※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

景清「火」解説



機体コード…第六工廠八式壱型丙

兵装

LW CW RW
忠信念弾 電火烈波動 焔乃剣(ほむらのつるぎ)

ピックアップ

TLW、前JDLW、横JDLW、前JDCW、TCW、JTCW、通常RW、JTRW

攻撃特性

攻撃手法 特徴 活用方法
通常LW 若干の誘導性のある念弾を発射 牽制、削り
通常CW 山形にホーミングレーザーを発射、横誘導はかなり弱め 遠距離支援
通常RW 横型カッターを発射、相殺効果あり タイマン時の主力牽制武器
しゃがみLW 弾速が非常に速い念弾を発射、誘導性はほぼ皆無 意表をついた牽制
しゃがみCW 山形にホーミングレーザーを発射 弾速は遅めでゲージ消費が小さいので節約的な牽制
しゃがみRW 山形に縦型カッターを発射 ??
TLW 誘導性の高い念弾を山形に発射 遠距離支援
TCW 誘導性の高い雷を高い位置から発射、攻撃力低下付加(ハーフキャンセルでゲージ消費低下and誘導性能低下) 遠距離支援
TRW 誘導性の弱い縦型カッターを発射 硬直取りとして有効だが癖がありやや使いづらい
JLW ?? ??
JCW ?? ??
JRW ?? ??
JTLW 誘導性の高い念弾を山形に発射 遠距離支援
JTCW 地上に向かって雷を発射、攻撃力低下付加 遠距離支援、不意打ち
JTRW 完全に直進するレーザーを発射、誘導性能皆無 遠距離からの支援攻撃、先読みで移動先に当てる技術必須
横DLW ?? ??
横DCW ?? ??
横DRW ?? ??
前DLW ?? ??
前DCW ?? ??
前DRW 相殺効果and転倒効果が強い横型カッターを発射(旋回性能は低め) 前ビとしての用途だが多用は好ましくない
斜め前DLW ?? ??
斜め前DCW ?? ??
斜め前DRW ?? ??
後DLW ?? ??
後DCW ?? ??
後DRW ?? ??
斜め後DLW ?? ??
斜め後D通常CW ?? ??
斜め後D通常RW ?? ??
横JDLW 途中で急激に誘導性能が高くなる念弾を発射(回避された後ブーメランのように再度被弾する可能性もあり) 意表をついての遠距離からの削り、瀕死のリーダー機狙い
横JDCW ?? ??
横JDRW ?? ??
前JDLW 徐々に加速して進む念弾を発射 低空JDによる削り、段差を利用して攻めるのも有効
前JDCW 上下追尾が非常に強いホーミングレーザーを発射 近距離戦での空中からの奇襲
前JDRW ?? ??
斜め前JDLW ?? ??
斜め前JDCW ?? ??
斜め前JDRW ?? ??
後JDLW ?? ??
後JDCW ?? ??
後JDRW ?? ??
斜め後JDLW ?? ??
斜め後JD通常CW ?? ??
斜め後JD通常RW ?? ??

近接攻撃

攻撃手法 特徴 活用方法
LW 突き(牙突?)発生早め 一瞬的な硬直取り、ボスキャン踏み込み
CW 横斬り 遠い間合いの踏み込みor硬直取り
RW やや斜めの縦斬り ボスキャン踏み込み、若干の横判定による使い分け
TLW 居合い抜き(左側判定が強い) 大ダメージ狙い、回り込み近接の主力、ガードリバーサル潰し(先読み必須)
TCW 連続横斬り、発生硬直共に大きい 大ダメージ狙い、広い判定を活かしての使い分け
TRW 右、左、右へ続く横斬り 主力近接の右判定の弱さを考慮しての使い分け

統括

景清「火」は極論から行ってしまえば放置安定といった、悲惨な現実があります。しかし、異常ともいえる機動性能に加え各種移動硬直も少なく、それでいて装甲は高水準であるために、的確に回避ができればライフ的には非常に安定します。
問題なのは、放置安定されてしまうが故に、相方にまで多大な回避を強要してしまう点です。そこで、常に特定の敵を追いかけていくのが仕事になりますが、ダメージ源が安定しているわけではないので、無理に突っ込みすぎるのもまた危険です。ある程度は回避に徹しながら各種近接でプレッシャーをかけていけるようにしていくのが、安定した勝利のために大事な機体ということのようです。重要なのは、逃げて回避するのではなく、近づきながら回避できるようになることです。
大半の方に見かけられる問題点として、近接攻撃の優秀すぎるともいえる移動性能をほとんど活かしていないことです。火の通常LW近接orRW近接による、回り込み近接を含めた移動性能は、使いこなせば近距離で能動的に回避しながら攻めることが出来る、他の機体では真似の出来ない驚異的な攻めが可能です。この特殊な機動性こそ、「火」の強さの真髄といっても過言では無いと思われます。これを意識するかしないかで、「火」の強さに雲泥の差が出るはずです。

対戦時対策

景清「火」を相手にする場合は、可能な限り放置して、もう一機の敵の相方にダブルをかけたほうが安定しやすいです。しかし、熟練した「火」使いから逃げ切ることはほぼ不可能です。カウンターによる迎撃も考慮したほうがまだ現実的だったりします。それが無理なら、相方のサポート無しに逃げ切ることは出来ません。チーム戦主体の作戦で、勝つ対策を考えるしかありません。それが出来なければ、一方的にハメ殺されて終わります。
援護能力が皆無と言うわけではないので、それもある程度は把握しておきます。 TCWとJTCW、これは燃費が悪いだけに、いきなり使用するプレイヤーが多いです。不意打ちには常に警戒しましょう。普段使われなくても、絶対に雷を使わないと決め付けるのはとても危険です。他にやや脅威なのがJTRW、威力はそこそこですが、置きに使える攻撃で、これでみるみるライフを削られる場合もあるので、一応注意しましょう。相手にとっては隙も大きく、当てるのも困難ですが、突然の削りとしては脅威に変わりはありません。
近接に関してはとても強く、TLW近接の居合いを食らってしまったらすさまじいダメージを受けて大変なことになります。リーチの無さという弱点はありますが、基本的には近接は挑まないようにしましょう。リーチの長さを活かして凌げるなら良いですが、それを立ち回りで無力化されたら、ほぼ勝ち目はなくなります。

支給傾向

前ビ少なめ、JTCW多め、運要素大