※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • VMwarePlayerのインストール
VMwarePlayer(ヴイエムウェア プレイヤー)は1台のPC上で複数のOSを同時に実行するためのアプリケーションです。
今回はWindows上で仮想OSとしてCentOSを実行します。
下記のURLからVMwarePlayerをダウンロードし、インストールして下さい。
http://www.vmware.com/jp/products/player/

  • CentOSのインストール
CentOS(セントオーエス)はRHELと互換性のあるLinuxディストリビューションです。
下記のURLからCentOSのDVDイメージ(CentOS-5.5-i386-netinstall.iso)をダウンロードして下さい。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/isos/i386/

次にCentOSのDVDイメージから仮想マシンを作成します。
VMwarePlayerのメニューから「ファイル - 新規仮想マシンの作成」を実行し、「インストーラ ディスク イメージ ファイル (M) (iso):」にダウンロードしたCentOSのDVDイメージを指定します。

○ネットワークの設定
ホスト名を指定
 手動設定(M):centos.hoge.homejp.net ※(ホスト名).(ドメイン名)
その他の設定
 ゲートウェイ(G):192.168.3.1 ※ルーターのプライベートIPアドレス
 1 番目の DNS(P):192.168.3.10 ※当マシンのプライベートIPアドレス
 2 番目の DNS(P):192.168.3.1 ※ルーターのプライベートIPアドレス

※ルーターのプライベートIPアドレスの初期設定は製品によって異なりますので、取扱説明書で確認して下さい。
※IPアドレスの衝突を避けるため、ネットワークに接続している全マシンに固定IPアドレスを割り当てる(DHCPは使用しない)ことを推奨します。
※CentOSのインストール方法の詳細は関連リンクに記載しているサイトを参照して下さい。

  • VMwareToolsのインストール
VMwareTools(ヴイエムウェア ツールズ)はホストOSとゲストOSの間でコピー&ペーストやファイルのドラッグ&ドロップを可能にします。
必須ではありませんが、非常に便利ですのでインストールすることを推奨します。

VMwarePlayerのメニューから「VM - VMware Toolsのインストール」を実行するとデスクトップにVMwareToolsのDVDイメージがマウントされます。
この中に含まれるアーカイブを展開し、「vmware-install.pl」を実行して下さい。

VMwareユーザープロセスを開始します。
$ vmware-user

※インストール方法の詳細はVMwarePlayerのヘルプを参照して下さい。

  • Bashの設定
Bash(バッシュ)はCentOSのコマンドラインで使用できる標準シェルです。
CentOSのメニューから「アプリケーション - アクセサリ - GNOME 端末」を実行します。

Bashの設定ファイルである「.bashrc」を編集します。
Vimを使用し、下記の設定を追記して下さい。
$ vim ~/.bashrc

  1. # grepの検索結果をハイライト表示
  2. export GREP_OPTIONS='--color=auto'
  3.  
  4. # プロンプトの表示形式
  5. PS1="\[\033[34m[\u@\h `date +%Y/%m/%d\ %T` \w] \033[0m\]\n$ "

変更した設定を反映させます。
$ source /.bashrc

  • GNUScreenのインストール
GNUScreen(グニュー スクリーン)は1つのコマンドライン上で複数のプログラムを実行するためのアプリケーションです。

GNUScreenをインストールします。
$ sudo yum install screen

GNUScreenの設定ファイルである「.screenrc」を作成/編集します。
Vimを使用し、下記の設定を追記して下さい。
$ vim ~/.screenrc

  1. # コマンドキーを変更
  2. escape ^Tt
  3.  
  4. # ウィンドウのキャプションの表示形式
  5. caption always "%{= wk} %-w%{=bu dr}%n %t%{-}%+w %= %{=b wb}%Y/%m/%d %{=b wb}%c"

  • Nautilus(ファイルブラウザ)の設定
ダブルクリックでフォルダを開いたときに新しくウィンドウを開かないように設定します。

CentOSのメニューから「システム - 設定 - ファイル管理」を実行します。
「動作」タブを開き「常にブラウザ・ウィンドウで開く」にチェックを入れます。