※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【AIの概要】

チーム名AIの由来は『アーツ・アイム軍』より。
まだ軍団として成り立っていなかった頃の
第一回ヤング黒うさ杯で志村が、L/Rの酒井・宮崎に連勝
その際桑谷が「見た目だけのへっぽこ声優は引っ込みやがれですぅ!」
と言った事が発端でL/Rとの抗争がスタート。
それに伴いAIとして活動開始。その後斎藤千和や真田沢城なども加わり、
ユニットとしては最大人数を誇るチームへ。
なお、なぜか知らないが総じて背が低い選手が多い。

【桑谷夏子】~ザ・ヴァルチャー~

AIのリーダー。如雨露を使ったハードコア路線も含め
Aice5浅野・プロシードa浅川とはライバル関係。
また、L/Rに対してはAIの誇りにかけても負けられないと常に思っている。

タイトル歴
VOW主催スペシャル6人タッグフェスティバル優勝(水樹奈々、望月久代と)

【斎藤千和】~監獄先生~

スペインでひったくり犯をバックドロップ
…じゃなくて飛び蹴りでKOした逸話もある。
別名チワ斎藤。
若手軍の植田・中原・清水とは浅からぬ因縁がある(悪い意味でなく)

入場曲:Neko Mimi Mode
タイトル歴
第3代IC(いたずら黒うさぎ)王座

【沢城みゆき】

VOW初期の頃は現男固め組氷上恭子とDUPを組み活動。
その後紆余曲折を経てAI入り。
元々斎藤とのコンビには定評があり、それ以上に個人の実力はすでに
GHVヘビーのベルトレベルの域。
AIというチームへの愛着はそれほどでないように見えたが
桑谷離脱中は自分が守るという気概も見せる。

タイトル歴
第4代GHVタッグ王座(パートナー真田アサミ)

【真田アサミ】

VOW初期の頃は現男固め組氷上恭子とDUPを組み活動。
その後沢城と共にAI入り。

タイトル歴
第4代GHVタッグ王座(パートナー沢城みゆき)

【釘宮理恵】~炎髪灼眼の討ち手~

AIには途中加入。元々実力は確かながらVOW参戦は遅かった。
AIでの朴とのタッグ以外にも他興行で様々な選手と交流もあり。

入場曲:メリッサ(鋼の錬金術師第一期OP ポルノグラフティ『メリッサ』)

【朴路美】~鋼の錬金術師~

AIには途中加入。釘宮同様元々実力は確かながらVOW参戦は遅く、
現在はAIで朴とのエルリック兄弟タッグをはじめ練習中。AIでは最年長なのでコーチも兼任。
SRWの佐藤ゆうことはシャーマンキング、鋼の錬金術師と6年以上対立関係にある。

入場曲:メリッサ(鋼の錬金術師第一期OP ポルノグラフティ『メリッサ』)

【志村由美】~IDOLUM VIRTUALE~

第1回ヤン黒杯では準優勝。
まだ参加資格のあった第2回では一回戦敗退も
存在感は確実に上昇中。
ちっちゃいふたりとして綱掛とのタッグも組む。
なお、志村はVOW最小最軽量(138cm)

入場曲:ちっちゃいふたりのテーマ

タイトル歴
第1回ヤング黒うさ杯準優勝

【綱掛裕美】~鬼神将軍~

ちっちゃいふたりとして志村とのタッグを組む。
人数の多いAIにおいては出場の場に恵まれないが
じっくり実力熟成中。
網(あみ)じゃなくて綱(つな)。

【藤田咲】

初音ミクギミックを操るアーツ所属の若手選手。
VOWでは新人クラスながらダークマッチなどを精力的にこなしてきて
この度リングアナとして先行デビュー。
潜在ファンはたぶん多いVOWの次世代歌姫。
一時的にリングアナのところに配置したが
公式デビュー戦をAIチームとして迎えたのでいったんこちらに移動。
みっくみくにしてやんよっ♪

#dancing_miku