畿地方の考え方
ルールが多すぎるのではないか  ミリスンタウン登録者の間での人間関係を守るものであり 人間関係を築くには 出来る限りルールを緩和して
                  同時にタウンバランスを保持するものでもある。 楽しいタウンにするべきである


ミリスンタウン側の意見 近畿地方の反論 ミリスンタウンの考え方
掲示板で暴言を書き込むことはよくない   あなた方はミリスンルールに反している ミリスンタウンは近畿地方の要望に聞く耳を持たない。
                  ネチケットを守るべきである

相手タウンとの闘争





現状

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
このページは削除されました