近畿の歴史(要約)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは要約した近畿の歴史を紹介する。
チャゲによって創られた初期の近畿から、登録数120人越えに至った全盛期、そして近畿大戦を経て現在のような過疎タウンになった経歴を段々に分けて紹介する
編集者は全盛期の1年ほど前に登録した者であり、近畿が創造されたころの情報は明確でないため、もしそのころの情報又は住民があらば情報提供を宜しく頼む。

近畿地方の創造

2007年10月20日 午後6時24分、チャゲによって近畿地方が創造される。

近畿地方創世後の世界

※詳細希望中!!

近畿地方の全盛期

シルバーアローによる爆走!マリオカートDS攻略における宣伝により、黄昏のピヨ、閃光弾、銀時などの新入りが近畿に誕生する
また彼らによる、おいでよ動物の森攻略ガイドや、ポケガイにおける宣伝によりさらに住民が増える

近畿大戦

近畿地方は勢力を落とし、銀時が来なくなってしまった。
その最中、誰かが挨拶ログ内で「京阪神ストリートの選挙をしよう」と言い出した。
これに便乗し、Mr.オタクは勝手にその選挙を行うも、批判が多かった。それをMr.オタクは煽った奴のせいだとし、近畿対戦が勃発する。
その戦いは近畿全体や他タウンをも巻き込み、最終的には管理人が出てくることとなった。

2009年正月の大事件

この頃、近畿のスタイルは一変することになる
正月のイベントにより億万長者が激増する
そのため、近畿の金銭感覚などの金銭的価値バランスが崩壊し、それがやがてタウン全体のバランス崩壊へと繋がる
その後、100000000000000000円という城アイコンが採用された。

近畿地方、過疎化へ

チャゲポニオンが開発中止を宣言し、新規登録者は紹介コードがないと新規登録できないようになった。
そのせいか、住人が激減してしまい、登録者はほぼ常連が占めていた。

ミリスン攻撃事件

ミリスンタウンのほっしーという人物が不当に近畿住民をアク禁するという事件が勃発。
ミリスン内掲示板で荒らし行為を働いたりしていたが、ほっしーの絶大な権力により鎮圧された。
反ミリスン者が激増し、常連のほとんどが反ミリスン者となった。

そして、現在

いまは近畿の復興に向けての努力が進められている。
チャゲのアンケートにより新規登録の紹介コードを入力するという機能を排除することとなった。
現在、近畿のログイン者は1人や2人程度に減り、住民は紹介コード解除のお陰で増えはするもののチャットが以前より寂しくなった。

理想の近畿の未来

近畿は自由主義タウンという誇りを全タウンに拡散させ、真の平和・規律なき楽しいタウン頂点となる
がぶ、雲雀、龍義は高校生でありながらバカであるという個性派キャラが復活し、ウチャンは社会人となって近畿を生温かく見守る。
チャゲはIT関連の社長となり近畿住民の中の社会人を彼の社員として就職させ、近畿住民はみな素敵な彼女と結婚し、幸せな人生を送る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|