※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 ジェィ
種族 jpg
(外見)年齢 gifと同年代だが大人びて見える
性別
髪の色 画像参照
髪型 画像参照
目の色 画像参照
戦闘方式 右手に剣を左手には盾をもち戦う正統派騎士
好きなもの 兄様・gif・可愛いもの
嫌いなもの 世俗にまみれたもの
特技 剣術・花輪作り
護衛(一定確立で隣接している味方ユニットの換わりにダメージを受ける)
向上心(自分よりレベルの高い敵と戦闘する場合、命中と回避がアップ)
性格 ・真面目。
・とても優しいが、感情を表に出すのが苦手で無愛想な人と思われている。
・エッチなことに対する知識も耐性も無い
・自分ひとりでは出来ないことでも、自分ひとりで背負い込み一人だけで解決しようとする。
・若干ブラコン気味
一人称
基本会話 「お初にお目にかかる。私の名はジェィ。今日から君の盾になるものだ。」
「怖いんだ、お前になら頼ってもいいと思ってしまう自分の心が……」
「我が名はジェィ! いざ尋常に勝負!」
装備 1、バスタードソード
いつもは片手で使用しているが、両手で扱うのにも向いている大振りの剣
2、盾
逆三角形型の中型の盾、一定確立で発動し、敵の攻撃のダメージを軽減する。
備考 ・兄のことを心から慕っている。兄のウイルス感染を防げなかったことで自分を責めている。
・可愛いものを遠くからそっと眺めているのが好き。
・花輪を作るのが得意で好きだが、
自然に咲いている花を摘んでしまうのが忍びなくてめったに披露する事は無い。
・自分と同年代なのに愛くるしい見た目のgifの事が大好き。(レズではない)
・不純な動機で行動している主人公の事を軽蔑している。
・可愛くない自分には女としての魅力は全くないと思っている。
・主人公のポエムを読み、主人公が実は自分が思っているより綺麗な心を持っている人間なのではと感じはじめる。
・その後のイベントで主人公の能力を冷静に判断していき、次第に主人公のことを認めるようになっていく。

添付ファイル