※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは草案です。
手直しする前の大体のストーリーを掴むのにでも使ってくだしあ
登場人物は.mdbを.xlsに置き換え.xlsをいないものと考えてください
個人的には√1の方が好みなので√1でどうにかできないかと四苦八苦しています。


 

仲間になるのは.eml

オフィス系に来る理由は厨ニ病小説の回収

登場キャラは.doc.xls.eml.mdb

 

――オフィス系集落の外部(夜)――

主人公達に.emlがぶつかる→大丈夫ですか?てな感じで兄弟姉妹の邸宅に泊まれる事になる(それなんてギャルゲ?)

――邸宅内――

.mdbがいなくなった話の概要を聞かされ、小説を探す余裕はないと言われる→とりあえず姉二人に会ってみる事にする

 

暗転

 

――兄弟姉妹の別邸(背景実験室みたいな)――

.xlsの話を聞く

――邸宅内図書館――

.docの話を聞く→小説について聞くが分からないと言われる

――邸宅内――

とりあえず.mdb探しを手伝う事にする

 

暗転

 

――オフィス系集落の外部(昼)――

.emlたんも.xls配下の者も.doc配下の者も行きたがらない『墓場』(ファイルがPC上から完全削除されると行く場所)近辺を探す事にする

 

戦闘

墓場の近く(マップ廃墟or砂漠)でダストやウイルスをかわしつつ宝箱を開けまくる

 

――オフィス系集落の外部(昼)――

宝箱から出てきたのは.mdbの断片(血の付いた白衣とか?)だった。.mdbの断片はしばらくその場を漂った後『墓場』の方へと飛んでいく→嫌な予感を抑えきれないけれども追う主人公達(というか.eml)→断片は『墓場』へ吸い込まれていってしまう→復元ソフトがないと戻ってこれないので主人公達は止めるが気持ちを抑えきれず.emlたんは飛び込む→主人公とVIPたんも飛び込む

――『墓場』の中(暗くて黒いイメージ)――

そこに.mdbはいた。手と足を失った状態で…余りの事に泣き出す.eml

 

√分岐

1.ディービーは.mdb拡張子を模したウイルス

2..mdbを『墓場』にさらったのは自立思考型で頭のいいウイルス

 

1だと(多分舞台が主人公のPC内じゃないと説明がつかない)

ファイル復元ソフトを手に入れる戦闘→ソフトを使って姉妹+主人公ズで『墓場』に行く→.mdb主人公達閉じ込め→ネタばらし→しかし.mdbは偽物でありながら妹達がいとおしくなっていた→閉じ込め解除→私を殺してくれAdministrator、私はウイルス、なんだ→.mdbとの戦闘→.mdbは死の間際ニートに願う「本物の私を君のパソコンに存在させてくれ、妹達に本物の兄を作ってやってくれ」→.doc.xlsは集落の為に集落に残り、.emlはディービーというウイルスを作った人に一言言うため仲間に

 

2だと普通に

『墓場』にはオフィス系を狙った罠が仕掛けられており.emlも囚われる→主人公ズも囚われそうになった瞬間.mdbが体を削って主人公ズを外に出す→.mdb.emlの家族愛会話→.xls.docに話す→ウイルス対策を話し合い.xls.docが徹夜でそれっぽいウイルス対策のアイテムを作り上げる→『墓場』に行きウイルスと戦闘→.emlは兄の復讐の為仲間になり、.doc.xls.mdbの看病と集落の為集落に残る