※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペシネフ「終」 解説



機体コード…YZR-XIII end "SPECINEFF13 "The End""

兵装

LW CW RW
ヴードゥー・ブラスト EVLバインダー(ソウル・クラッシャー) アイフリーサー13 ver.S(ニュートラル・ランチャー)

ピックアップ

通常LW、通常CW、通常RW、TCW、前JDLW

攻撃特性

攻撃手法 特徴 活用方法
通常LW 小玉を遠距離に飛ばす、一瞬しびれた後にダウン効果 遠距離支援、牽制、実はしびれてダウンする前に追撃可能だがあまりに一瞬なので実際に狙うのは不可能に近い
通常CW 封印弾を二発発射 遠距離支援、牽制、削り
通常RW 長射程のビーム弾発射 牽制、置きランチャー
しゃがみLW バウンドする小玉を飛ばす、若干速度は遅めで中距離まで 牽制、ケージ消費が小さいのも利点
しゃがみCW 左右斜め2方向に封印弾発射 牽制、削り、「終」は直線的な攻撃が多いので地味に重要
しゃがみRW ビーム弾発射、オートロック不能 牽制
TLW 若干誘導し、拘束効果のある爆風がある小玉を発射、有効射程は中距離まで 威力無しの拘束で微妙だが、スペ系列のの同種技の中ではかなり使いやすいので、チームがライフ勝ちしてるときの嫌がらせなどに
TCW 封印効果のあるレーザー発射(全武器封印) 遠距離支援
TRW 近接封印効果のあるビーム弾発射 微妙なターボランチャーに近接封印効果がついたが、効果時間が短すぎて使いづらい
JLW ?? ??
JCW ?? ??
JRW ?? ??
JTLW ?? ??
JTCW ?? ??
JTRW ?? ??
横DLW ?? ??
横DCW ?? ??
横DRW ?? ??
前DLW ダウン効果のある小玉発射 前ビ用途
前DCW 封印弾を二発発射 当たり判定の大きさを活かした能動的削り用途、ダウンは取れない点に注意
前DRW ダウン効果のあるビーム弾発射 前ビ用途
斜め前DLW ?? ??
斜め前DCW 封印弾を二発発射 当たり判定の大きさを活かした能動的削り用途、ダウンは取れない点に注意
斜め前DRW ?? ??
後DLW ?? ??
後DCW ?? ??
後DRW ?? ??
斜め後DLW ?? ??
斜め後D通常CW ?? ??
斜め後D通常RW ?? ??
横JDLW ?? ??
横JDCW ?? ??
横JDRW ?? ??
前JDLW ダウン効果のある小玉発射、下方向への追尾もそこそこ 下方向への補正がそこそこなので、空中攻撃として使いやすいですが、相手が真下過ぎると当たりにくいです
前JDCW ?? ??
前JDRW ダウン効果のあるビーム弾発射 空中前ビ用途
斜め前JDLW ?? ??
斜め前JDCW ?? ??
斜め前JDRW ?? ??
後JDLW ?? ??
後JDCW ?? ??
後JDRW ?? ??
斜め後JDLW ?? ??
斜め後JD通常CW ?? ??
斜め後JD通常RW ?? ??

近接攻撃

攻撃手法 特徴 活用方法
LW 左側を爪で引き裂く、リーチは短いが発生が早い 密着時での攻め、ボスキャン使用が強力
CW チェーンソーを前にかざす、直線的な判定しかないが、リーチがとても長く、低い位置にも判定がある 壁の向こうの敵も狙いやすい他、低リスクな追い討ちにも最適
RW チェーンソーで右側を斬る リーチ重視の攻め
TLW 爪で殴りつける 発生が早めなターボ近接、判定的な強みがあまりないのが難点
TCW 姿勢を低くして足払い 一部の攻撃を回避出来るのが強み、他の近接も意識させつつ狙いたい
TRW チェーンソーで全方位を斬り付ける 範囲の広さによる攻め、発生速度はやや微妙なので狙いすぎないように

統括

平たく言えば、総合火力に劣る特殊戦闘用のスペシネフです。
火力不足は永遠に付きまとう問題ではありますが、ほとんどの武器が射程距離を選ばないのが強みになってきます。特にCW系の武器は、ダッシュ攻撃以外は封印効果だけでなく、威力もそこそこあるので、削り用途としては馬鹿にならない威力になってきます。さらに、弾が二つ並んでいるだけに、弾の当たり判定が大きいのが、削り武器として優秀な点ともいえます。ハーフキャンセルによる封印武器を狙うのも有効な選択肢ですが、ゲージ節約も利用して、弾幕を継続させるという選択肢にもなります。ちなみに、左側の弾がRWを、右側の弾がLWを封印し、双方が同じ相手に被弾して両方封印することは基本的にありませんが、まれに両方封印されることはありますが、滅多に無いので狙えるものではないと考えてください。
他、TCW等は全射撃武器封印なので、近接以外の攻撃手段を奪うことが出来ます。これも時には狙いつつ、当たれば、封印していない方にダブルをかけることが容易になります。この時は、封印効果が切れた瞬間に油断しない事が注意点です。ただし、狙いやすさに対しての見返りが特別大きくは無いので、TCW系の攻撃に固執しすぎないほうがよいです。
ちなみに、「終」はCPU戦がスペシネフ系列の中で最も有利な機体でもあり、ボス狩仕様ともいえます。LW、CW、RW全て通常射撃で削り続け、CWは常にハーフキャンセルをかけます。ラスボスの拡散レーザーを近距離回避できるようになれば、一人クリアが相当楽になります。早い話、味方AIが秒殺されても十分クリア可能なほどです。

対戦時対策

対戦時での注意点や対策を記述。

支給傾向

支給されやすい行動を記述。(明確な手段の確立は不可能に近いので噂程度でOK)