アパラチアズタウン干渉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • アパラチアズ/タウンというタウンに侵略した事件である

(概略)
このタウンの管理人が黄昏のピヨが製作した、「神殿アイコン」が勝手に使用していたことを黄昏のピヨが偶然発見する。
これを切っ掛けに彼はアパラチアズに登録し、神殿アイコンの使用取り消しを管理人との交渉で成立させる。
しかし、競馬でのチートや運営会社でのチートで不正に総資産・能力値を稼いでしまい、管理人にデータを削除されてしまう
これに納得のいかなかった黄昏のピヨは再び再登録し、抗議したものの、
ミリスン主義であるアパラチアズタウンは彼を再びデータ削除という強引な手段を乱用した。

追記:近畿地方の住民である「牧」もアパラチアズに登録している。また、福永や白黒もまた登録した(干渉は近畿住民としての原則である)

1.黄昏のピヨ、アパラチアズタウン登録からデータ削除まで

概略で説明した通り、彼は彼の自作である「神殿アイコン」がアパラチアズタウン管理人であるfortress-54が無断で使用していたことを偶然見つけた。
その偶然見つけるまでの過程は、
①近畿にてランキング(参照※近畿の施設)をクリックし、タウンランキングを開く
②タウンランキングでミリスンが上位にランクインしている現状をみて憤りを覚える 
③その最中に、「バランスを重視しています」との説明を掲げていたアパラチズタウンに興味を示し、いきなりTOWNを開いた
の、順序である。余談だが、「バランスを重視する」などタウンにおいては到底、不可能なのだ(この件に関してはミリスン関連の記事で解説した通り)
だってさ、登録期間の長い上級者、常連はプレイ時間が長いから金がたくさん貯まっているに決まってるじゃないか!我々はそんな差別的なタウンに協力しないし、もちろん期待もしない!!
話を戻そう、
彼がタウンに登録し、管理人とのアイコンの問題を交渉して解決した後、競馬のチートで5000万円を10万円で稼ぐことに成功する。その後、運営会社を建設し能力値チートで各能力値を50000にまで上昇させ、株式会社の建設に至った。その後、能力値500の独自製品を生産し、ブラックジャクの仕事チートで大金ボーナスを稼ぎ、能力値・総資産に於いての上位の地位を占めるまでに至った。この過程における期間は2週間程度という異例の速さであった。
当然、タウンの常連がこの黄昏のピヨの異常なまでの発展を発見し、管理人に即通報する(ミリスン主義タウン<バランス重視型主義タウン>の掟である)。
しかし、管理人は即座に黄昏のピヨの処分に対応しなかった。なぜか、それは彼が黄昏のピヨとの和解をして数週間が経ったばかりだったので、そこで黄昏のピヨを処分すると彼の発言との齟齬が発生するからである。
そのため、タウン常連から管理人を非難する声が湧いたため、管理人はとうとう黄昏のピヨを処分する行動に出る。

2.黄昏のピヨ、データ削除!その後の彼の陰謀

suzunoto.xというチャットで近畿民をボコボコにほざいてた







正直言わせてもらえば他所は他所で好き勝手にやらせとけば良いだろ。自分の思想と合わなければ攻撃したり自分勝手な奴だよな
それともアレか?ピヨは全タウンの神だと自称してんの?全てのタウンは自分の支配下に置いてると妄想しながら行動に移してるのかい?
無関係のタウンでも思い通りの流れじゃないタウンなら突然割り込んで自分勝手な我儘ゴダゴダ注文したり荒らしたり挙句の果てパスクラして住民に勘違いさせるメールを送って立場悪くしたり
「自分勝手」の四文字しか残らないな、哀れを通り越して滑稽だ
何が平和を願うだよ 自分の愚行を見直してから言えや矛盾野郎 余計なお世話なんだよks

どうも~黄昏のピヨで~す!
とりあえず、言葉が汚いからもっと冷静になって話そうね
誰だっけか、前にもこんな口調のアパラチアズ住民と論争した事あるな
この相手の現実の言動と思想に着眼しないで自分の妄想を自己主張に取り込んで反論するタイプw
一応、俺がアパラチアズにいた時の論争は暴言を一切使わなかったよ
あと、コメントを載せるときは自分が主に使っているHNを載せてよ?それも載せずに書き込むあなたも「自分勝手」
 未だにあんな狭苦しいタウンで現実的に無意味な能力値や経験値、
総資産の上位を巡って努力を続けている君たちも滑稽です
良く言えばアパラチアズはコミュニケーションの場として活用されるときもあるのかなな。
それでも初心者は常連にノリよくツッコミすることが
常連に敵視されてログがあいさつで埋まるくらい、つまんねぇ会話しかしてねぇんだろうなw
まぁ、これからも仲良くね!ばいば~い
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
このページは削除されました