早指しのすゝめ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

早指しとは何か

早指しとは、1ターン90秒前後で対人マルチプレイを行うことである(通常5分程度)。

なんでそんな事やるの?

 Wesnothがとても面白い戦略ゲームであることは疑いようがない。しかし現状を直視するならあまり流行っていないと言わざるをえない。その一つの原因として、プレイ時間の長さが挙げられる。キャンペーンも時間がかかってしまうが、こちらはセーブを駆使すれば自分のペースで行える。しかしマルチプレイではそうも行かない。頻繁なセーブは嫌がられるだろうし、自分だけでなく相手の考える時間もある。通常の1vs1では、1プレイ少なくとも1時間、長ければ3時間かかることもある。これだけのプレイ時間、軽いゲームであれば4戦や5戦は愚か、ヘタすれば10戦できちゃうレベルである。

 それを回避するための早指しである。1ターン通常5分で1プレイだいたい1時間半としよう。時間を毎ターン使い切るわけではないので、おそらく15ターン前後(かなり適当)といったところだろう。これを1ターン90秒ほどにすると、40分ほどになる。なんと半分以下だ(ちなみに90秒はほぼ使い切る)。それでも長いといえば長いが、しかしかなりの短縮具合である。以前行ったときは、30分かからずに終わっている。

メリット

これのメリットとしては以下が挙げられる。

  • 1プレイの短さ
  • 思考速度の増加
  • ハイスピードな戦闘
  • 相手のターンに退屈しない

 早指しでは相手のターンに他の何かをしている暇などない。90秒というのは案外短い。90秒では考える暇など殆ど無く、相手のターンにある程度案を考えておかないと間に合わない。それでも考える時間が少しばかり増えるだけなので、局面局面、すぐさま判断をしなければならない。悩んでいる時間などないのだ。
 そのため、早指しを何度も行えば、長考がかなり減るだろう。もし同じ考えを短い時間で出来れば更に深く考えることもできる。そうでなくても時間切れということは少なくなるだろう。

こんな人にオススメ

  • 短い時間でやりたい!
  • 何度もプレイしたい!
  • 最近時間切れが多くて・・・
  • 皆考えるのが遅いんだよぉ!
  • 相手の時間が退屈・・・
  • 速さが足りないッッ

ルール

1ターンの時間が短い以外は通常のマルチプレイと同様。
現在試行錯誤中だが、90秒前後が良いのではないかと思う(例:90/90/90/0)。120? 長い長い。
なおルールではないが、行動速度は早め、戦闘のアニメーションはオフにしておくことをおすすめする。そうでないと攻撃が多い戦闘中は時間が足りないことになりかねない。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|