※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スキル、アイテム、戦闘不能時等のデータは
"data/effect"ディレクトリ 以下にまとめてあります

以下のスクリプトを使用するのは主に上記のエフェクト用ですが
各メニューコマンド、戦闘開始、終了時アニメーション、タイトル前、タイトル時、ADV時など
変則的に表示用として使われています


<?xml version="1.0" encoding="shift_jis"?>
ファイル内に日本語を含む場合はencodingにshift_jisを指定してください

<Animation version="1.0">
</Animation>
エフェクト関係は基本的にこのタグで囲むことになります

<Effect>
<Addeffect>
<Seteffect target="自分" blend="通常" pal="255" posX="0" posY="0" motion="自分,攻撃" view="自分">
<Sprite filename="data/effect/攻撃/攻撃.png" rect="0,0,1,1" />
<Pattern loop="0">
<Setpattern pattern="0" delay="0" />
</Pattern>
</Seteffect>
</Addeffect>
<Addeffect>
<Seteffect target="相手" blend="加算" pal="192" posX="0" posY="-36" view="相手" sefilename="data/se/skill/fire00.wav,50">
<Sprite filename="data/effect/攻撃/攻撃.png" rect="0,0,32,36" />
<Sprite rect="32,0,32,36" />
<Sprite rect="64,0,32,36" />
<Sprite rect="96,0,32,36" />
<Sprite rect="128,0,32,36" />
<Sprite rect="160,0,32,36" />
<Sprite rect="192,0,32,36" />
<Sprite rect="224,0,32,36" />
<Sprite rect="256,0,32,36" />
<Pattern loop="7">
<Setpattern pattern="0" delay="25" />
<Setpattern pattern="1" delay="25" />
<Setpattern pattern="2" delay="25" />
<Setpattern pattern="3" delay="25" />
<Setpattern pattern="4" delay="25" />
<Setpattern pattern="5" delay="25" />
<Setpattern pattern="6" delay="25" />
<Setpattern pattern="7" delay="25" />
</Pattern>
</Seteffect>
</Addeffect>
</Effect>

<Effect></Effect>
エフェクト関係のデータを初期化します
表示するエフェクトの設定もこの中に記述します

<Addeffect></Addeffect>
この中に書かれたエフェクトは同時に実行されます
複数このタグを記述することで、順番に実行させることもできます

<Addeffect>
省略
</Addeffect>
<Addeffect>
省略
</Addeffect>

のように複数記述可

<Seteffect></Seteffect>
"target"描画対象の基準位置を指定します
指定できるのは、自分、(攻撃、スキルをかける)相手、マップの3種です
"blend"描画時のブレンドモードを指定します
通常、アルファ、加算、減算、乗算を指定できます
"pal"ブレンド時のパラメータを指定します
指定できる数値は、0~255までです
"posX,posY"ターゲットに対しての表示位置の相対的な位置を指定します
"layer"描画順をキャラクターの上か下かで指定します
backを指定するとキャラクターの上に、frontを指定すると下に描画されます
省略した場合のデフォルトはbackです
"view"画面位置を変更します
自分、相手を指定できます
"motion"キャラクターにモーションを設定できます
対象,モーション名で指定します
対象は自分、相手を指定します
モーション名は攻撃、アイテム、ダメージを指定できます
モーション名ではなく、数値(追加したモーション順による番号)で指定することで拡張したモーションなどを指定することもできます
"sefilename"効果音を再生します
ファイル名,再生までの待ち時間を指定できます
"data/se/hutae.wav,50"のように、再生するファイル名、再生までの待ち時間(1000/s秒)で指定します

<Sprite />
<Pattern>
<Setpattern />
</Pattern>
については

キャラチップのモーション設定 UnitAnimation.xml

を参照してください